« 怒られるということ | トップページ | 経験に勝るものなし »

2007年3月22日 (木)

バイク屋はまやん

セロー225の登録書類が届いた。ネットでバイク購入という初めての荒業。いささかの不安もあるものの、相手側の丁寧な応対もあり、安心して取引出来そうだ。

本日はオカン補給部隊が登場。ありがたい。家事を任せてバイク屋に走る。

購入したもの・・・

「フラッシングオイル」俗に言う「エンジン洗い専用オイル」である。エンジン内にこびりついた汚いオイル分をキレイに洗い落とす。内部から「オレ色」に染めていく。

「HONDAエンジンオイル&フィルター」学生時代からずっと使っているエンジンオイル。鉱物油であるがギアの入りは特筆もの。下手な一流オイルよりもいいかも知れない。

「パンク修理具」チューブタイヤ乗りの必需品。レバーとゴム糊とパッチと空気入れ。これさえあれば私はサクサクとパンクを直せる。チャリなんぞ朝飯前だ。

「プラグ」点火系の中枢。単気筒なので1本で済む。やはり新品はミスファイアも少なく、エンジンの調子もいい。

緻密にスケジュールを合わせ、4月2日の納車とする。それまでにナンバーは取得せねば。もちろん「京都」ナンバーである。

そういえば・・・

001_126 学生時代に「XLR-BAJA」を購入した時に某雑誌に投稿した「バイク購入レポート」。まさかの採用。

1992年、まだ20歳の私が雑誌の中に(驚!!)

よくメンテナンスしたものだ。学校休みの日には乗るかメンテナンスしていた。タイヤ外してグリスアップして、チェーン調整して・・・。

昔の記憶が、蘇る蘇る~♪

オフロードバイクは、メンテの勉強にもってこい。壊れてもすぐ直る。オイルさえ換えてればいくらでも走ってくれます。

たのしみだなぁ~☆

|

« 怒られるということ | トップページ | 経験に勝るものなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/14353163

この記事へのトラックバック一覧です: バイク屋はまやん:

« 怒られるということ | トップページ | 経験に勝るものなし »