« バイク屋はまやん | トップページ | 独り者17年 »

2007年3月23日 (金)

経験に勝るものなし

オカンは無事、帰宅したようだ。メールが届く。

「無事姫路に帰りました。今からエアロビに行きます」・・・汗!!

たくましい60過ぎのオバチャンに拍手だ。うちでひと仕事(掃除・洗濯・ご飯の仕度)をこなして、電車で揺られて帰宅して、その足でエアロビに・・・。恐るべしバイタリティー。昭和という激動の時代を乗り越えてきたツワモノは鍛えられ方が違うようだ。

しかし、毎度のことながら、うちの「絶望的」な調味料を使って、よくぞまぁここまで味付けするなぁ~と感心させられる。

001_127 仕事を終えて帰宅。なんとまぁ、豪華な晩ご飯。

母よ!感謝!!

30数年の「主婦」としての経験が、こんな料理をこしらえ、部屋をうまく片付ける力なのだろうか。

30数年しか生きていない私がかないっこない。

やはり、何でも「経験」だ。

私の経験ってのは、どれも中途半端。「広く浅く」がモットーなのだが、やはり1つだけでも極めたものがあった方がいいんだろうなぁ。

バイクも中途半端。ギターも中途半端。

まぁ、プロではないからいいか。母は主婦の「プロ」であるのだから。

|

« バイク屋はまやん | トップページ | 独り者17年 »

コメント

ニュー竹の音でのライヴを検討して下さい。
6月以降ですが、またメールもしくは連絡下さ~い(^o^)/

投稿: TAKE | 2007年3月24日 (土) 08時09分

私は主任直伝の「広く浅く」が好き。
いいトコ取り、いいやないですかぁ(^^)

投稿: チーコ | 2007年3月24日 (土) 17時11分

MASAです。

ご無沙汰しています、ここへは久々に来ました。

単車好き=ギター好き、これは私もそうですが、ところで今日は、FGについてちょっと知りたいのです。

FG301-Bというのをジャンク中古で4200円でだいぶ前に買ったのですが、コイツの素性がどうもよくわかりません。ジャンクの割りに相当鳴るということと、トップがえぞ松でできていることくらいしか分からない、まさしく謎の一品。以前FG300-Dも持ってましたが、これもえぞ松でした。えぞ松ということは寒さに強いのか、あるいは熊とも闘えるのかな~といったところですが。
それではまたいつかライブでお会いしたいものですね。

MASA

投稿: MASA | 2007年3月24日 (土) 22時38分

TAKEさん>

あぁ・・・現在の「竹の音」でのライブ。行きたいなぁ。
ぜひ「新・竹の音」でも歌わせて下さいっ!!まずは飛び入りからでも・・♪
6月のお中元がピークに入るまでが勝負!!なんとか
都合つけて、お伺いしたいです。

チーコくん>

ピンポイント攻めもいいかもよ!?あなた、意外と
広く浅くじゃないんじゃない?

MASAさん>

お久しぶりです。FG-301Bは、その前モデルのオレンジラベル「FG-301」の材変更モデルです(価格調整モデルです)。
FG-301はバックが3ピーズじゃないでしょうか?FGのオレンジラベルは、低音が弱まった代わりに、シャリンとした軽快感が魅力です。エゾ松ってのもその音質に影響しているのかも知れません。

’70年後半の製品ですんで、30年以上経過しているので、ほっといても乾いてて、よく鳴っているのではないでしょうか?

またライブでお会いしましょう!!

投稿: ミサハマ2 | 2007年3月24日 (土) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/14365312

この記事へのトラックバック一覧です: 経験に勝るものなし:

« バイク屋はまやん | トップページ | 独り者17年 »