« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月 7日 (水)

追伸:旅立ち

まもなくオンラインの線を抜きます。その前に・・・

2年前、多くの人々と宇治の地で出会った。見ず知らずの面々、緊張した面々。

城陽や宇治、醍醐で研修。訳のわからぬまま、いざ戦場へ。

そして2年・・・

精錬された戦士達は、我々の想像以上にたくましく、強くなった。厳しく叱咤したこともあった。泣いて悔しがったこともあった。手探りの中から自分のやり方をみつけ、どんどん成長していった。

私は、宇治のみんなは本当に「素晴らしい」と思います。

これほどレベルの高い、楽しい店はなかったと思います。

表立って表現することの苦手だった私は、かなり無愛想に思えたことだろう。それでも、私は宇治の仲間を「誇り」に思います。絶対、他の店の人には負けないと思います。

私が旅立てるのは、皆さんのおかげです。おそらく、この店ほど私の記憶に鮮明に残ることはないと思います。

皆さんも不安だと思います。もちろん私も不安で仕方ありません。されど、皆さんは、この店をイチから立ち上げたという「誇り」を大事にして下さい。自慢して下さい。

私も、皆さんと一緒に作り上げてきたこの店を「誇り」に思います。

私はもうお手伝い出来ませんが、皆さんはさらなる繁栄のために頑張って下さい。それを見たら私も幸せです。

さようなら、フレンドマート宇治店の皆さん。ありがとう、本当にありがとう。

何があっても、皆さんを私は「誇り」に思ってますから。

本当にありがとう。ではまた、お会い出来る日を。会ったら声かけてね♪

 

2007年2月7日  濱野景一

001_109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

旅立ち

01141 京都を去る日が近づいている。

いろいろあった2年間の京都生活も終わりを告げようとしている。

交通の便のよさに感動。

店の新規オープンという闘い。

新たなライブスタイルの模索。

多くの出会い。

全てが宝物であり、すべてが血肉となって、私の力となった。多くのライブに行って、いろんな刺激から「新たな挑戦」が生まれた。

次の戦地は、土曜日曜がまず休めない。おそらく、ライブからは少し離れることになる。それだけに、平日開催のライブはどんどん見に行きたいと思っている。運良くライブに出る機会が得られた時に、また違った私を見て頂けるように。

しばらくこのブログはお休みさせて頂きます。引越し&ネット環境整備のためです。

次にこのブログでお会い出来る日・・・草津で落ち着いた時です。なんとか落ち着いて、ブログを書く余裕が出来た時にまたお会いしましょう。

ありがとう京都。さようなら京都。伏見の空よ、ありがとう!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

1勝4敗

2月4日・・・送別会があった。私を含めて5人・・・オープン以来の歴戦の戦士が5人、転勤になった。店に新しい風が入り込む。しかし、もともとの暖かい風も逃げてしまう。

小さい店なのでいつもは社員だけでの送別会なのだが、今回は初代店長の転勤ということもあり、店内の飲食スペースでの開催となる。集まった従業員は80余名。店長の人柄が呼んだ数である。

立食形式でワイワイと飲み食いする中、私はFG-180担いでイスの上に。おもむろにガッシガッシとギターとお叫び。皆「こいつアホや~」てな笑いを浮かべている。1発ギャグあり、歌ありの大騒ぎ。転勤する3名が熱演した。楽しかった。飲酒運転のからみでノーアルコールであったため、とにかく盛り上げて楽しんで、笑ってさよならしようと思っていた。

というのも・・・

私はギャーギャー怒るわりに、涙もろい。送別会は今まで5回あったが、4回泣いている。やはり、寂しいものだ。自分が苦労して戦った売場を離れるのは・・・。こと、今の店はオープンから頑張ってきた店。パートさんやアルバイトさんに至ってまで、思いいれは今までの店とは全く違う。宝物を失うような気分である。

話を戻そう。

締めは店長の言葉。今までのざわつきが一転、すすり泣く声も聞こえる。この店長あってのこの店。皆思いは一つだったのだろう。無論、私も。一言一言が重い。2年間の艱難辛苦が走馬灯のように思い出される。

そしてお決まりの2次会、そしてカラオケ。

MKタクシーで帰ったら午前6時前。おはようございます・・・(汗)

カラオケには主婦の皆さんも数名参加されていた。大丈夫ですか??しかし、今の主婦はパワフルだ。このパワフルさが今の店の好調振りを現しているのだろう。

パートさんは宝だ。主任は誰がなってもそないに変わらない。その店の土台となるのは、主任ではなくパートさん達である。土台さえしっかりしていれば、全く恐れることはない。それほど貴重なパートさんが、我が店には多い。よって、安泰!!

花束をもらった。帰りのタクシーの中で見ていた。

感謝!!

001_108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

ギターがわんちゃか♪

001_107 ギター屋は在庫過多。

といっても売れ残っている訳ではない。全て、思い入れのあるギターばかりだ。鬼のような轟音のFG-180、大人の音を出すLL-33、シャリシャリと鳴くFG-150・・・いろんなキャラクターがある。1本1本鳴りが違う。それを堪能出来る環境・・・これは、至極の贅沢といえよう。

確かに引越しには邪魔である。手伝いに訪れるであろうオカンは、これを見ると・・・

「アンタ、こんなん集める暇あったら嫁さん見つけな!」

と言われるであろう(間違いない)。

雪だるま式に増えていくギター。引越しのたびに増えてくギター。増えてく音。YAMAHA博物館と化した我が部屋。

音楽知識もなく、うまく弾けもしない。けど、いい音を聴くのに知識も免許もいらない。ポロンと弾いたら、癒される。そんなギターを、せっせと荷造りした。

あとは向こうでの、置き場所だけだ(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

闘争本能

本日は新居探し。

「あなた、このマンションステキよ。」「そうかなぁ~、狭くないか?」「このベランダから見える景色、いいわ~。」「仕方ないな、そしたらココにしよっか?」「他の物件も見ようよ。」「どないやねん!」

てな妄想をしながら、いろんな物件をまわってもらう。引越しの唯一の楽しみ。少なくとも2年は住むのだから、少々家賃補助オーバーしても、いいとこを探したい。

そして決定!!交通の便もよく、勤務先にもほど近い。オートロックやエレベーターまで付いている。階段で充分の2階やけど・・・。今より少し部屋が小さくなるが、出窓が付いてけっこうお洒落♪私には似合わない。

その足で、次の勤務先へと向かう。正直、そのデカさに参っていた。

000_5 平日のそこは、そないに混雑もしていないが、やはりお客さんは多い。バレンタインコーナーなんぞ、キレイなお姉さんが目白押し☆☆☆

そうか・・・

私はここで闘うのか・・・

売場を見ながら、不思議と沸き立つ闘争心。正直、4年ほど小さい店で働いていたので、激しく売れることを忘れかけていた。しかし、当初の不安はどこへやら・・・メラメラ萌える燃える何かが、確実に込み上げてきた。

「やったろやんけ!」

1時間くらいは売場を彷徨っていただろうか。いろんなアイデアが出てくる。それが出来るかどうかは分からないが、落ち着いて少し慣れてきたらやりたいことが見えてきた。期待されているだけにプレッシャーも大きいが、裏切る訳にはいかない。

エライサンには「ダメやと思ったら、速攻飛ばして下さい!」と言って、背水の陣を敷くつもりだ。今までと仕事のやり方を変えなくては、確実に体を壊しそうだ。

会社や仕事に対して、ウダウダと文句や罵詈雑言を並べてはいるものの、やはりまだまだ闘争本能は健在である。なんちゃってサラリーマンではあるが、やはり「やらなあかん時はやる!」魂は、確実に私の心の奥底で燃え続けていたのだろう。

堅田で働いていた時の、あの時の炎は消えてはいなかった。

チクショ~、やったるど~!!

仕事嫌いなはずやのに・・・チクショ~、なんでこんなヤル気出るんやろか・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

深草旅情

001_106 先日、十条通りにある定食屋「ハイライト」に行った。

いつもは上賀茂の御園橋にある「ハイライト」に行くのだが、うちに近いせいもあり寄ってみた。同じ味だった。京都に住んで4年+2年+2年。8年になるんだなぁ~。それでも、初めて行く場所、初めて通る道がまだまだある。

京都市内に住んで2年が経った。北部に強く南部に弱い私であったが、伏見という土地も少し詳しくなった。

狭い道。

ガラ悪そうな界隈。

ヤンキー原付の多い24号線。

それでも、けっこうお気に入りの土地になった。伏見というところはJRも京阪も、そして近鉄まであって、非常に便利だった。市内にライブを見にいくのもラクだった。大阪に出るのも便利だった。少しは大阪にも強くなった。

でも・・・車を走らすには少々不便であった。

いい街だった「深草」。10日にこの地を離れる。第3の故郷である京都。この街に来たからこそ、多くのライブに触れることが出来、多くのミュージシャンと知り合うことにもなった。

木村三郎さん、Boochinさん、山口のりこさん、夜士郎さん、函館さん・・・

この2年で、私のライブスタイルやギターの弾き方に大きな変化が生まれた。この街に感謝である。感謝のしようもないのだが・・・。しばらくはこの地に住民票を置いておくことにする。ナンバーももちろん、京都のままである。

次の旅先は「草津」チョイナチョ~イナっと♪ここもまぁ、電車は便利である。いつまでいるか分からない旅ガラスの私。全国ツアーは続く。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »