« バレンタイン・メモリー | トップページ | ○○リスト »

2007年1月25日 (木)

どん兵衛をカスタム☆

朝からカップラーメンを食べることに。

「あなた、おはよう。」「おはよ♪」「早く顔洗ってきて。ご飯出来てるわよ。」「そっか。毎朝ありがとね。」

食卓には炊きたてのご飯とじゃがいもと玉ねぎの味噌汁。それと玉子焼きとウインナー。朝から幸せである。キライな牛乳だけは勘弁して欲しいところだが・・。

「いただきま~す。モグモグ・・・うん、美味い♪」「あなた、美味しそうに食べてくれるね。」「なんでやねん。ほんまに美味しいからやんかいさ~。」「ありがとう。」

・・・という食卓を妄想しながら、どん兵衛のフタを開ける。しかし、どうも食べ飽きた味である。これを何とか美味しくカスタム出来ないか・・・。

おもむろに麺をカップから出す。規定量+αの水を鍋に入れ、沸騰させる。そこに冷凍庫の「千切りごぼう人参ミックス」をぶち込む。

再度沸騰させて、そこに麺ときつねを入れる。一気に煮立てる。

カップ麺の弱点は「煮込む」という過程の欠如。鍋焼きうどんとの美味しさの違いは、スープの「熱さ」なのである。温度が上昇していく鍋焼きと、冷めていくカップ麺。このカップ麺の弱点を補うのが、本日の仕事である。

出来上がり。カップ麺にドバッと戻し、サバ缶を上にトッピング☆

001_104 出来上がり~☆

あの「どん兵衛」が早変わり!!アツアツのうどんの出来上がり。

煮立てることで、麺のモチモチさもアップ。ごぼうという具材が歯ごたえを生み、食べ応え満点。肉なんかを一緒に煮込んでも美味しいだろう。

何でもひと工夫で、その姿を変える。

たかが、どん兵衛・・・されど、少しの工夫でこの美味さ♪

「ひと工夫」・・・カンタンなようで、難しい。

次のライブの話しを頂いた。有難い。されど、さらなる「ひと工夫」に頭を痛める。もう・・・ネタがない。嬉しいやら困ったやら・・・(汗)

|

« バレンタイン・メモリー | トップページ | ○○リスト »

コメント

最後のサバ缶・・・必要?いや、ビジュアル的に(笑)

投稿: チーコ | 2007年1月26日 (金) 18時09分

冷蔵庫の残りもん、ちよっと工夫でこの美味さ(神田川俊朗師匠)魚の骨もミキサーに掛けゴマと混ぜりゃあカルシュウムたっぷりフリカケの誕生。スイカのへたは漬物に等、子供の頃婆ちゃんテレビ見て実践してました。又これが美味いんです。島田洋七書のガア婆ちゃんみたいに(笑)生ゴミ何かほんま少なかった。もったいない口癖でした。ごめりんこ!!

投稿: shige爺 | 2007年1月26日 (金) 20時49分

チーコくん>

分からないのかい、この魅惑のトッピングが☆
なんとも「和風」なこの様相。どっからどう見ても
「The 日本のうどん」って感じでわないか~。

シゲさん>

確かに今は「モッタイナイ」です。
マータイさんの言わはるとおりです。
何でも工夫すれば美味しく頂けます。

投稿: ミサハマ7 | 2007年1月27日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/13659790

この記事へのトラックバック一覧です: どん兵衛をカスタム☆:

« バレンタイン・メモリー | トップページ | ○○リスト »