« 失墜の跡 | トップページ | 越えるべき峠 »

2007年1月14日 (日)

ど真剣な「H」話

001_94 明日はライブだ。

仕事はサクサクと終わった。帰って少し練習して、ゆっくり寝て「果報」を待つことにする。今更バタバタしてもどうしようもないし、やるだけのことをやろう!と思い、しばしテレビなんぞ見て、リラックス♪

テレビでは、中学生と大人が討論している。よくあるテーマ「性」についてだ。武田鉄矢がキンパチになっている。

しかし、今どきの若い衆はカンタンかつ難しい。アルバイトくんやアルバイトちゃんも、少し叱ると次の日には「辞めます」そして親御さんからの「苦情」。「泣いて帰ってきた。どないしてくれる!」・・・泣きたいのはこっちなのに。逆に友達感覚で付き合うとけっこういい働きをする。それを分かっていればうまく仕事をしてもらえる。どちらがいいのかは分からないが・・・。

テレビでは援助交際をしている高校生が話している。1人のおっさんとすれば5万だと。今まで300人のおっさんと寝たらしい。1500万だ!!その金を家にいれている・・・職業か!?買うおっさんだけが悪いとされる今の法律。さて、そうなのか?

「愛のない相手とは、エッチ出来ない」これが我が自論。

第一、愛のない・・・堅苦しいな。好きでもない相手と寝れるか、ということである。金もらってやるなんてのは、あくまでも「欲求不満解消」の方法に過ぎない。本来なら、少しでも好きな相手と・・・と思うはずなのに。お金をもらって嫌々・・・それではまさに「道具」である。人間は道具ではない。

数年前、大阪の風俗に2万円持ってウキウキして行ったのを覚えている。しかし、その「機械」のような女性に嫌気がさし、それっきり行かなくなった。ベルトコンベアーに乗せられた私が、その風俗嬢のところへ運ばれ、一連の作業をしてまた出口に流される・・・そう感じたからである。

その人が好きやねん!と思ったなら、中学生であれ高校生であれ、節度あるエッチはいいと思う。本当にその人が好きならば、いいと思う。もちろん、大人も。夫婦のイトナミなのだから、それは愛を確かめ合う方法としてはステキなことだから。

おっちゃんはそう思う。愛と危険が交錯する行為なのだから、特に若い衆には気をつけてもらいたい。援助交際なんぞ、するな!!

「ライブ前になんでこんな話ししてんにゃろ?」と自問自答。

でも・・・大切なことです。テレビ見て、本当に怖くなりました。日本の未来が・・・。

・・・・・

くそ真面目に「H」なことを語るこんな私が、明日ライブをします(本日かな?)

1月14日(日)滋賀・甲賀市甲南町「竹の音」15:00~

このライブをもって、しばしまたライブはありません。充電します。いろんなライブを見て、いろんな人と出会って、いろんな情報を入れて、いろんな刺激と向き合って・・・・・。

またどこかで、ライブをするかも知れません。「今回は残念ながら・・・」それでいいのです。出会いってのは、いつ訪れるか分かりません。このブログを読んで下さっている貴方様も、世界何億というブログの中の、ほんの1コのこのブログと遭遇した訳ですから。

人間は、そうやって出会っていくものです。

私は、その出会いを夢見て歩いていきます。ギター弾きながら・・・

求む!お嫁さん・・いや、彼女でいい!!

|

« 失墜の跡 | トップページ | 越えるべき峠 »

コメント

 オチは そこかいな(笑)

 ライブ がんばってね♪

投稿: Boochin | 2007年1月14日 (日) 01時31分

Boochinさん>

このオチ、過去何度使ったことか・・・(涙)
そろそろオチを変えていかないと・・・。

投稿: ミサハマ7 | 2007年1月14日 (日) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/13481296

この記事へのトラックバック一覧です: ど真剣な「H」話:

« 失墜の跡 | トップページ | 越えるべき峠 »