« 年度目標 | トップページ | 告知1発目!! »

2006年12月10日 (日)

玉虫色

001_65 ピックアップを外されたAPXを引っ張り出す。サウンドホールの他にも穴ンコが2つポッカリ。それでもしっかりAPXの生音を出している。本当はバラして、組み立ての練習台という運命だったのだが、そのまま弾くことに。指板にCDEF・・・とシールを貼って、某なお○さんがしてたみたいな指弾きの、練習専用にしようと思っている。

最近復活したFG-180。こちらもやはりFGの音を出す。あのなんとも言えない懐かしく、そして熱い音を出す「赤ラベル」がやはり好きである。独特の音である。

「ギターは何十年と弾いていかないと鳴らない」というのが定説である。ギブソン・マーティン・もちろんヤマハもそうであろう。高級モデルほどそうである。木材がじっくり乾燥し、弾くことにより馴染んでいく・・・この行程でいい音が生まれる。当時の廉価版だったFGも、今では信じられないいい音を出す・・・価格は関係ないかも知れない。

されど、最近のFGは初めからいい音を出す。「以外やなぁ~」と思う。音量もあり、以外なくらいに鳴る。これは、「即戦力化」を目指した結果なのだろうか?世間の流れに受け入れられやすくするための戦略なのだろうか?

頑固に自分の意思を貫く職人さんが不足している・・・。団塊の世代が大量退職する今、熟練の技術が失われるのが問題となっている。効率を考えて、大量に製作しコストを抑える。効率を考えるとやはり失われる「こだわり」。それなり・・・という言葉で済まされることがこれから多くなるのだろうか?

強い者に迎合する・・しなくてはいけないサラリーマン。スーパーも同じ。人件費が一番大きい経費である。人件費減らしてサービスレベルを落とすな、というのは本末転倒である。強い者になびいては行きたくない。されど、それはいつの日にか「評価」という形でプレッシャーとなる。

サラリーマンになりたくない=玉虫色になりたくない

されど、玉虫色の人ほど出世する、大事にされるのが世の中。こだわった職人肌の社員がどんどん干される現状が、本当に悲しい。されど、私も身を固めればそうなるのだろうか?

私は組織向きではないのかも知れない。今の一番のプレッシャーはそこである。

そのうち私も会社から煙たがれるのかも知れない。それでも、自分の信念は貫きたいものだ。もちろん、いい意見は取り入れる。アドバイスも大歓迎だ。

ただ・・・信念だけは最終防衛線と考えている。それを曲げると、今までついてきた者が哀しむ結果となることはよく知っている。

だから、FGにこだわっているのかも知れない。

|

« 年度目標 | トップページ | 告知1発目!! »

コメント

初めから鳴る?ウクレレも同じで中には鳴りを意識するあまり、極度に表板の薄い楽器見かけます。中には波うってる、フレッチングあまい、音色ばかり重視している(ハワイ製)そのくせ値段は高い(日本人はブランドに弱い)同じ値段で手工日本製がはるかに楽器レベル高い

投稿: shige爺 | 2006年12月10日 (日) 13時48分

自分も組織向きじゃないですよ。
でも、会社で評価してくれる。
ありがたいことです‥

今は、協調性よりも「一芸」が重要視。
ようは「個性」。
昔の全員野球の時代もいいけど‥、「やれるひとががんばる」てのが、
今時分、いいみたい。

投稿: 海太郎波ざぶん | 2006年12月10日 (日) 20時15分

シゲさん>

日本製の手工ギターの出来はやはりいいです。
そのかわり、エンジンかかるまで数日かかります。
でも、暖気終わることにはすごい音が出てきます。
真の実力ってのは、グイグイ伸びる感があります。

ざぶんさん>

何かに秀でていればいいのですが・・・私は・・(汗)
個性のカタマリのような私は、けっこう上司からすると
扱いにくい分類だそうです(涙)。
こだわりってのも難しいです。でも抑えたくないんですよね~。

投稿: ミサハマ6 | 2006年12月11日 (月) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/13006788

この記事へのトラックバック一覧です: 玉虫色:

« 年度目標 | トップページ | 告知1発目!! »