« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

まいにちのうた2006

001_83 前略。

元気してますか?忙しい毎日を送っているみたいやね。ライブ、頑張ってるみたいやね。今年1年、走りまくった1年やったんちゃうかな?

こちらは今日も晴天でした。荷物が山ほど入ってきたんで雨やったらブルーやな、と思ってたんやけど。2年連続で晴れの多い年末やった。ありがたいことだ。

福袋が届いたよ。明日からまた仕事だ。2日に帰省するねんよ。オカンが待ってるからね。地元の連れとも久しぶりにメシ食って、笑いたいもんだ。

今年1年、いろいろあったよ。正直、疲れた。楽しい事もいっぱいあったが、それ以上に苦しいことがいっぱいあった。辛い日々があるからこそ、楽しい日々もあるんだろうけどね。やっぱり、君がいないと寂しいな。つくづくそう思います。

体はけっこう丈夫なんやけど、ココロに少しもろさが出てきたよ。歳のせいやな。そろそろオレも、身を固める時期が来たようだ。もちろん、君と。

毎日、こんな気持ちを胸に秘めてます。まいにちのうた、とでも言ったらいいかな?君に今度出会う時には、まいにちのうたをいっぱい聴かせてあげよう。日記じゃない。毎日変わる自分の気持ちを書いたものだ。

聴きたくなくても、聞いとくれ。この、オレの「まいにちのうた」を。

じゃ、来年もよろしくね。また、手紙書きます。

・・・・・

1年間、ご愛読ありがとうございました。読んでくれた多くの方々、毎日120件を超えるアクセス、本当に感謝しております。東京・愛知・福岡・・・全国各地で読んでいただいておりました。本当にもったいない話しです。

2007年も、みなさまが毎日楽しい「まいにちのうた」を歌えることを、私は願っております。では、よいお年を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

2006年のうた③

最後の最後で、疲弊した。

肉体的にも、精神的にも。

2006年にふさわしい幕弾きである。

・・・・・

されど、仕事場ではそんな弱気も許されない。パートさん集めて必死の鼓舞。仕事場では元気だ!!気合いもバンバンでや~。

せめて、日記くらいはね。。。泣きたい夜もある。

2006年も、よく泣いた。

あまりのギャップに、自身笑えてくる。あまり人に見られたくない日記になっちまった。だから、公開を最小限にしてみた。

泣きたい夜もある。2006年の終わりは、涙であった。

明日も仕事だ。変身しなければ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

2006年のうた②

2006年のブログを振り返る。

15本ほどのギターが我が家にやってきた。別段高級なギターが集まった訳ではない。全部ヤマハ。頑固一徹星一徹である。

2006_1226box0004 応急処置レベルであるものの、ネック調整もそれなりにこなすようになった。ペグを外して清掃したり、サドルの高さ調整したり・・・にわかリペアの技術が少し得られた。入荷したギターをまずは全て分解清掃することから始めたからだ。

ギターは集めれば弾けるようになる楽器ではない。やはり練習が全てである。全てのギターをガシガシ弾いては、音の聴き比べと同時に練習もした。相変らず、雑音ギターのレベルを脱することは出来なかったが、以前よりも少しだけマシな演奏は出来るようになった(つもり)。

ギターへの情熱は昨対150%で熱くなった。

ZZR-1100というバイクを買った。大学生の時からの夢であった。320km/hのスピードメーターと、147馬力という異次元空間を手に入れた。憧れのバイクにまたがった瞬間に、私の憧れは現実のものとなり、それは即「日常」と化してしまった。いざ、手に入ると「現実」「日常」となってしまう。

私は恋愛というものも同じだ、とついつい考えてしまう。恋することは多いのだが、いざ告白せんとすると「いや、楽しいのは最初だけ」とか考えてしまう。薄っぺらい自分にすぐ相手が愛想をつかすのではないか、結婚したら即空気みたいなものになってしまうのではないか・・・。つい、そう考えると「やっぱやめといた方がええんやろな♪」となってしまう。努力で解決する問題なのだろうが、私は一方通行が嫌いな性質(たち)なので、一方通行になってしまうんじゃ?という疑心暗鬼に陥ってしまうのである。

お、オホン・・・。

いろんなライブを観て、ステージってものの無限さを感じることが出来た。それにより、多くの先輩・仲間が出来た。ステージを、ライブを観ることによっていろんなことを感じ得た。そして、1年にわたってこのブログを書いてきた。

ライブを観ては感想を書いた。基本的に誰でも閲覧出来るブログなので、言葉は選ばなくてはいけないのかも知れないが、私は思ったままのことを書いた。いいものにはいいと、気に入らないことには気に入らないと。玉虫にはなりたくなかった。それに、いいことばかりを書いていては、きっと信憑性が無くなると思ったから、真っ直ぐに書いた。それにより、共感の声も頂いたが、非難罵倒もあった。迷惑をかけたことや、中には営業妨害に近いことにもなった記事もあった。

真っ直ぐ書いているのだから、きっとそういうことも発生するであろうと思っていた。されど、自分の思いは書いた。それにより、自身の活動の場や、仲間を失うこともあるだろう。されど、自分を曲げてまで書くブログに、何の価値があろうか。それならいっそのこと、こんなブログやめてしまえばいいのだ。

正直、あと2日でやめちゃおうかとも思っている。言いたいこと書くならジャポニカの日記帳にでも書けばええやん!って思う自分もいる。mixiからも外して、誰も検索出来ないようなブログをこっそりやるんも手だな、と思ったりもした。

でも、それは姑息だ。そんなとこでしか意見書けないのなら、余計にやる意味はない。

毎日の喜怒哀楽を何とか自分の意見で書き記し、万一に備えたいという気持ちがある。それを見れば、私がどんな1年を送ってきたかが分かるから。1年を通じてブログを眺めてみると、「こんな出来事あったんやな。」と思い出されることのどれほど多いことか。

ギターが来た。ライブを見た。ライブに出た。どこどこに行った。何々を食った。だれだれとツーリング行った・・・私が歩いた「1年」がそこにあった。

まぁ、1年頑張って書いたし、もういいかな。来年はお気楽短編集でもいいな(長い、うざいって声もあるし・・)。

最近のネタの薄さに、つくづく考えさせられるミサハマさんでありました。いや、本当にネタがない。1年間のブログを見ていて、最近の内容の薄さにすっかり意気消沈。

2007年・・・「まいにちのうた」は「中3日のうた」になるのだろうか?

それは、誰も知らない。でも、1年をブログで振り返るってのも、面白かった♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

2006年のうた①

今年もあと3日とちょい。そろそろ2006年の総括をしてみようかな・・と。日替わり定食的に書き綴って、1年を終わるとしよう。

今年はけっこう、ライブを観た。出る機会より観る機会が多かった。いろんなミュージシャンに出会った。そして、世界の広さと己の見聞の狭さを痛感した。

2006_1216box0005 木村三郎という歌うたいに遭遇した。

小野田了さん、中村ゆきまささん、そしてこの木村三郎さんが私のギターに対しての「大いなる刺激」となっている。

ジャカジャカ弾いているだけの私にとって、木村さんのステージは衝撃であった。テーピングされた5本の指、傷だらけのギター、お馴染みの衣装・・・そのステージは、まさに「ライブ」といえるものであった。秋にあった「甲賀の里無限大祭り」で遭遇したそのステージからである。まだそんなに時間は経っていないにも関わらず、木村さんのライブにちょくちょくお邪魔した。

「ステージとは何ぞや?」という私の抱える疑問は、木村さんを見てから少し考え方が変わった。

無限大祭り以降にあった私のライブ。そう、このライブステージに立ったことも今年である。滋賀・甲南町「竹の音」初めはおそるおそるであった。あまりのダメダメステージを晒して、もう2度目はないと思っていた。されど、TAKEさんはじめ、暖かい方々に恵まれてちょこちょことライブを観にいくこととなった。よ~く考えると、「竹の音」に行ってなかったら、多分木村さんに出会うきっかけは無かったと思う。

Pa297001 そしてブッキングに入れて頂く機会を得る。

多くのミュージシャンのステージからヒントをもらいながらの、よちよちライブはまた始まったばかりである。

若干の行き詰まり感を持ちつつも、私は来年もちょこちょことどこかで歌うのであろう。春夏秋冬、1年に4回くらい・・・どこかのステージで歌えれば本望である。このブッキングライブを皮切りに、スタジオに篭っての練習が始まった。いままでうちでチロリンと弾いて「練習」気取りであった私に喝を入れてくれたライブであったとも言えよう。

2007年、どこで生活し、どこで歌っているのかは分からない。でも、どこの地でも多くのミュージシャンが歌っているはず。どんどん観て、ヒントを得たいと思う。

音楽的には、失うものもあったが、多くの刺激とヒントをもらった1年であった。京都の地に住んだことが、機動力アップに繫がったのだとも言えよう。

若干仕事をブッチしたことも多かった1年だったな~(笑)。今年行こうとしたライブは、それくらい魅力的だったのが多かった・・・ってことで♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

目指せ!京都駅

今年最後の休日。次休めるのは1月2日。5日間戦争の前の、戦士の休息である。じっとしていたら死んでしまう私。朝それなりにギターを弾いて、出かけることにした。

「おーい、はよ用意しぃや。」「待って~な~。男は簡単でええな。」「そやな。女性は大変やな。」「出来た。行こか。」

そんな声もなく、玄関を出る(涙)。

001_82 いざ、京都駅へ!!

平日に比べて、微妙に人が少ない。人ごみの苦手な私には朗報である。年末らしく、買出しへ向かう私。

「これええな~。」「お♪似合うやん。」「高いなぁ~。」「ええやん、年末やし、無礼講!」「あんた出してや。」「えっ・・!?」

ウインドーショッピングをするカップルに勝手にセリフをつける私。妄想族もここまで来れば「天才」の域である。まず第一の目標を完遂するべく、歩き回った。そして第二の目標へ向かう。地下鉄に乗って三条河原町へ向かった。さすがに人が多いなぁ・・・。

いつもの楽器屋さんで、3セット550円の弦を購入。まさに「わしづかみ」!!ガバっと握ってレジに持って行き「これ下さい!」と。安いくせに「フォスファーブロンズ」といい音のする弦である。よく切れるのがタマに傷。ま、良い。その後、JEUJIA三条へ寄る。アコースティックコーナーが隅っこに追いやられて、ますますキライになった。

買い物するぞ!と意気込んで来る京都も、私にとっては珍しいことだ。結局、購入したのは帽子一つと弦5セットだけ。仕事漬けの私にとっては、かなりいい息抜きになった。やはり、部屋で篭っていてはストレス発散にはならない。

ただ一つ、今日にやり残したことがある。今日はそれをするぞ!!と意気込んでいただけに・・・。ただ、それはしなかった方がよかったのかも知れない・・・と自己消化して、自分を強制的に納得させる。私の得意技である。

京阪電車に乗る。黄緑色の普通電車、淀屋橋行きがホームに入ってくる。京阪電車も乗り納め。JRも乗り納め。私の2006年は、今日で終わったのかも知れない。

いろいろあった2006年。ライブも何度か出させてもらった。出る度に自分の力不足を感じた。ライブも過去最高に観に行った。行く度に自分の力不足を感じた。試験に落ちた。問題を開いた瞬間、自分の力不足を感じた。ギターは増えた。かなり勉強したために知識はついたが、修理出来ない自分の力不足を感じた。恋をした。けど伝える勇気が無かった。「もう一歩」が踏み出せない自分の力不足を感じた。

いろんな出来事から、自分の「力不足」を感じた。34歳にしては、あまりにお粗末な1年であったろう。34歳にして、今だ自分に何のとりえも力も魅力もないことに改めて気づいた。

それならどうする?2007年。

あと4日、何の変化もない毎日が流れて、2006年は終わる。8時に仕事始めて22時に終わり、帰って寝るだけ・・ただそれだけ。それが終われば、また新しい1年が始まる。それだけ。ただ、来年もやれることはやって行こうというだけ。

来年の今頃のブログも、同じことを書いている気がする。読み返しては「また1年、何もなかったなぁ~。」と思っているのかも知れない。

変化のない、ということもある意味「幸せ」なのかも知れないなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

告知2発目!!

世界がクリスマスで浮かれている24日、私がケーキをかっ食らっている24日、とある場所では4人の命が失われた。「死刑執行」である。なぜクリスマスイブに執行されたのは分からない。被害者の側にしたらある意味「プレゼント」なのかも知れない。されど、そんな洒落た気持ちになれないであろう。私がもし、被害者側ならば・・・おそらく「プレゼント」と感じるのかも知れない。もっとも、亡くなった人は帰ってはこないのだが・・・。被害者の人権より、加害者の人権が守られる昨今。少し考えさせられたクリスマスであった。

たまには「社会派☆濱野主任」を見せないと。お笑い芸人に間違われる(汗)

001_81 久しぶりに部屋にFG-500を出した。

出勤前、どうしても弾きたくなって出した。ハードケースからは独特の「ローズ」っぽい香りがする。ローズの香りは好きだ。

「この薔薇とキミを比べたら・・・いや、比べることなんて出来ない。そう、キミはボクにとって、ボクにとって~~!!」

思わず宝塚に出演した気分になった。

私の主有するFGで、最強を誇る音質のギターである。ハカランダ単板に象牙サドルナットのSP仕様。上品かつ轟音をたてる鬼のようなギターだ。バリンバリンと鳴るこいつですっきりした気分になる。

残念かな、このギターの音質はラインを通しては出せない。いつか、もっと上手になったら「生音ライブ」ってのに出てみたい。あと5年はかかるかな・・(涙)。マイク録りすればいいのだろうが、座って弾くってのが出来ない私。動き回って弾く専門なもので・・。座ると逆に落ち着かない。普段立ち仕事だからだろうか。

そんな落ち着かない男が、来年1月に鮮烈に登場!!

2007年1月14日(日) 滋賀・甲南町「竹の音」15:00~

アコギのミカさん(インスト)桜井モトヤさん(弾き語り)&宝塚景ちゃん

チャージ1200円(あらかじめ来店予約の方は1000円)

ワタクシの雑音のようなギターと冴えないMCで皆様を「私も頑張ろう!!」という気分にさせてご覧にいれましょう♪ぜひご来店下さいませ。JR草津線「甲南駅」下車徒歩10分。お車でもご来店頂けます。私はさておき、お二方のプレイはきっと皆様、満足されることと思います。お待ちしております。

来年は、いろんな事が起こりそう。そんな門出のライブにしとうござります。皆様の応援あってのミサハマさんです。ぜひ、清き1票、清き1票をこのミサハマさんに下さいませ。

何が起こるのだろう「2007」。35歳になる私。自動車保険が安くなるなぁ。

・・・それくらいしか、思い描けない現実(涙)。

哀愁漂うミサハマさん(本体)にも、清き・・・清き1票を~(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

一足遅かったクリスマス

メリークリスマス!!今日が本チャンのクリスマス♪

「クリスマスブーツのお菓子ありませんか?」の問い合わせが多い。あの・・・11月からいっぱい積んでたんやし・・・と思いながらも「いや~、完売ですわ」とにこやかに。焦るパパが多い。「何かない?何でもええねん。」必死の形相のパパらしき人の声。いいお父さんやな~。けど、もうちょい早く用意しとかないとね☆私はもう、バレンタインの演出で頭いっぱいになってます。

さて・・・話しを戻します。

もし、オヒマがありましたら1年前の私のブログをお読み下さい。昨年の今時分も同様のブログで面白いですよ♪

001_80 1コのケーキがあります。

2006年ミサハマプロジェクトのために購入した「チーズケーキ」でございます。11月に予約いたしました。ホテルケーキと言われるもので(ラブ○ではない)、市販のものよりコテっとして美味しいと、ミサハマさんは毎年購入しております。

昨晩めでたく我が家に到着。そう、今年もまた「独り」で食べる、クリスマスとなりました。23日の分は「竹の音」でワイワイと食べました。デカいケーキはやはり1人で食べるもんじゃないと思いました。器にねりちゃぎってよそる女性、デカイ背中とちょんまげ姿で、ガツガツ食べる男性・・・見ているだけでおなか一杯になりました。

25日、朝。おはようございます。出勤時間を1時間遅らせる。

ガツガツがっつくミサハマさん。おやおや、朝ご飯にケーキですか?

その通り!!

まるでクリスマスの雰囲気なしの、がむしゃら食いです☆男前食いともいいます。

002_18 完食!!ウェップ・・・

甘党のミサハマさんには、ケーキの1コくらいは楽勝ですな♪うーん、コッテリコッテリ。しっかり「黒烏龍茶」で健康には気を使いながら食べました。

うーん・・・めりーくりすます(涙)

その後、何もなかったかの如く出勤。年越しの「どん兵衛」が鬼のように来ていた。何かを忘れるかのように、とりつかれたようにどん兵衛を出しまくった。

私の34歳のクリスマスは終わった。

このケーキのように、完全燃焼したぜ・・・。来年は、どの空の下でケーキを(独りで)食べているのだろう・・・。帰宅の道で、空を見上げた。小さな三日月が浮かんでいた。独身貴族バンザイ!!

メリークリスマス☆今夜も伏見の空にカンパイ~☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

一足お先にクリスマス②

久しぶりの午前様。クリスマスイブイブの夜、甲賀の里に出向いていた。

暗い玄関を開け、コソコソっと部屋に入る。嫁さんと子供は寝ているようだ。扉をコソっと開ける。嫁さん今日も寝相悪いなぁ(笑)。いつも寝ていてアックスボンバー喰らうんだよな・・・。その横で子供がスースー寝ている。疲れも取れるわ。

嫁さんに「ただいま」と寝顔にキスをする。サムいゆ~な~子供の枕元に小さな赤い箱を置く。そして嫁さんの枕元にも小さな伊勢丹の紙袋を置く。本日はクリスマスイブ。子供には「アンパンマン」の人形。嫁さんにはネックレス。気に入ってくれるといいのだが・・・。

ハッ・・・(汗)

001_78 ガソリン入れながらトリップしてました。

もちろん、うちに帰っても誰もいません。ヤマハ35本が暖かく私を迎えてくれました(涙)。

甲賀市甲南「竹の音」の鍋パーチィーに飛び入りました。毎度毎度のアポなしで本当に申し訳ない気持ちです。外にまで聞こえるあのざわつきは流石です。

美味しいお鍋を頂きました。ホタテが美味かった♪塩味のお鍋、あっさりしながらコクがあり、非常に美味しかった。そして多くの仲間がワイワイと。非常に楽しいひと時でした。昼間はライブがあった模様。年末商戦中の私には、夜なんとか駆けつける術しかありませんでした。残念!!

ガヤガヤ騒がしい会場。されど、話しの中身は凄い濃いものが多かった。私の薄学が露呈いたしました。物凄い知識の方の会話に、全く着いていけませんでした。

とあるL○uc○yさんとお話している時に感じました。

私、本当に視界が狭い。考え方が狭い。照準が狭い。「三狭」です。中国の「三狭下り」ではありません。12年前に行った「三狭下り」は圧巻でしたがね。

夢中になるものを見つけると、それに対しては真っ直ぐですが、それ以外のものをシャット☆アウトする傾向をズバリ!と。確かに私はそうです。だから見聞が狭い。知識もない。本や新聞をあんまし読まない私です。学識に関しては赤ちゃんレベルだと思います。

いろんなライブを見に行っているのは、そんな私の見聞を広げようとのものです。この1年、いろんな方のライブを見ました。まだまだ足りないくらいの観戦数ですが、何かしらの刺激にはなっているはずです。もっと違うジャンルのステージも来年は見に行こうと思っております。昔何度か行ったクラシックコンサートやジャズバーもいいかも。

来年1月にライブしますが、不器用な私はそんないいステージをお見せすることは出来ません。前回のまぐれtheライブのこともあり、過度な期待をされる方がおられます(汗)。決して私のステージは、そんないいものではありません。

されど、前回と同じ思いなのは「自分のやれることは精一杯に」ということだけです。その思いに、いろんな方のライブを見た刺激が加わればいいかな、と思います。

・・・・・・・

おっとっと。台所で茶漬けをサラサラ食べていると、嫁さんが起きてきてくれました。スッピン・頭ボサボサの嫁さん。私はその姿が好きです。とても近しい位置にいてくれる気がするからです。化粧バッチリでは「構え」ている気がするからです。もちろん、化粧して巻きスカートにブーツ姿のキレイな嫁さんも好きですよ。

おっとっと、ノロケちまった~♪失礼・・

「ありがとう。直接渡してくれたらええのに。」紙袋を嬉しそうに持っている嫁の姿を見て、私はまた、明日からつまらない仕事でも頑張ろうかな、と思う気力が湧きました。

夫婦って、いいものですな~☆

虚しくなってきたので、今日はこのへんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

一足お先にクリスマス①

本日は休日。これでもか!と寝てやろうと思っていたが、いろいろ昨晩から考えていて、起きたら6時半・・。うーむ、寝たいのに目が冴える(汗)。

まず・・・仕事は限界までやらない。いっぱいいっぱいになると精神的にやられる。

そして・・・片思いは精神的にやられる。思いは封印して、ココロの春を待とう。

朝からゴミ捨てをこなし、部屋を片付ける。年末やし、何かしないと。

001_77 ギター置き場をチューンナップ♪

数えれば・・・35本になっていた(よよ??)いつの間に増えたのだ?数え間違いか??ロフト式ベッドの下のキャパの限界を超え、いよいよ枠外にまで進出である。

全部売ったらいくらになるんやろ・・・ヒヒヒ♪

なんて邪念が生まれて「これはイカん!」と朝10時の自主規制時間をまわってから、ギターを弾きまくる。ライブに向けて弾きまくる。部屋にLLのバカ鳴りが響きわたる。ブンブンブン・・・鳴りまくる。お隣さん、ゴメンナサイ。

無心に弾いていると、何もかも忘れられる。雑念も何も、コード押さえるのと歌うので必死な間は、まったく脳裏に入ってこない。知らぬ間に時間は過ぎてゆく。洗濯をはさみながら、数時間は弾いていたろうか?今日は何かを忘れるがために、必死で弾いていたのかも知れない。

夕方、向日市へ。入荷した「L-8」はネック調整をしたが直らず、ナットの不調と断定。柾目UMに向かう。Lならではの音をさらにレベルアップさせようと、象牙のサドルとナットをお願いした。

通算、25本目になるかな?清田さんにチューンしてもらったヤマハ達は。どれも元気に、本来の力以上の音を出すようになった。L-8もネックの状態は良くなっていたので、1時間程度で仕上がった。音は・・・まさしくLの音。とてもゴージャスな音。象牙ならではの丸みのある音。おまけにボリュームがある。やんちゃなFGに対して大人のL、である。

その後2時間ほど、清田さんと歓談。いつもライブで活躍している「THE FG」も診てもらった。最近ミディアム弦を張っているので、いわば定期健診みたいなものである。

大絶賛であった、THE FG。とても嬉しかった。改めて、こいつのポテンシャルに感服☆「弾き込んだらもっと枯れたいい音になるな、これ。」とまで言わしめるその実力。あと10年くらいしたらそれなりにいい音になるであろうか?

清田さんも「木村三郎」さんのステージを見てみたい、と。リペアマンであると同時に、ギタリストでもある清田さん。新たな切り口のライブを見たいそうである。私も同じ、もっともっと、いろんな音楽に触れてみたいものだ。

L-8は象牙仕様となり、私に少し早いクリスマスプレゼントとなった。独り者だけに、自分だけにプレゼント代を割けるのがありがたい。

今日は妄想なしよ!!

当初は転売を考えていたギター屋も、今やコレクション屋になっちまった(汗)。儲からないので、赤字垂れ流しであるが、ココロと知識は増収増益である!!

売れませんよ、そりゃね。いい音出すんですもん・・・。困ったもんだ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

スーパー段取り☆

001_76 私の生命維持装置

「ウコン」ウン○じゃないよ・・

脂肪肝に犯された私を救ってくれた、秘薬である(薬ではない)。不思議なくらいに効果があった。まぁ、食事制限をしたのが一番功を奏したのだろうが。

なんでも、諸刃の剣だそうである。過剰摂取は毒らしいし、健康食品と謳われているし・・・難しいな。

まぁ、ほどほどに飲めば悪いものではないのだろう。何事も、ほどほどに・・・。

クリスマス直前・・・今日もやたら売れた。ありがたいことだが、疲れる。次の月曜にはうんざりするほど荷物が入ってくる。私の大好きなポテチも猛烈な量が入荷する。昨年はオープンして初めての年末だったのでテンヤワンヤであったが、今年は違う。昨年の反省という財産があるし、それ以上にパートさんのレベルアップが著しいため、非常にサクサク段取りが進む。

これぞ私の提唱する「スーパー段取り」である。

昨年とは違い、前倒し前倒しに作業をすすめている。年末ラクしよう年末の繁忙に向けての作戦である。指揮官としての手腕が試されるのが「年末商戦」。今年は除夜の鐘が、おうちで聞けそうである(もっとも、元旦から仕事ですが)。

最近、肩が凝るようになってきた。嫌だ嫌だ・・・。この業界、体力勝負な部分が大きいので、体調管理だけはしっかりしておかないと。風邪をひいてしんどいのは、結局自分である。風邪ひいたところで誰も介抱してくれる訳でない。炊事(めったにしないが)洗濯をしながらの、自己介抱である。「薬倍飲み」の荒技は、そんな環境から生まれた苦肉の策である。

明日(22日)は、やっと休み。寝るぞ!!ギター弾くぞ!!

ヘタに街に出れば、キラキライルミネーションが・・・。

チェッ!電気代もったいないやんけ。温暖化の原因やで、しかし!」←タテマエ

「いいな~。クリスマスやな~。寂しいな~。」←本音

おうちでシチューでもこしらえますかね♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

35歳を目前にして

001_75 鏡餅連峰!!

登る者を拒み続けるその霊峰は、登山家の憧れとなっている。宇治の地に突如にょっこりそびえ立つこの山は、時と共に崩れ落ちてゆく運命だ。

ことしもあと10日あまり。いろんなことがあったなぁ~。

ギターは32本にまで増え、その分部屋が狭くなった。バイクは100cc小さくなったが、馬力は30馬力上がった。いろんなミュージシャンと知り合った。音楽を通じていろんな方と知り合った。ライブに対する姿勢が変わった。

白髪が猛烈に増えた。少しお腹がへこんだ。車が変わった。ギターはちょっぴり上手くなった。少しマイルドな性格になった。昇進試験に落ちた。ボーナスが増えた。

最後の最後に、をした。はかない恋でいい。片思いが私にはよく似合う。ミサハマさんに、実る恋など似合わない(涙)。

そんな私は、来年35歳になる。そう思いながら仕事を片付け、帰宅した。飛び込んできたニュースは、亀田の試合ではなかった。

カンニングの中島さんが亡くなった。35歳、また白血病である。

確か、「間もなく復帰」と相方の竹山さんは言っていた。されど、帰らぬ人となった。容態が急変したのか、知っていてウソを言っていたのかは分からないが・・・。ほぼ、同い年。やっとテレビで活躍し始めた頃に襲う病魔。なぜ神はこうも残酷なのか。

死にたくない人が死んでいく中、死なないでいい命を粗末にする人がいる。

飛び降りるのは簡単だ。手首切るのも簡単だ。されど、その勇気を「生きる」という勇気に変えることは出来ないのか?テレビでは14歳で母になっただどうだっていうドラマをしている。14歳であろうが45歳であろうが、母は母である。ジャガー横田さんの気持ちに拍手を贈りたい。その母からもらった命。母の栄養をごっそりもらい、母が死ぬほどの痛みで産んだその命を、そんなに簡単に捨ててはいけない。

生きたい!またお笑いのステージで輝きたい!!そんな思いを持ったまま、中島さんは旅立ったのだろう。

世の中、矛盾が多いなぁ・・・。うまくいかないもんだなぁ・・・。

35歳という年齢。決して若くはないが、まだ錆びる歳ではない。私は幸いなことに、肝臓以外はそれなりに元気だ。せっせと仕事して、好きなギターを弾いて、のほほんと妄想している毎日。よく考えると、幸せ者である。

年末にかけて、鬼のような量の商品が入荷する。「ふえぇ・・・。」とモチベーションが下がる。されど、そんなこと・・・本当にちっぽけなことだ。

頑張って生きよう。生きてるだけで、まる儲け!!

今夜も少しだけ、ギターを弾こう(もちろん、サイレントギターを)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

朝マック

「景ちゃん、朝やで。」「むにゃ?もう20分・・・」「あかんて。はよ起きや。」

いつもの朝。されど今は彼女がいる。寝癖頭の私はリビングに降りる。

玉子焼きとウインナー、そしてご飯とみそ汁。充分幸せな朝ご飯。「おはよう朝日」を見ながら2人はご飯を食べる。

「今日は晩遅いん?」「そやな~、今日は売場作る日やしな。」「そっか。私も今度のライブの練習があるねん。」「そやな~、来月出るゆーてたなー。頑張りや。」「見に来れそう?」「休みは取ったで。」「あんたも出ぇや。最近ご無沙汰やん。」「そやな~。」

テレビは8チャンに変わっていた。小倉さんがやたら元気なテレビを見ながら仕度をする。彼女は洗濯を始めた。主婦の労苦は、仕事よりも大変かも知れない。「フッフーン♪」とイオンのCM。山口智子のCMであるが、そのCMを見て「ほんまや、クリスマスプレゼント買わな。」と思い出す私。

いざ出勤。ベランダの彼女に軽く手を振り、駐車場へ。近所のおばちゃんに・・・

「いつも仲いいねぇ~。うらやましいわ~。」「んなことないですって。」「いや~らぶらぶやん☆」「なにゆーてますねん。」・・・おばちゃんの突っ込みは手厳しい。照れながらそそくさと走り去って、車に乗る。

午前9時。国道はやや混雑が緩和され、のんびり通勤出来そうだ。

・・・・・

おっと!!

001_74 行き着けのマクドで「朝マック」

食べながら、そんな妄想をば・・・。

今日も朝からお仕事。ギターは弾けず。音を出していつでも弾ける環境が欲しい。マンションは厳しい。

おうちを建てよう・・・マジでそう思ったり。

車にギター積んで、後部座席で弾くって技もありだな・・・と思いながら、今日も大声で叫びながらの通勤。

パートさんの力により、昨日よりの「鏡餅山脈」は「鏡餅連峰」と化していた。2こぶの山なみは、これから私に訪れる、地獄の年末商戦を眺めるのであろう。

疲れるねぇ~。でも、働かないと。ベーコンエッグマフインを食べながらの通勤。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

セットリスト考

001_73 ジャンクのL-8が届いた。78年製の全単板。

チューニングしても鳴らない。ネックエビ反り(汗)。「パイ~ン」とフレットに振れるあの音が響く。これはまいった・・。とりあえず応急処置をしてみるものの、ロッドもそれなりに厳しい状態。さて・・・どうしたものか。まぁ、ゆっくりと治すとしよう。ナットも作り換えだな、こりゃ。

さて・・・今日は仕事は最高に盛り上がった。昨日・・・つまり日曜日に休んだ「ツケ」はずっしりと私にのしかかる。山のようになった在庫(涙)。おまけに昨日、天敵のエライサンがやってきたそうで、今度の会議はつるし上げやな、と覚悟を決める。

だから・・?何?

ライブ観戦と仕事。仕事は明日でもなんとかなるが、ライブはその時が勝負である。見逃す後悔と仕事・・・天秤にかけるんもアホらしい。だからニコニコ荷物をさばく。やけくそで鏡餅をドカンと2.5mくらい積んでやったわ、ワハハハハ~!!

鏡餅山脈・・・ばりに積んでやったわ。ワハハハハ~!!というのも・・・

鏡餅を積みながら、次回ライブの作戦を練る・・というか、練り直す。最近ライブによく通っている。我ながらよく走り回っている。その分、いろんな事を考える。

ほとんど決まっていたセットリストを、全てご飯さん、いやご破算に。いったい自分は何を目指しているのか・・・改めて考えた。「見せる」ステージ重視なのか、「聴かせる」ステージ重視なのか、「楽しませる」ステージ重視なのか。木村さんのステージも然り、函館さんのステージも然り、タさきさんのステージも然り、河田くんのステージも然り、えべっさん(誰やねん?)のステージも然り、のりこちゃんのステージも然り。そして奏さんのステージも然り、ヒガモリのステージも然り。

どれも、この「三位一体」がなされている。凄いなぁ~。

前回ライブのセットリストは、とにかく「歌える歌」重視であった。しかし、決して全てが「歌いたい」ものばかりではなかった。そしていろんなライブを見て、とにかく今、自分が歌いたい歌を歌おうと決めた。全編キーがAでもいいか。静かな歌なしでもいいか・・と。

歌いたい歌を全力で歌うことによって、現すことの出来る姿があるのだろう。

・・・・・・

なんて、考えていたら「鏡餅山脈」が出来てました(汗)。通りすがりの子供さんが「おっちゃん、こんなよーけ売れるん?」と聞いてきた。おっちゃんは丁寧に「おっちゃんら、これだけ売らないとえらいひとにしばかれるんやで。」と教えてあげました。

34歳、独身。おっちゃんはこたえる(大涙)。

えらいさんに怒られようが、売りたい商品を山のように積む「ミサハマ積み」。最高はじゃがりこ4m。天井近くまでじゃがりこがそびえたった!そして鬼のように売り込んだ。気合いの入った売場は、伝わるものである。

ライブも同じ。気合いを売るのが「ミサハマ・スタイル」これで行こう♪

今日、ちょっぴり嬉しい出来事が2つあった。嬉しいメールと、嬉しい約束~☆ニコニコしてると、いいことが舞い込む。明日もニコニコ・・・しておこう。

といった次の日は、たいがい雷鳴が轟くものだ(涙)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

2日連続の猛者達

日曜休み。少し仕事。最近このパターン多いな(汗)。

久しぶりに晴れたので、バイクにまたがり宇治→国道307号→甲南へと進む。信号も少なくスムーズ極まりないのはいいが、寒い。マジで寒い。もっとしっかり防寒対策すべきだった。指や太もも、○○○までコチンコチン。でも、清々しい♪

「竹の音」到着。体は完全に冷凍マグロ状態である。ストーブで暖をとらせてもらい、恒例の「ミサハマセット」を発注。どんがと席に座り、ライブを待つ。待っているフリして、マイクの型や足元のスペース、左右のスペースを目測。理由はまぁ・・・いずれ分かります。昨日のスローハンドで、「函館さん」が同じことしてはりました(笑)。

001_72 トップは「恵比寿」。フラッシュが光りまくる。

衣装着はったさわださんに、若干の照れが見られる(笑)。されど、歌は別。きっちり聞かせに入る。お馴染みの歌は会場から自然に手拍子とコーラスが。そしてパンチの効いた曲ではピーンと静まる会場。ミカさんのカホンが気持ちよくギターと混ざり、会場に広がる。

確実にリズムを刻む、さわださんのギタープレイは流石だ。安定していてすーっと響く。いい音色にいい声だ。そこに、カホンががっちりと。

これからも楽しみな夫婦ユニットでございますな。私も嫁さんは、楽器の出来る人を選ぼう♪

002_17 さて、次は「発子」発ちゃんである。もう大学生になるんや・・。

初めて見た時は、まだ制服姿初々しい感じやったが・・。いやはや、その時から歌はバツグンであった。そして、今では恐ろしいほどの歌声を披露する。若いって素晴らしい。

恐れを知らないMCと、大人のムード漂う演奏。

このアンバランスさが、発ちゃんである。ギターがやたらデカく見えるのも発ちゃんである。ヤマハのCPXをずっと使っている。ヤマハ党党首としては、涙が出そうである。

エフェクターかけて、ギターをもっと響かせたら歌がもっと映えるのにな~と思う。それだけ発ちゃんの声が素晴らしいってことだ。

さて・・・師匠登場!!私には師匠が多いなぁ・・。

003_11 山口のりこ登場!!

サンタの衣装で登場。カワイイ~♪一斉に・・・

フラッシュの嵐!!

記者会見場か!?

トラ目バリバリのタカミネ抱えて、抱腹絶倒のライブが始まろうとしていた。

実は・・・

前回の私のライブのパフォーマンスは、のりこちゃんにかなり影響を受けてのことである。「こんなんアリやな。」と思い自己流にアレンジしたのが前回である。彼女のパフォーマンスに比べれば、圧倒的に弱い。

今日もバリバリののりこちゃん。ステージ狭しと動き回り、ピンコピンコ足を跳ねる。カワイイ~♪♪しかし、鍵盤をたたく時には、しっかりと聴かせる。このメリハリ、緩急に観客はノックダウンである。天然なMCで、これまた爆笑。初めてのりこちゃんを観られた方は、私以上に楽しめたであろうこのステージ。驚愕であり、最高である。歌詞は素直な詞が多く、女の子としての気持ちが込められた、しっかりとしたものである。決してステージングだけでない。実力はかなりのものである。

アンコールはまさにパワー前回。あの「ハックルベリー」で見た時のハジケっぷりである。いやいや、今日もまた恐ろしい猛者達に出会ったライブであった。

今日は太子ホールで「木村三郎プレゼンツ」変な人祭りライブがある。竹の音の観客はほとんどそちらに移動。観客の中にも、恐ろしい腕の猛者が盛りだくさん。途中無念の仕事場帰還をされた○○○○ーさん。帽子を被った鍵盤弾きna○tchiに、天女の声の○tukiさん。そして師匠のト○ロさん。デニムさんの存在は今日も大きい。あ、デ○ムさんとするの忘れた。

私は、クソ寒い中ZZR-1100を飛ばす。冷える前に帰宅しようと企む。暗くなってから、「くそ、車で来たらよかった。」といつも後悔する。エンジンは涼しいのをいいことに絶好調♪ひとひねり200km/hのバイクは、鬼のように加速する。

昨晩から、来年1月ライブのセットリストを全て白紙に。今夜もこれで眠れない。

「竹の音」には凄いミュージシャンが集まる。お客さんはそれを至近距離で聞く、観る。お客さんはリピーターの方が多い。当然ながら、お客さんの耳も肥えてくる。暖かく迎えてくれるお客さんの多い会場だが、それだけに聞く体制は凄い。演者観客渾然一体のこの「竹の音」で、中途半端なステージは出来ない・・というか、失礼だ。

さて・・・。どうしたものか。自分でいろいろと試行錯誤している。

されど、いろんなミュージシャンを見て、「こんなステージがやりたい。」というイメージは湧いてくる。後はいかにそこに近づけるかである。歌・MC・ステージ・・・全てにおいて、いかに近づけるかである。マネから入るのもいいかな、と思う。

2日連続でライブ三昧。明日から正月2日まで、気の休まる休日はない(実際は2日ある)。激務に耐えながらミサハマさんはああだこうだと思案し続けるであろう。

2007年1月14日(日) 滋賀・甲南「竹の音」

ミサハマさん、歌います。ああだこうだの結論は、その時に分かります。

ヒソヒソ告知でした(汗)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

燃える男を見て・・

発注終了!!さっそく書こう。

本日は朝からソワソワ。なんとか仕事を切り上げて、19時半に丸太町に行こうと計画した早出シフト。仕事は鬼のようにたまっているが、午後からの怒涛の反撃でなんとかそれなりには済ませた。18時34分、ヒット&アウェイで宇治駅へダッシュ。

19時30分。なんとか間に合った。スローハンド初上陸。駅から近いので助かる♪店外でリハ中の木村さんに笑って出迎えて頂く。本当に嬉しいものです。

Barって雰囲気ムンムンのスローハンド。席にミュージシャンのBoochinさんがおられた。少しホッとしながら、すきっ腹にカシスソーダを流し込む。クラっと来た。

001_71 木村三郎さん。

本日も熱いステージを披露。いや、熱い。そして楽しい♪所狭しと動いては、その5本の指からいろんなフレーズを放つ。これぞ・・・

ギターのや~

楽しげな表情で歌わはる木村さんのステージには、本当に癒される。歌詞が飛んだ時の「!?」って表情や、少しエロティックな表情・・・まさに「劇場」である。

「多摩五郎の疾走」・・・好きだなぁ。すんごいドラマティックで、リズムが良くて、カッコイイ。しっかりストーリーがある。流れるように進んでいくこの歌は、私のお気に入りとなっている。終始ニコニコして聞いていた。あぁ、楽しい時間♪

木村さんの紹介で登場は「函館くん」。一見、真面目そうな歌うたいで、とても抱腹絶倒のライブをしそうな雰囲気ではない。

いや、しかし、されどが!!

002_16 あえてここでは言わないでおこう(笑)

12月17日(日)滋賀・東近江市

「太子ホール」にて

木村三郎プレゼンツ

”変な人祭り”で、ぜひご覧下さい。

ぜひ、会場で私の書きたかったことを味わって下さい(笑)私のHPからもリンクしています。名神八日市ICから車で15分。JR近江八幡→近江鉄道八日市駅下車徒歩15分。

はっきり言いましょう。見なきゃ「損」です。このお祭りは!!

ライブ終了後・・・本日も深夜の発注のために帰宅を急ぐ。木村さんにもご挨拶が出来た。「すごい」しか言えないボキャブラリーの無さ(涙)。でも、本当に凄いんですよ。素直な気持ちで「ありがとう」と言いたい。大満足のライブであった。また来たい・・・そう思えるライブをするのって、言うは易し、横山やすし、行うは難し。

あのステージは、しようと思って出来るものではない。私の中途半端なステージがいかにお粗末かってことに改めて・・・。帰りの地下鉄の中で、いろいろ考える。無理になにかをしようとして、余計な鎖に足を取られる。今、その鎖を取ろうともがいている自分がいる。

素直に、やりたいようにやろう!と思い、再度選曲をし直すことにした。

仕事をある意味ブッチして、木村さんのライブを1週間で2回見る機会を得た。これは仕事の成果以上に、いろいろと私にヒントがもらえるチャンスだったのかも知れない。そのチャンスをムダにしないため、自分のものとするため、今夜もギターを握る。

ライブって、いいもんだ。本当にいいもんだ。

木村さん、函館さん・・・今夜もいい夜をありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

決断!!

年内最後の帰省。姫路は近いようで遠い。第一、兵庫県って以外と横長。神戸までは近いがそこからが遠い。手に入れた「ウルトラセブン」のCDを聴きながら、昨日ゴキゲンで帰省。オカンはお出かけ中。そそくさ置きギターを引っ張りだして弾く。

そういえば、前回帰省したのもボーナス出てから。5ヶ月帰ってなかった。せめて帰った時くらいと思い、些細な口論(笑いながらだが)をしながらいきつけの鉄板焼屋へ。

親子でエビを食べる。いつもエビだ。でも、ここのエビはでかくて美味い♪1時間以上、ウダウダしゃべりながらエビを食す。そして帰宅。オカンもカラオケの発表前、そして私もライブ前。オカンの「津軽なんとか」って歌を散々聞かされる。負けずに私もFGを弾く。深夜まで轟音と爆声が響く浜野家。いやいや、一戸建ては気兼ねなくていい。

翌日。それぞれお出かけ。ドライな浜野家。しかし朝から酢豚はエグかった(汗)。

001_69 本家に行く前に墓参りを。親父とも久しぶりだ♪

冬は花の持ちがいい。ザバザバ水をかける私。1年のお礼を墓前に報告、そして謝罪・・・。親父はあっちでどんな顔して私を見ているんだろう・・・(汗)。

親父もギター弾きだった。今日、じいちゃんがバイオリニストだったことを知らされた。音楽一家かよっ・・・。遺伝子というのは確実に伝承されるんだな・・・と改めて。

とある決断を・・・

スタッドレスタイヤを買い換えるという・・・

前に乗っていたタイヤははまらないという結論に負けた。オートバックスにて付け替え。愛車「ラクティス」のタイヤはかなりマニアックなサイズらしく、種類もなければ価格も高い。私はタイヤを必ず「ミシュラン」と決めていたのだが、今回ばかりはなす術なく、ブリジストンに。まぁ、効けばいいのだが。かなりの出費となった、イテテテテテ・・・(涙)

帰宅。甥っ子と姪っ子が走り回っていた(涙)「おっちゃんおっちゃん」と人気者。2階で同じように走り回る。しかし子供って成長が早い。姪っ子は前回見た時はまだ赤ちゃんやと思っていたのに、今や立って走り回っている。

主婦が旦那に怒る気持ちがよく分かる。仕事をしているのと子供の世話と、どちらが気を使うかといえば、間違いなく子供の世話だ。角で頭ゴツンせんかとか、走ってコケへんかとか、勝手に階段昇り降りせんかとか・・・部長の顔色伺うことなど、比べ物にならないくらいにカンタンだ。少しは嫁さんの苦労を理解出来る旦那になろうと、これまた決断。

と言うのも・・・

2日間に渡り、嫁さん候補の話を聞かされた。これは帰省毎のオプションとして付いてくる(涙)。仕方ないことだ。全部却下した。やはり相手は「自分と趣味が合う人」でないとやってけないよ・・・。心配かけてるな、と改めて反省。けど、顔も名前も知らない人と、いきなり会って、どんな話をせぇっていうんだ。「いい天気やね♪」なんてベタな会話が出来るような脳みそは持ち合わせていない。

オカンはおめかししてカラオケの発表会に行った。1時間後、置き手紙を1通残して私も京都に向かった。FG-160を京都に連れて帰ることにした。やはり、弾いてあげないと可哀想だ。

無事帰宅。散らかった部屋に現実を感じる。また明日から闘いである。頑張らないと。

今日は99ライブだな。いろんな思いを交錯させながらFGを磨いていた。時計は午後10時をまわった頃である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

夢と憧れ

001_68 つかのまの休日。本日は姫路に帰省の予定。

されど、疲れからかなかなか動こうとしない私。朝からギターを弾いている。迷惑な話だ。

爆睡してやろうと昨晩は目覚ましをセットせずに寝た。私は布団にもぐると5分しないうちに記憶がなくなる。ベッドの横にはハードケース。いつでもギターが目に入るようにしている。

ムニャムニャムニャ・・・・

午前9時。「うおっ!!」と起きる。夢で目が覚めた。久しぶりの珍事。

「責任者呼べ!」「・・・はい、どうされました?」「こら、われー、野菜炒めの中にパチンコ玉入っとるやないけ~。」「そんなアホな。」「アホやと~、ワシこれで死ぬか思たわ。どないするんじゃ~。」「うーむ・・・どないもこないも、ありえない話ですから。」「ワシがウソついとるゆ~んけ。」「そんなこと、考えられないことですから。」

クレームをくらう夢だ。スーパーではよくある話。先日あったクレームがまた頭に残っていたのだろうか?それも姫路弁まるだしの夢・・・帰省も頭にあったから、言葉まで・・。

いい夢を見たいものだ。起きている時は「妄想」という名の、自由自在の夢を描ける。

そういえば・・・最近「夢」がない。

◎◎さんとデートしたい。△△が欲しい。☆☆に行きたい・・・そんなこと、久しく思っていない。子供の頃はいろんな夢を持っていた。されど、大人になると「まぁ、どうせ無理やから・・。」と自分でリミッターをかけてしまう。

「憧れ」と「夢」は違うのか?私は今、夢というか憧れに向かって進んでいるのだろう。いろんな人のライブみて、「あぁ、あんなステージしてみたい。」「あぁ、あんなフレーズ弾いてみたい。」とか。憧れは、少し(かなり?)背を伸ばせば届くことなのかも知れない・・・ん?そうだろうか?

夢の一段ハードルを下げたのが、憧れ?これもまた違う。憧れも、そんなカンタンなものではない。

夢も憧れも、自分では手の届かないところのものなのだろう。そして、どちらも努力次第で手の届くものでもある(どう考えても無理なこともあるが)・・・ん?これも疑問だ。

学生時代からの「憧れ」であったバイク、ZZR-1100を手に入れた。その憧れも、今はカバーをかけられて駐車場に。それは、本当に憧れだったのだろうか?夢や憧れという言葉は、よほどのことがない限り使えないのだろうか?叶わないから夢であり、憧れなのだろうか?

夢や憧れというものは、決して「お金」では買えないものなのだろう。

「憧れのギター」「憧れのバイク」というのは、大人になって少し背を伸ばせば叶ってしまう。そう考えると、なんか寂しいな。

少年の心を持ち続けるということの、難しさ。大人になれば、忘れてしまう。

年末ジャンボで3億円当たった!憧れだったものを買い揃える。さぁ、その時にこの上ない満足感は得られるだろうか?きっと、虚無感に襲われるのだろう。

さて・・・どうしたものか。どんな夢を追っていけば、少年の心を取り戻せるだろう。到底叶わないことを思うのが「夢」なのか。

それもまた、寂し過ぎる。それはまた、虚し過ぎる。難しいな・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

平日は日曜日

ご存知、スーパーの男「ミサハマ」さん。青いジャンバー着て、ポテチ担いで働いております。土日は休めません。大忙しです。

そのため、平日に休みが多い・・というか、ほとんど平日に休んでおります。祭日は稼ぎ時です。もちろん、元旦も働きます。皆さんが働き始める頃、私はゆっくり休みます。

昨日のライブも、どうにか工面して伺うことが出来ました。平日だから成し得たことです。平日の機動力は自信がありますが、土日はなかなか厳しいのが現実です。

宇治に来てはや2年近く、昨年はほとんど土日に休んだことがありませんでした。今年になって、異様なくらいに土日に休みを入れております。ライブ観戦が主な理由ですが、休んだだけの価値はありました。いろんな刺激を受け、少しではありますが「音楽」に対しての造詣は深まったと思います。

2006_0924box0016 偶然にもライブと休みが合った

「ゆきまささん」のライブ。心動きました。

土曜・日曜ってものが、こんなに熱い時間を刻んでいるんだと思いました。ヒーヒー言って働いてばかりの土曜、日曜。世間ではこんなに素晴らしい時間が過ぎているのだと。

1人ライブを見ながらこう思ったのを今でも覚えております。

昨年のとある土曜日、34年間一度も行ったことのなかった甲南の地へ向かいました。そこから想像を絶する、熱い時間が生まれました。急激に見聞が拡がり、多くの仲間と知り合うことが出来ました。とある日曜日、大勢のお客様の前でつたないライブをさせて頂きました。日曜にこんな時間を、ましてや自分がこんな風に時間を過ごしているなんて、想像もしておりませんでした。

されど、あと数ヶ月すると私は少し、身動き出来なくなるかも知れません。

機動力のある今こそとばかりに動いております。昨日も「いざ鎌倉!」ばりに段取りカマしてライブに向かいました。理解ある上司に恵まれ、よき部下に恵まれ、私はある意味好き放題に動いております。小さい店ならではの良さです。

されど、大きな店に行くとそうは行きません。いろんなしがらみが待ってます。しかし、転勤族の私・・・いつ動かされるかは自分で決められません。社宅に入っているので、会社の言いなりに動かざるを得ません。

動かなければいいな。でもいろんなトコに行ってみたい・・・思いは色々。

今の環境は最高です。されど、そこでヌクヌクしているとダメになる気もします。

来月も数回、土・日に休みを入れました。不意にライブに現れると思います。出来るだけ多くのステージを見ようと思います。

何かを探しに、私はライブに行きます。知らない人ばかりのライブにも行こうと思っております。

試験の日の夜見た、あの「パルチザン」のステージのように・・・。

あ・・・追伸・・・

試験、見事「落選」!!

ある意味ホッとしました。努力した者が報われる。当然~☆年収上がらずっ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

走れ!奈良線

本日、一通のメールを頂く。私の心をくすぐるものであった。

午後5時からの私の仕事振りは、まさに「鬼」と化していた。怒涛のスピードで片付いていく仕事達。荷捌きから指示まで、そりゃまぁ驚愕のハイスピード・・・。

午後7時1分。スキャン~☆速攻で快速電車に飛び乗る。急ぐ私をあざ笑うかの如く、電車が停まる。「前の駅で踏切に侵入者があり、電車が遅れております。」しばくぞワレ!と思いながら待つ。待つ。待つ・・・動いた。急げ!!

は、走れ!奈良線走ってくれ~!!

結局、京都駅での用事は間に合わなかったが、湖西線にダイビング!!

ハックルベリーに着いた。

001_67 タさきフみえさんのステージに間に合った♪

入るやいなや、スコーンと響く歌が聞こえてきた。まさに「天使の○」。なんと心地の良いことか。

ギターの心地よい響きと、その声とがそりゃもう、会場に響く響く・・・。気持ちがいいという言葉で描くにはあまりにも陳腐である。爽快・・・開放・・・青空・・・いろんな表現を思い浮かべながら聞いていた。

しかし・・・ギターが気持ちいい。なんでやろ??

天井が高い会場やからか知らないけど、本当にステージから会場一杯に声とギターが届いて、跳ね返っていたような感さえあった。

私の机のキャンドルが「ジジッ」という音と共に消えた。

むむ、妖気か!?

002_15 待ってました~♪

木村三郎氏登場!!

本日のステージも、本当に熱かった☆その「熱気」は壁際の私にもジリジリと伝わり、熱くほてっていた。そんな熱気を求めて、私はまた木村さんのステージを訪れたのかも知れない。

もちろん、歌・ギター・ステージング・・・どれも大満足なのである。しかし、その「熱気」が味わいたかった。咆哮する木村さんを見ていると、今日仕事だったのを忘れるくらいに力が回復してきた。

少し仕事でバテていた私への「カンフル剤」になったといっても過言ではない。あれだけギターをかき鳴らす、あのパワーに感服するしかない。

深夜12時締めの仕事をするために、コソっと会場を後にする。帰り際、こちらもまた今年知り合った方とご挨拶。ライブ会場ではお世話になっている方である。今日も写真をガシガシ撮られていた。また見せて頂きたいものである。

帰りの湖西線で、ふと考える。

今年、誰も顔見知りのいない会場に2回、ライブを1人で見に行った。人見知りが激しく、恥ずかしがりやの私は、よほどのことがない限りは知り合いのいない会場に足を運ぶことはないと思っていた。されど、今年2回、足を運んだ。

「中村ゆきまさ」氏と「木村三郎」氏のライブである。

お世話になっている方々からこちら両名様の存在を聞き、それからライブに行った。そして今、1人でも、そして電車代やチャージを払ってでも行きたくなるライブの一つとなっている。

そして、そこで楽しんでいる私がいる。

行きたい!!と思ったライブは楽しめる。ライブってもんは義理や付き合いで行くものではない。ましてや義理や付き合いで誘うものでもない。残念かな、私はそんなライブをする力は持ち合わせてはいない。されど、やはり人を動かす原動力は、その歌うたいの「人間力」であり「熱意力」である。その原動力は、仕事を途中でブッチさせる程の力がある。

ライブってものの力に、改めて凄さと怖さを感じた。とてつもないパワーを秘めたものである、と思うとなんだかおっかない。されど、理屈抜きに楽しめる。それで良い。

今日ブッチした仕事は、明日・・・怒涛のように私を襲う。まぁ、良い♪

タさきさん、木村さん。いい夜をありがとう。今日の私は「ミサハマ8」まで上昇してます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

告知1発目!!

ミサイル濱野。本名:濱野景一。独身34歳。年収◎50万。兵庫県姫路市出身、京都市在住。趣味バイク・ヤマハギター・ライブ観戦・AV鑑賞・旅・アウトドア。京都産業大卒。初体験26歳。好きな食べ物鶏のから揚げ・ぜんざい。好きな言葉「気はココロ」。好きな女性のタイプ黒髪の似合う人。ギターの腕前下の中。歌の腕前論外。特技ポテチの高積み。

001_66 ライブに出させて頂きます。感謝!!

来年(2007年)1月14日(日)15:00~

滋賀県甲賀市甲南町

イベントカフェ「竹の音」

出演:アコギのミカ、桜井モトヤ、そしてマさん

チャージ前売(ご予約)1000円 当日1200円 軽食注文出来ますよ♪

アクセス:JR草津線「甲南」下車、徒歩10分。 オフコースお車でもご来店出来ます。

会場が、演者とお客様が一体となって「わ~っ」とあったまる、不思議音楽空間です。一瞬の隙も油断もありません。MC・突っ込みなんでもありの渾然一体音楽空間です。

アコギのミカさんは、インスト・オカリナと芸達者ライブ。衣装にも注目です。桜井さんは京都のライブバー「和音堂」でお見かけしました。物凄い歌うたいだそうで、非常に楽しみです。以上、見どころをお知らせしました。

え・・・?私ですか??有難いことに、歌わせて頂きます。

おそらく年末商戦が終わり、仕事魂は抜け切っていると思います。おせちやオードブルを1人で食べまくり、菓子やなんやを食べまくり・・・

ある意味、一番脂がのっている頃だと思います!!

この「竹の音」さんにライブ観戦や歌いに伺うようになって、まだ1年足らずですが、いろいろ勉強させてもらってます。こんな至近距離で凄い歌い手を見れる、聴けるってのは凄いことだと思います。お客さんであっても、油断出来ません。歌うたいとの距離が近いため、ギブ&テイクが物凄いです。それだけに、熱いステージが期待出来ます。

「まだまだ先やんけ。そんな先の予定分かるかい!」「その日曜はどこかにお出かけしようと思っているの。」「ミカさんの歌を聴きに行こう。」「桜井さんに会いに行くわ。」「忍者うどんを食べに行くぜ。」

どんな理由でも結構です(笑)。ぜひおいで下さいませ。

「オレはミサハマさんの弦斬りが見たい」「テンパるミサハマさんで笑いたい」「1曲くらいいい歌あるだろう。」「あいつ、何する気や?」

ど、どんな理由でも結構です(涙)。ぜひミサハマさんに会いに来て下さい。

もちろん、愛機FGを抱えて参戦します。その頃雪が降らないことだけを祈ります。新春の「竹の音」で、おしくらまんじゅうしながら素晴らしい歌・漫談を楽しみませんか?きっと、あなたにとってのいい2007年のスタートになりますよ♪

やっと選曲が完了。後はひたすらの練習と仕込みだけです。頑張ります。

1月14日、「竹の音」でお会いしましょう!!

写真提供:デニムさん(ありがとうございます)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

玉虫色

001_65 ピックアップを外されたAPXを引っ張り出す。サウンドホールの他にも穴ンコが2つポッカリ。それでもしっかりAPXの生音を出している。本当はバラして、組み立ての練習台という運命だったのだが、そのまま弾くことに。指板にCDEF・・・とシールを貼って、某なお○さんがしてたみたいな指弾きの、練習専用にしようと思っている。

最近復活したFG-180。こちらもやはりFGの音を出す。あのなんとも言えない懐かしく、そして熱い音を出す「赤ラベル」がやはり好きである。独特の音である。

「ギターは何十年と弾いていかないと鳴らない」というのが定説である。ギブソン・マーティン・もちろんヤマハもそうであろう。高級モデルほどそうである。木材がじっくり乾燥し、弾くことにより馴染んでいく・・・この行程でいい音が生まれる。当時の廉価版だったFGも、今では信じられないいい音を出す・・・価格は関係ないかも知れない。

されど、最近のFGは初めからいい音を出す。「以外やなぁ~」と思う。音量もあり、以外なくらいに鳴る。これは、「即戦力化」を目指した結果なのだろうか?世間の流れに受け入れられやすくするための戦略なのだろうか?

頑固に自分の意思を貫く職人さんが不足している・・・。団塊の世代が大量退職する今、熟練の技術が失われるのが問題となっている。効率を考えて、大量に製作しコストを抑える。効率を考えるとやはり失われる「こだわり」。それなり・・・という言葉で済まされることがこれから多くなるのだろうか?

強い者に迎合する・・しなくてはいけないサラリーマン。スーパーも同じ。人件費が一番大きい経費である。人件費減らしてサービスレベルを落とすな、というのは本末転倒である。強い者になびいては行きたくない。されど、それはいつの日にか「評価」という形でプレッシャーとなる。

サラリーマンになりたくない=玉虫色になりたくない

されど、玉虫色の人ほど出世する、大事にされるのが世の中。こだわった職人肌の社員がどんどん干される現状が、本当に悲しい。されど、私も身を固めればそうなるのだろうか?

私は組織向きではないのかも知れない。今の一番のプレッシャーはそこである。

そのうち私も会社から煙たがれるのかも知れない。それでも、自分の信念は貫きたいものだ。もちろん、いい意見は取り入れる。アドバイスも大歓迎だ。

ただ・・・信念だけは最終防衛線と考えている。それを曲げると、今までついてきた者が哀しむ結果となることはよく知っている。

だから、FGにこだわっているのかも知れない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

年度目標

休日出勤。予定では14:02の普通電車に乗ることに。

仕事場を離れたのが14:15。電車は無理だ・・京滋バイパス方向へ・・・・・渋滞だ!!

結果、間に合わず。途中、無念の帰宅。そのままダウン。結局、仕事場とうちで1日を過ごす。

これほど嫌な休日はない。出歩かないと死んでしまう私だから、しんどくても出歩くようにしている。されど、さすがにバテていたのか、店でも「顔色悪い」「今日は一層人相悪い」とボロクソ♪このまま4連勤か・・・と思うと体は鉛のように重い。

来年度の年度目標「ライブ観戦の打席を増やそう」

昨日、長渕のライブビデオを見ていた。指先がアップになり、一つの技を見つけた。実際にしてみたら、少し出来た。嬉しかった。ギター弾きの方なら、この喜びはお分かりだと思います。

この「小さな」発見が、私には足りない。表舞台に立つには、まだまだ力不足だ。「弾けない・歌えない・安心させない」の3ないライブの私。やっぱ「時期尚早」である。

おまけに日々の練習が足りないせいか、いつも焦ってしまう。そして焦りが緊張となり、ライブをブチ壊す。焦燥感に追われることに弱い私。どっしり構えられない。

001_64 初めて音楽で頂戴した「出演料」。

もったいなくて、開封できずにしまってある。人様からお金を頂戴出来るライブなんて、まだ私には出来ない。「値打ちあったわ~」と言われるライブをしたなら、堂々と「使わせていただきます♪」と言えるのだが、まだ使えない。

甲西駅や八幡駅で歌っていた頃に比べれば、少しはマシになったとはいえ、まだまだ聞いて頂くには完全に「役不足」である。他のミュージシャンの力を見るたびにそう思う。レベルが格段に違いすぎる。

だからこそ、いろんなライブ見て、練習して、実戦に向かわねば。やはり根本である「基礎」が出来ていない。だから努力をしないといけない。だから、今日もギターを握る。

幸いかな、指導して頂ける方々に恵まれ、私は日々練習をしている。「いらっしゃいませ~」という時ですら、口の動きに注意している。ギターも悪戦苦闘しながらも、照準を合わせて邁進している。年が明ければ、またスタジオに篭ろう。

今は1・14のライブに照準を合わせ、それ以降はライブ観戦を主に置くことに。最前列に陣取り、何かを盗もう。そして、いずれ自分の力になるよう、取り入れて練習してみよう。

実戦も大事。されど、まず基礎工事だ。今の私の基礎では、震度1でも倒壊するだろう。

とある師匠に「多く打席に立ちなさい」と。確かにそうだ。実戦こそ全て。されど、今のままでは、いかんとも・・・。打席に立とうにも「技術」がない。いくらいいSSKのバットがあっても、振れないと意味が無い。素振りこそ野球の基本、と同じ。

いつか、この封筒を「ありがたく♪」と使えるように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界から「まいにちのうた」

昨日・・米原での出張。遠いわ!!米原は遠い。そこから宇治まで急降下。

そりゃ・・・えらいわ!!ホンマ遠い、米原は・・・

とにかく無理にでも寝ようと、おでんと飲めない酒飲んで寝ることにした。

ムニャっと起きた朝。休みなれど、またまた仕事が生まれた(涙)ん?メールが来てる。

この「まいにちのうた」へのコメントが来ていた。なんと遠くアメリカから(驚!!)

001_63 遠くサンフランシスコの空から、この「まいにちのうた」をご覧下さっているそうである。その方もFG愛好家で、FG-150や180という「赤ラベル」弾きだそうである。

なんと嬉しいことだろうか。

私は決してプロのもの書きやないし、あくまでも日記・レポート・愚痴・泣き言を綴っただけのこのブログを、多くの方がご覧下さっている。全く面識の無い方も多く、メールやコメントを贈っていただくこともある。

されど、まさか異国の地からも見て頂いているとは・・!!これもまた「FG」の力である。FGが繋げる縁である。

もう、嬉しくって嬉しくって・・・!!

この場を借りて、ご覧下さっている皆様にお礼の気持ちをお伝えします。本当に皆様ありがとうございます。

その方も、異国の地で闘っておられる。私には真似出来ない。多くの仲間と笑い、楽しみ、支えてもらいながら闘っている私。まだまだヘコタれる訳にはいかない・・・というか、まだまだ私は環境に恵まれている。それに、30数本というヤマハに囲まれて暮らしている。これほど恵まれた環境も珍しいだろう。

頑張らんと!!

ついつい自分だけがしんどい・・・とか思ってしまう。情けない。山のような荷物、ボロボロの売場を見るとついつい「なんでやねん。」と思ってしまうのだが、泣き言を言ってても荷物は減らない!と昔、上司に言われたことがある。その通りだな♪

遠くアメリカの空へ届けます「まいにちのうた」。本当にありがとうございました。うっとこのFGも、元気です!!

中国へ異動!?・・・そんな声も聞こえてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

追われるもの・・・

疲れた。

さすが年末だ。忙しい。毎日何かに追われている。

得体の知れないプレッシャーが、私に重くのしかかる。

寝たい。されど仕事が襲ってくる。容赦なく押し寄せる仕事。

ギターを弾いても、全然弾けない焦燥感が襲ってくる。

・・・

ギターやめたい。仕事も辞めたい。

・・・

相変らず、歌もギターもヘタッピだ。

・・・

仕事辞めちゃえ!!1人もんやし誰も困らない。

・・・

そうすれば楽になるだろう。

楽になるのだろうか?

楽チンはいいだろうな。

楽しいんだろうか?

それはそれで、つまんないだろうな。

帰っても、頭痛は増すばかり。

頭痛ぇな。

こんなん書くコーナーやないんやけどな。たまにはいいか。

疲れた。

・・・追伸

2時間後。

これではいかん!!

おでんを買いに。ホッカホカのおでんで少しホッコリ♪

大丈夫。オイラはまだまだ元気だ!!

001_62

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

大人のクリスマス

001_61 このブログの管理をしている「ニフティー」のメンテナンスのため、2日ほどお休みしておりました。お待たせしました。本日からまたスタートです♪

さて・・・

世間はすっかり「クリスマス」の雰囲気☆

今年もまた「一人ぼっち」のクリスマスが決定したミサハマさん(涙)誰か一緒にクリスマスを祝いませんか~・・・もっとも、夜中まで仕事ですが・・・

オホン・・

クリスマスの前に、大人にとってのクリスマスプレゼントが今日届きました。待ちに待ったプレゼントです。やはり気になります。楽しみです。そう・・・

ボーナス!!パンパカパーン♪

明細を開封するその瞬間・・・目線は一直線に「総支給額」へ向かう。手取りなどキニシナイ。瞬時に頭の中で計算する。「あれにあれだけ引かれて、あれにあれだけかかって・・。」そういう時ほど頭はよく回転する。

ギターのローンはこれで全て終わる。バイクのローンはそれなりに引かれる。貯金でがっぽり引かれる(涙)・・・意外と残らないものだ。店長に「増えたか?」と聞かれるも、前回の冬のボーナスの額を覚えていない私にはチンプンカンプンである。

これで30数本のギターが、晴れて私のものとなった!!

さて・・・少しだけ残ったボーナス。どないしよっかな~と考える。オークションを物色・・・

「そういえば、○○ちゃん。カバン欲しいってゆうてなかったっけ?」「いいよいいよ、高いし。「なんぼなん?」「10万円「そっか。でも、クリスマスくらいはな。」「え!?「いっつも倹約してるやん、○○ちゃん。1年に2回くらいは贅沢してもバチ当たらへんて。」「マジで~!?「ええやん。さ、伊勢丹行こ。」

「これやねんわ~。「カワイイやん。似合うで」「ほんま~、でも高いなぁ~。」「ええやん。ボーナスなんやから。毎日頑張ってくれる○○ちゃんへの、オレからのご褒美や。」「ほんまにええのん?」「ええっちゅーに。買わへんのやったら、ギター買うで。」「もう部屋入らへんやん。」「じゃ、それに決めなよ。」「いや・・・そしたらもう少し見るわ。」「かまへんで。」

「うーん、難しいなぁ。いざとなったら決められへんわ~。」「欲しいもの探す時の顔っていいな。キラキラしてるわ。」「何ゆーてんの。」「いや、ホンマに嬉しそうやさかいにな。」「そりゃそうやわ。」「ゆっくり探しや。自分のほんまに欲しいのん選びや。」「ありがとう。」

どこまでいくんや??

「やっぱり、これにしよっかな~。」「さっきのんがええんちゃうん?」「景ちゃんそう思う?」「でも、自分の好きなんにしぃや。」「うん。そしたらこれにする・・・あ、ちょっと高いわ。」

ええっちゅ~に!欲しいのんが一番や。」「そしたら、これにするな。」「いらっしゃいませ。プレゼントですか?」「はい、そうです。包装してもらえます?」「クリスマス用にラッピングさせてもらいます。」「お願いします。」

「ちょっと○○ちゃん、他の売場見にいってて。」「なんで?」「後はお会計だけやし。他のん見といでや。」「分かった。じゃ、服見てるわ。」「後で行くわ。」

まだまだ行くぜ!!

「すんません。そのカバンの中にこれ入れてもらえます?」「お手紙ですか?」「そうですねんわ。サムいですかね?」「いえいえ、喜ばれると思いますよ。」「そうですか。じゃ、お願いします。」「はい。」・・・「では、12万6000円になります。」「はいはい。」

「お待ち~。」「帰ってから渡してね。プレゼントみたいに。」「そうか。ほな、そないしよ。」

・・・・・

「あーしんど。やっぱり家が一番やなぁ。」「じゃ、ケーキとケンタッキー持ってくるね。」

照明が落とされ、イルミネーションが輝くツリー。机にはキャンドルが2つ。

「じゃ、これ。メリークリスマス!!○○ちゃんへ。」「ありがと~。」「さて、ケーキ食べよか。」「待って。」「ん?」「これ、景ちゃんに。」「え!?」「私からのクリスマスプレゼント♪」「うわ~、手編みのマフラーけ?うわ~、うわ~。」「嫌?」「いやいや、めっさ嬉しいわ。ずっこいな~、隠してるて。」「ヘヘ~。」「こいつぅ。」サムッ・・・

こうして、二人の夜は更けていくのでした・・・とさ。その後は・・・

大人のクリスマス!!

・・・・・

明日は会議。現実は厳しい。以上「ミサハマ小劇場」でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

復活のFG-180

先日届いたFG-180。’69モデルの横ロゴ「YAMAHA」の逸品♪

届いた箱を開ける時はいつもドキドキである。ハードケースを開けた時・・・

き、きちゃな~

001_59 楽しいくらいに状態の悪いFG-180。汚れがヤニっぽく塗装にこびりつき、かなりひどい状態。ペグはサビサビ、ネジも錆びて弦も「いつのん?」てくらいのサビ具合。

さっそく手術開始。まずは全体をじっくり眺めて、内部を内視鏡のようなもので探検。うぁ~中もほこりだらけ・・・汚いなぁ~。よほどほったらかしでいたのだろう。

ピックガードをひっぺがし、サドル・ピン・ペグ・ブッシュ全てを取り払う。そして磨きに入るのだ。

ブレイシングは剥がれもなく良好。板に割れもない。丈夫に出来てるんやからしっかり手入れさえしてあげればまだまだいい音出すはずである。

アヤハで売っている家具磨き材でしこたま磨く。白いタオルがどんどん茶色くなっていく。みるみるツヤが戻ってくる。ラッカー塗装のギターと違い、安物ギターは手入れが簡単。「汚れとりつや之助」皆様も使ってみて下さい。

003_9 ペグ等金属部品はあまりのサビの多さに閉口。

完全分解してお馴染み「CRC」をたっぷりスプレーして、1日ほっておく。サビや汚れが浮き上がり磨きやすくなる。

しかし・・・どうやったらこんな錆びるんやろ・・・ってくらいに錆びていた。指板の減り具合から見て、けっこう弾いてはったんやな~と推測出来る。表板やネックも傷が多い。こういった状態のギターは、いい音を出してくれるという期待が高まる。

オークションで「新品同様」ってギターは選ばない。いい音が期待出来ないからだ。

004_3 磨き倒したボディーに気合いを入れる行程。ボディーはすっかりピカピカになった。とても入荷時の状態が信じられないくらいである。

本来ならオイル塗って天日にさらすところだが、あいにくの天候のために「強制乾燥システム」を稼動させることに。まぁ、除湿機で強引に乾燥させるだけだが・・・。

湿度が40%くらいになるよう、システム(ダンボール箱)をセット。数時間この状態で気合いを注入。だいたい、オークションで手に入るギターはケース等にしまわれていたものが多く、ケース内の湿気にやられているからだ。ただ、やりすぎると割れる恐れがあるので、ここだけは目が離せない。

丸2日かかって、磨き&乾燥の行程は終了。昨晩ライブ観戦と仕事を終えてからいよいよ組み上げ。やはりきれいなパーツ類は気持ちがいい。金属部分はもちろん「ピカール」と1500番のペーパーで、すっかりキレイに。強固なサビは少々残ったのが残念だ。

002_14 005_4

どちらが使用前・使用後かは一目瞭然であろう。

やはりキレイなギターは気持ちがいいものだ。あとは、弾いてあげて本来の力を取り戻させるだけである。

このFG-180ってギター。まことに大きな音が出る。下品な音であるが、本当に懐かしい感じの音を出す。

我が家にはFG-180が4本ある。’66・’69・’72・’95の4本だ。

どれもそれぞれ音は違うが、ハズレはない。どれも私の大好きな音である。私のFGコレクトの原点はこの「FG-180」である。評価はそれぞれだが、私は好きだ。それでよい。

本日出勤前、さっそく試奏。

ん~

これこれ。FG-180の鳴りである。朝から迷惑な「破裂音」であった!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ひがもりすと

日曜やのに休み。お歳暮の早期割引ピークの今日は、絶対に休んではいけない日と位置づけられているわが社。

休んだよ・・・。

午前は個人的な用事を済ませる。昨晩から今日の昼まで、どたばた。されど、いい出会いはあった♪それは収穫だ。

午後1時半、飛んで帰って仕度。一路甲賀市「竹の音」へ向かう。本日は「竹の音」にひがもりが登場。ヒガモリスト*注1の私としては行くしかない。午前の用事は建て前、本当は午後からのライブに照準を合わせた休みであった。

2006_1203box0006 トップは「とっちゃん」さん。

おぉ、カダフィーさん、少年Aに続く「ヤマハさん」だ♪う~ん、いい音。ギターうまいなぁ~。やっぱモデルチェンジする前のLの方がいい音するんだよな~。

ブルースから爽やか系まで、楽しませてもらった。若干緊張はみられたものの、MCも笑いをとって(笑わせる=MCの公式になりつつあるなぁ・・)いいステージだった。

練習したんだろな~。・・・・・私も頑張らないと!!

そして、出ました♪

001_58 ひがしのもり

参上!!

う~ん、やっぱりいいなぁ。tukiさんのボーカル。あの「泪○」さんが褒めちぎっただけのことはある。いいよ、スワーっと伸びるtukiさんのボーカルはいい♪

MCは不仲説を確信へと導くものであったが(笑)、そのグダグダさがひがもりである。tukiさんが必死やのになおっちが適当にあしらうところが「ひがもり流」。

「つないだ手」「空を見上げて」が聞けて大満足。「かぎしっぽ」ではなおっち新アイテムまで登場。引き出しの多さを実証。ええのぅ、うらやましいのぅ。

ルミナリエの会場でひがもりがライブすると、すんごいピッタリやと思った。私が神戸市長に当選したあかつきには、ひがもりライブをルミナリエ会場の東遊園地で実行します(公約)!!姫路市民やけど、私・・・

堪能した。まったりした。ひがもりありがとう♪休んだ甲斐あったよ~。網走に飛ばされようが、後悔はないよ~(笑)。

トリは美馬さん。大阪でライブハウス(バー?)を経営されている。

Mima 熱い人だ。歌で伝わってきた。

声がいいよ~。私の好きな「声」である。ガシガシと歌が伝わってくる。聴きやすいし、演奏スタイルもカッコいい。見習わないと・・。

GUILDのギターは硬めながらにしてぶ厚い音を出していた。声とよく合ってるなぁ~と感じる。ウンウン、凄い人だ!!

MCで出てきた「バナナホール」の件。久しぶりに思い出した。どうなったんだろ?と思っていたが、最近話題に出てこなかったので忘れていた。在阪のライブハウスとして、やはり心配されているようだ。

いや、しかし・・・いろいろ学ぶことは多いものの、なかなかそれを吸収出来ない己の力不足が恨めしい。毎日ギターは触るようにはしているものの、最近のハードスケジュールに押されて、まともに練習も出来ない。しかし、ライブを見る度にきっと何かは吸収出来ているはずだ。また明日から頑張ろう!!

そう思いながら仕事に向かった(涙)。

さて・・・最初の方で出てきた「*注1」のヒガモリストってところですが・・・。

皆様がご利用の「mixi」のコミュニティーに、その名も

higamorist!

というコミュが立ち上がりました。別段ひがもりに「メジャーになれ!」とか「武道館一杯にしろ!」とかを押し付けるコミュではなく、滋賀でバリバリ活躍しているこの素晴らしい女性デュオを、もっと世間にさらしもの知らしめよう、という趣旨のものです。ライブ告知やライブの感想、そしてひがもりへのメッセージ等を受け付けるコミュです。

自由にトピックス立てたり、書き込みしたりして下さい。もちろん、どなたでも参加出来ます。参加特典としましては「ひがもり」のサインが会えばもらえます・・・ってくらい!?

もちろん、ひがもり「非公認!!」公認してね

ひがもりは・・

滋賀・甲南町「竹の音」・東近江市「太子ホール」・竜王町「ロッキー」「コカブ牧場」で、コンスタンスにライブ活動しておられます。そして「竹の音」のTAKEさん達と「奏」というユニットでも活躍されております。いろんなミュージシャンのサポートでもお目にかかることも多いと思います。京都「和音堂」にもしばしば出演されてます。

目指せ、20人の「higamorist!」

ガンバレ「ひがしのもり」!!

便乗告知:来年1月14日(日)「竹の音」に私、ミサハマ出ます!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

新たなる決意

001_57 貴方も大金持ちになれます!!

この「ベ○・タ○・ルゼ」のネックレスを着けると、不思議なくらいに幸運が訪れます。着けたその日から、きっと貴方は自分の人生の劇的な変化に気づくでしょう!!

愛用者のメッセージです。

京都府在住のミサハマさん(仮名)

「いや~、あのネックレスをつけたその日に勢いで会社辞めました。なのに急に美人の彼女をゲット出来ました。勢いで起業しました。それがなんと大当たり!不思議なくらいにお金が舞い込んできましたよ♪一時は破産寸前まで追い込まれた私ですが、今ではツーベン転がして、イカした彼女とウハウハですよ~」

・・・

って男性誌の広告に載ってそうな財布の厚み。もちろん、自分のお金ではない(涙)

1日の夜、部門のパートさん達との「忘年会」かれこれ2度目の年末だ。少し遅れて行った私を待っていたのは、30半ば~40半ばのお嬢さん達の熱い洗礼・・・。もうすっかり出来上がっているその光景は、まさに・・・

過酷!!

男1人では太刀打ち出来る術もなく・・・あえなく餌食になる。いや、女性のパワーって凄いなぁとしみじみ思いました(痛感いたしました)。

そういや、昨晩も深夜までひがもりの二人ともっちゃりトークしていましたね・・。

他にお客さん大勢いるのに、シモネタ満開☆私赤面・・・。酒もどかどか運ばれてくる。ギャハハハハ~と恐ろしい笑いが響く。このパワーが、うっとこの店を盛り上げてきたのだと思うと、私は涙が出そうであった。

この人達と出会って2年近い。おどおどした表情で売場に出て、不安と戦いながら仕事をしていたあの頃の面影はない。すっかりたくましく成長し、私の満足するレベルにかなり近づいた。かつて、こんな凄いメンバーを持った店はなかった。この人材の豊富さは、まさに三国志で言う「魏」の国。曹操配下の豪傑達と言っても過言ではないだろう。だからこそ、うっとこの部門は22ヶ月連続予算達成という、偉業を成し得たのだと思う。

それ故に、私は退くべきなのだと思う。まだまだ教えることは多いが、いろんな風を通して、この人達のレベルをさらに高める必要がある。私流ばかりでは、いつか頭打ちする。それでは、あまりにも惜しい人ばかりである・・・というか、惜しい人ばかりにしたつもりだ。

お会計・・財布の中身をゴッソリと持っていかれた(涙)でも、それでいい。この人達と別れる時、次の主任さんに自信を持って引き継ぎたい。

「この店のパートさんは、私の自慢です。」と。

このメンバーと別れる日は必ず来る。私の事は忘れて欲しい、次の主任がやりづらいから。ただ、私の教えたことを活かしながら新たな風を取り入れ、さらにたくましく成長して欲しい。私は、そんなみんなを助けるべく、偉くなってやる。みんなを影で助ける役職を目指す。

書いていて、涙が出てきたのでこの辺でやめときます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

カニ娘

30日夜、鍋会が開催。なお○っち宅にて。私の休みの都合で平日開催となり、皆に迷惑かけたなぁ~と反省と感謝。

カニすきと炒め物とお菓子のバトルロイヤルは始まった。ビジュアル的にだんだんグロくなる鍋をつつきながら「即席!生音ライブ」

005_3 003_7 004_2

いろんなユニットが登場。

さわださん、大車輪の活躍。ミカさんのカホンがいい感じで。私も1曲手伝って頂きました♪感謝!!

しかし「ひがもり」恐るべし!

みっちょん、楽しげに歌ってたなぁ~。やはり「楽しんで」こそである!

あすもさん、歌うまいやんかいさ~。うむむ・・・

私?ミサハマさんも一応歌いはりましたが、聴くに耐えれず省略!!これほどまでに歌が覚えられてないとは・・・情けないったりゃありゃしない。反省・・・

口の開け方等、教えてもらったことがまだ全くといっていい程身についてません。緊張はさほどなかった・・・ということは、完全に努力不足。いたずらに歌っているだけでは練習にならない、と。またスタジオに篭る日々が来る予感。でも、これでいい。

出来てないなりゃ、やるのみだ!!まだ1ヶ月と2週間ある。

結果、生音ライブ以上に「トークバトルロイヤル」が激しくなり、私の人生が赤裸々にされてしまいました(涙)。されど、こうやって同じ釜ならぬ鍋をつついての会合(?)は非常に有意義であり、楽しいものであり、勉強になります。

あ、お一方ご意見番的方の紹介を忘れてました。

紹介します

001_56 カニ娘♪

ドン☆

いつもオチに来てもらって、ゴメンね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »