« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

こだわりのある男

Fg2000_1 FG決算棚卸をしてみよう(セールはしない)

FG-180が3本。FG-150が2本。FG-350が2本。

FG-110・140・500・2000・230

FG-160・450・600S・250J・350F・400J

FG-151・201・401・401W・400D・730S

忘れちゃならないTHE FGX

集まったも集まった25本!!

アホですわ・・・

しかし、よく聞かれます「なんでFGやの?」「それだけの金あったらギブソンのええのん買えるで?」と。25本中、6本は1万円程度。あとは2万~35万まで多種多様。たしかに合計すると・・・’60年代のギブソンを買える金額になるなぁ・・・。

ん?やっちゃったかいオレ・・・(汗)

けど、やはりスタートが「YAMAHA」でしたんで。その道を進もうと思いまして。まぁ、ある種の「こだわり」ですかね?と同時に「日本製」てのにもこだわっているのかも知れません。

いろんなギターを弾いてきた方々のご意見は本当に素晴らしいです。ついていけません。もちろん、ギター弾きとしてはそちらの方が広い見解を持てるのでいいと思います。私も本来はそうありたい、と。

されど・・・私は思います。「ヤマハ使いは少ない」ヤマハ党の私は非常に悲しい。ライブを見に行ってもヤマハさんは数えるほど。ライブでヤマハ使ったはる方を見ると涙が出そうになります。インディーズシーンでは、本当に見ないなぁ~・・・だからこそ、私はFGに、そしてYAMAHAにこだわりたい!!と。

確かに・・・音はいまいちパッとしません。こと’70のFGに関しては賛否両論です。激鳴りという声もあればちゃっちいという声もあります。’70年代のヤマハの音は「下品」です。されど、力強さがあります。高度成長期を迎えたあの元気な日本の姿がこもっていると思います。だから私はその時代のFGが大好きです。

私も来年には35歳になります。四捨五入すると40歳です。85歳で死ぬ私には、あと50年という年月が残っております。そろそろ「大人のこだわり」を持った人間にならないといけないのかな~と思う今日この頃です。あと50年で、このFG達はどんな音になるのか・・・楽しみでなりません。

今の日本には、元気がありません。だから私はよぼよぼになるまでこの’70-FGを弾き続けるでしょう。棚卸をして、居並ぶFG達を前にしての決意でした。

・・・ギブソン欲しいなぁ~

本日より、飲み会2DAYS。では、出陣♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

また増えた・・・

001_55 「小傷あり」「美品をお求めの方はご遠慮下さい」

安ければいい♪

ミニサイズギターのFGが今日到着♪その名も

FG-Junior

子供用のような小さいFGである。やのにいっちょまえに「赤ラベル」なのだ(笑)

音はさすがに・・・ちゃっちい。音量はあるわけなく、ペチャっとした音である。作りもザツい。まぁ、小さいながらにまぁ鳴る方かなという感じだ。

2年前、北海道に行く際にミニギターを買った。3000円くらいやったかな?されど、まったく音になってなかった。コード押さえても全然オンチ。ま、飾り的なギターやったんだろう。その印象があったので、いくら安くても手を出さなかったのだ。されど、あまりの激安ぶりに思わず勝負してしまった。というか、他に入札もなく、同等の価格で手に入った。

それに比べれば、はるかに「ギターの音」がする。

ちょっと車に乗せてとか、バーベキューにとか、忘年会とか・・・いいかも知れない。

でも、さすがにこれは「ナットやサドル」を交換したりはしない(する意味もない)。ペグはまた磨けばいい。くすみなんぞ、すぐピカピカになる♪

いつの日にか、わが子にこのギターを持たせて、親子でセッションだ♪

「お父さん、ボクG押さえれるよになったよ。」「ほーかー、やるなー。いいぞ景太郎。」「あなた、あんまり景太郎に無理させちゃダメよ」「分かってるって。」「おかーさん、ほら、こうすると半音上がるんだよ。お父さんに教えてもらったんだもーん。」「まぁ、おりこうさん」こらこら、お父さんより上手くなったらダメだぞ。」「ほらほら、スライド~」・・・・・(汗)」

おっとっと・・・(汗)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

とある夫婦の物語

「ただいま~♪」「あなた、おかえり~。」「おっ、いい匂いしとるな。」「今夜はお鍋よ。」

ドアを開けると食卓には卓上コンロ。そこにドッカと土鍋が居座っていた。湯気はお鍋の美味しさを表現するに充分すぎる演出である。

「いや~、疲れた。はい、ボーナス。」「ご苦労様。明細見ていいの?」「おぅ!」

得意気な景一。それもそのはず、今回のボーナスは満額である。ホクホクの明細とホクホクのお鍋は、その場を温めるのに充分すぎる演出である。

「お疲れ様。」「今日は二人で祝杯だ!」「何の?」「ボーナスバンザイのかな。」

普通の人には痛い会話だが、新婚の二人には痛さなど微塵も感じられないであろう。はふはふとお鍋をつつきながら、二人だけだが、楽しい晩餐は続く。

「私もビールもらおかな♪」「おぅ、飲み飲み!」「女房酔わせてどうするの?」「強いやん、○○ちゃん」「あ~、ひど~い。」

鶏肉が美味しい鍋だ。鍋は人の心を暖かくする。「団欒」って言葉に一番合う料理は、お鍋なのかも知れない。

「そろそろうどん入れようか?」「そやね。」「29円のうどん、投入~!」「ボーナス出たんやさかい、讃岐うどんくらい入れようや。」「だめ、倹約倹約。」

うどんが投下され、二人の鍋パーティーも佳境に。ずるずると食べる二人の時間は過ぎてゆく。

・・・・・

001_53 売場で「鍋コーナー」のチューンナップを。

私イチオシの「とり野菜みそ」を陳列。商品を並べて見ているだけでこれだけのストーリーが浮かぶ。

オレって天才!!

堅田から飛ばされ、一路北陸へ。北陸で出会ったこの味「まつや とり野菜みそ」。当初は北陸限定であったが、私の熱烈ラブコールで滋賀でも販売出来るようになった。

我が店だけ、特別価格で展開(えこひいき満開)。

ただのみそ鍋じゃないんですわ。すこしピリっとくる美味しさ。私はこれでうどんや豚汁、みそ焼き等を作ります。

厳しいのは、1回の鍋で2~3袋いること。けっこう高くつくかもしれない(600円くらい)。されど、試す価値はおおあり。ぜひお試しあれ!!

さて・・・夢の続きを・・・♪

「こら、濱野。このみそ鍋の利益率は?」「え?え~と○○くらいですわ。」「そしたらこれをどんなけ売るんや、今週?」「え?そうですな。○○コくらいッスかね?」「それで予算行くんか?」「いや~・・・・・・・・。」

こんな夢もよく見ます(正夢)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

作詞ネタ探しの旅

試験も終わり、気分はすっかりクリスマ・・いや年末商・・いや、

ライブ対策(汗)

ビギナーズ・ラックに助けられた前回のようにはいかない。前回のライブ終了後に指摘をいただいた点に、やっとど真剣に取り組める。くそ・・・試験さえなければ。お風呂でギャーギャー叫んで練習。まだよく動かないし、油断をすれば今までに戻る。改革をしよう!と決意した限りはやり遂げなければならない。まだかかりそうだ。

どこかの郵政民営化反対議員の復党のように、すぐにコロっと変わるようじゃダメだ!

そしてギター。全然弾けていない。勢いだけでなく、しっかり聴けるギターでないと。

そして・・・セットリストを決めなくては。そこには大きな致命傷が・・・

歌える「持ち歌」が極めて少ない

よし、1曲だけ新しい歌を作ろう。しかし、なかなか曲なんぞ出来るもんではない。

そこで・・・少し気分を変えることに。試験勉強(1日だけ)で腐った脳を癒すため、少し暖かい今日の夜に、バイクを転がすことにした。

001_54 mixiの紹介文で紹介されているように

「冬には乗らないバイク野郎」の私です。しかし、バイクは大好きなので、少しでもあったかい日は乗ります。

ゴワワワ~とエンジン音を響かせて、ZZR-1100は鳥羽街道を駆け抜けます。烏丸通りをズババババ~ン。河原町の雑踏の中をゴワ~ッと走ります。

河原町には人が溢れています。くそ寒いのにミニスカートで腕ほりだしている若い衆や、大好きな巻きスカートにブーツ姿の女性、スーパーサイヤ人の様な髪の兄ちゃん・・・いろんな人々が歩いておりました。

私の近所は午後9時にもなると静寂が訪れますが、河原町ではまだ昼の様です。同じ京都でも、いろんな光景がございます。

1時間ほど、京都をまわっておりました。思いついては携帯に録音し、消しては録音し・・・断片的に、いいフレーズがうかんだら録音しておりました。

イメージすら湧きませんが、いくつかの破片は見つかった気がします。後は鼻歌攻撃で音を拾っていくだけですが・・・そううまくはいきません。

11月・12月、あといくつライブ見れるか分かりませんが、行く先々でいろんな刺激を受け、いろんなヒントを頂いております。ゆきまささんの熱さ、木村さんのパフォーマンス、奏さんのパワー、東森の○○○○○・・・多くのミュージシャンのいろんな刺激を、自分流にアレンジ(出来れば苦労しない)。前回とは違う何かを・・・ど真剣に考え中。

あぁ、試験もこれくらい「ど真剣」に頑張れば受かってたんやろな~(未練タラタラ)

いかん!!邪念が・・・。まぁ、ぼちぼちと。まずは体調管理だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

真面目に不真面目

昨晩のライブを見た後、帰りの京阪電車でいろいろ考える。

完璧に満足出来るステージって、あるのだろうか?これは演者サイドの話。

「やりきったぞ~」という満足感はあるだろうが、あそこはああやった方がいい、とか、あの場面ではあれやったなぁ~、とか・・・きっと、何か悔やむ点は出てくるだろう。

されど、お客さんには伝わらないであろう、そこまでは。お客さんとしては「その歌が好きか?」「その声が好きか?」「そのルックスが好きか?」「その歌詞が好きか?」・・・捉え方はまさに十人十色。そのどれかにあてはまれば「満足」なのだから。

お客さんはある意味、そのステージを映し出す「鏡」のような存在。いいステージにはいい表情で、あかんライブにはつまらなさそうな表情で。

一昨日の木村さん、夜士郎さん。そして昨日の奏の皆さん、山下tattoさん。私は満足しっぱなしであった。私はけっこう、MCを重視する。もちろん、それに見合ったボリュームの歌も合わせて評価する。一見、不真面目そうな面白トークを展開して、歌で響かせるという攻撃が大好きだ。その影にはきっと、ど真面目にステージングを考えた行程があるはずだ。この2DAYSのライブは、そんな私にストライクであった。

さて・・・私はどうだろう?

不真面目に不真面目をやっていないであろうか?勢いだけで生きてきた34年。そろそろ息切れしそうな気配である。これではいけない。

幸いかな、多くの先輩ミュージシャンと知り合えることとなった2006年。それに甘えてしまい何も生み出せないまま、また1年が終わろうとしている。もう12月、師走である。

友人が病に倒れた。友人でもあり、強敵(とも)でもある友人が倒れた。疲れきった彼に電話で「これまで急いできたんやさかい、ゆっくりしぃや。」と。逆に、今日までそんな彼に気づかずにいた自分が情けない。ダウンせな、分からないものなのかと反省ばかり。

ど真剣に生きている彼に比べて、なんと不真面目な私であろう。仕事はちゃらんぽらんで、運と勢いだけで走っている私。真面目に頑張って、ダウンしてしまった彼には申し訳ないくらいに、不真面目な男である。

幸いかな、私は元気だ。彼にその元気さを分けてあげることが出来れば・・・

それには、まず私が元気でいなくては。バカでもいいんで、元気でいなくては。

そんな気持ちで、「応援歌」を歌ってあげたい・・・そんな夜です。

♪ラ・ラ・ラ 僕があなたに ラ・ラ・ラ 歌を贈るよ 

ラ・ラ・ラ 元気を出して さぁ明日へ進もう ヘコんでいても始まらないから

大声を張り上げて 励ましたいのです、あなたを

ヘタクソなこの歌で 励ましたいのです、あなたを

声がかすれ 喉が嗄れるまで 歌います この「応援歌」

1月14日(日)滋賀 甲賀市「竹の音」にてライブがあります。強敵ぞろいの中、露払いです。されど・・・

金星狙ってます☆

その友人が復活するのが、ちょうどその頃です。ダブルで待ち遠しい~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

久しぶりの酒(25日)

25日・・・休みを取っていたが、急遽仕事になった。ムダに終わった試験の勉強のおかげで最近満足に寝ていない。体調はイマイチ・・・あくびがとまらない。

18時2分、タイムカードを速攻でこすり、ダッシュで宇治駅を目指す。快速に乗る。京都駅までは15分・・・そこからが厳しい。地下鉄では間に合わないし、六地蔵からの地下鉄ではよけいに遅くなりそうだ。結果、タクシーを拾うことにしたが・・・

京都は今、紅葉のピーク・・・

タクシー待ちの長蛇の列!!

七条烏丸までダッシュし、流しのタクシーを拾う。裏道をパッチで飛ばしてもらい、なんとか間に合った。

久しぶりにいい酒を飲んだ。甘くておいピ~♪おまけにいい歌と音と共に。

112504 「まず歌い手が楽しまないと」

MCの際、ボーカルTAKEさんの言だ。

昨日の木村さんのライブでもそうだったが、本当に楽しそうに歌ったり、ギターを弾いたりする姿は、それだけで我々に楽しさを与えてくれる。

そして、歌はズシンと心に響かせる・・

我々は酒を飲みながら食べながら笑ったり聴き入ったりするだけだが、やはり楽しい方がいいに決まっている。多少のミスなど、関係ない。

いい声といいギターとベース、いいピアノにいいコーラス。その融合はさすがである。実力があるからこそオチャメなステージも演出が出来るのだ。

上手い人が淡々と歌ったり弾いたりするのなんて、見たくないステージだ。やはりお客さんを満足させるために必死で、そしてその気持ちが伝わるステージはいいものだ。されど、言うのは簡単だが、やるのは至難の荒業だ。

そんなステージが期待出来るからこそ、その場所を選び、飲んで、聴く。実際、今夜も美味しい酒であった。

多くの諸先輩・仲間にありがとう。ライブ出演者に感謝。いいライブでした。

混みあう三条河原町。仲間と別れてしずしず三条大橋を渡る。さて・・・どうしたものか。2日連続で凄いステージをガンガン見せられた。さて・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

試験なんて・・・

よく人は言います「努力した人は必ず報われる」と。

その通りです!!

001_52 努力を怠った私は、まんまと試験の魔の手にヤラレテしまいました(涙)。予想していたヤマは「総ハズレ」!!半分は白紙でした・・・。エールを贈って下さった方々・・・

ごめんなさい。もう試験に浮気はしません。

1月14日(日)に向けて、始動していきます!!

さて・・・

今日はライブ観戦。眠い目をこすりながら京阪電車に飛び乗りました。おけいはんの車内で、よだれダラ~と出して、北浜まで記憶がありません(汗)。

「パルチザン」・・・道に迷っていると偶然にも木村さんと遭遇♪案内のまま入店。想像以上に狭かった。されど、熱気はムンムンムン☆ひらやまさんや、ひらやまさんのHPで見たことのある人達(私の中では大阪軍団と呼んでいる)がおられた。

かぶりつきで見れた。「竹の音」よりもさらにかぶりつき!!

002_13 木村三郎さん。屋内でライブ見るのは初めてだ。

とにかく・・・どれをとっても・・・

凄かった!!としか言えない。

歌もギターも、1人芝居も・・・どれをとっても群を抜いている。さりげなくハメこむMCも面白い。ギターソロや、ギターをパーカスのように叩いて音を出すといった、かなりトリッキーな技で我々を堪能させてくれた。

1曲1曲、飽きることがないのだ。「次は?」とどんどん聴きたくなる、木村ワールドにどっぷり浸かってしまった。

汗だくのステージ。場内は完全にヒートアップしていた。盛り上がる、盛り上がる・・・ひとりぼっちのライブ観戦であったが、充分参加出来た。

続きまして・・・ネット上では何度となく見たことのある方である。

003_6 夜士郎さん。「よるしろう」と読むそうな。私はずっと「やしろう」と呼んでいた(ゴメンナサイ)。

どの写真でも、頭にターバンみたいなのを巻いておられる。ライブが始まるまでは、優しそうなお兄さんって感じであった。

されど・・・ライブが始まると・・・

雄叫びを「ウォオオオオォオオオ~」とあげ、マイクを食べてしまうかのように歌う姿に圧倒された。正直、最初は苦手かな・・って印象であったが、だんだんとその人柄を示すような歌が出てきて、最後にはすっかりファンになっていた。

最後に「キリギリス」って歌を歌わはった。その歌詞が、私の曲「アリとキリギリス」によく似ている(意味が)。私も同じ考え・気持ちを持っているので、夜さんの歌は私にけっこうシックリとはまった。最後は全員で完全に盛り上がってしまった。

本当に凄いミュージシャンは、大勢いる。もっとライブを見なければ、全然「井の中の蛙」である。とある凄いミュージシャンと、帰りの京阪の中で談笑&トーク。やはり、私は全然まだ「経験」が足りてない。

深夜帰宅。まぶたは鉛のように重い・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

戦勝祈願の生贄

いよいよ明日は試験だ。店長をはじめ、同僚の暖かい(?)ひやかしに送られ、早々に帰宅。店長や次長の暖かい配慮が痛い。嫌でも頑張らねば・・・(汗)

どっさり教材をもらった。あと2週間早くとりかかっていれば、こんなに焦らなくてよかったのに・・・後悔の多い人生。これもまた人生。見たこともないような単語の並ぶ教材にすでに頭は痛い。

ともかく、腹が減っては戦は出来ぬ!と、戦勝祈願のために「生贄」を供えることに。とある宗教では、勝負の前にニワトリを潰して生贄にするそうな・・・。映画「メジャーリーグ」で紹介されていたその方法を試すことにした。

001_51生贄のニワトリです・・・

ガッツリ食べさせて頂きました~♪

しかし、骨が多いなぁ~。なんでもっと食べ易い部位を選ばないんやろか?ペッペペッペ小骨を出して、ホンマに食べにくいったりゃありゃしない。

ドライブスルーのお姉ちゃんはカワイかった(すでに邪念が・・)。

仕方なく机に向かうことに・・・。私はデスクワークに向いていない。そんな男がデスクワークが主の仕事に「昇進」しても仕方が無いと思うのだが・・・。私は

生涯イチ主任、生涯現役!!

でいたいと思っている(まぁ、多分落ちるが・・・)。

明日の午後4時には「開放」される。この苦しい日々から開放される。明日を「開放記念日」と位置づけて、私はライブを見に行くことにした。

清々しい気持ちで、心斎橋「パルチザン」を目指す!!

身も心も疲れているだろう私を、歌で癒してもらおう♪何かを見つけて、年末商戦に対抗出来るだけの力をもらおう。

さて、頑張ろう!!ま、ひとまずテレビでもつけて・・・・・・・・☆ワハハハハ~

・・・・・

24時24分:現状報告!!

すご~く勉強してます。久しぶりのノーミソ使って、どんどん頭に入っていきます。楽しくなってきて、寝る時間さえ惜しくなってきました♪いや、面白い。数字や公式がどんどん頭に拡がってゆく~☆

昨日から2時間くらいしか寝てません。眠たいのを通り越して心地よく・・・。危ないっ

京都○業大学受験の際、「毛沢東方式」をフル活用!24時間起きて6時間寝る・・・そしたら同じ120時間(5日)でも1回寝ることを省略出来ます。

それくらい、テンション上がってきました。よ~し・・・

落ちるぞ!!これではまだまだ・・・

明けて5時29分:現状報告!!

みなさま、おはようございます。仮眠終了・・・

眠い目をこすって、いざ机に向かわんとする自分がカワイイ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

使われなかったチェックペン

私の友達が、ヤマハのギターを握ることになりました(涙)。ヤマハニアンとしては、嬉しいところでございます。末永く愛用していだだけると、そのギターも喜ぶと思います。

私の手元の30本のヤマハさん、全てを毎日弾くことは出来ません。かわりべんたんで弾いてあげるくらいしか愛を注ぎ込む術はありません。されど、弾く時は全身全霊で弾きます。ギターはアクセサリーではありません。だから、私がどんどん弾き傷をつけてます。されど、合板ウレタン塗装のヤマハ達は、そうやすやすと傷をつくらない、ツワモノばかりです。だから好きなのかも知れません。

試験2日前です。やのにパソコンをカタカタ叩いております。ヤフオクの検索も忘れません。

001_46 昭和40年代生まれの方なら、おそらく誰もが使ったことがあるだろう・・・

チェックペン

赤くライン引いて緑のシートかけたら字が見えんくなる・・・そう、あの代物です。

試験1ヶ月前に、気合いを入れようと買いました。

その時の熱意は忘れません。が・・・

未開封・・・ヤフオクに出せます(汗)。

「まだ1ヶ月あるわ。」

「まだ2週間あるし・・」

「まだ1週間あるな・・」

「ま、まだ3日あるわ・・・」

そして今日、「ま、まだ明日があるわ」となりました。

衝動買いほど、後で後悔する買い物はありません。どっかの保険屋さんやないですが「よ~く考えよ~。」が大事だと思います。

だから、私もお妃選びは慎重に、慎重にしております。

「まだ30歳やし」「まだ34歳やし・・」「ま、まだ38歳やし・・・」「ま、なんとかなるか・・・。」

60過ぎて、熟年コンパで人生の伴侶を見つけたいと思っております(涙)

試験より何より、部門忘年会が心配です。今年こそ、お姉さん達に処刑されそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

道・道・道

いや、その・・・今回は特に「ヘコんだ」訳ではなかったのですが・・・。

え?「おい、もう自粛終わりけ?ごもっとも・・・反省してます。

短い間に、いろんな事があり、いろんな思いが交錯しました。失うものも大きいですが、自分で選んだ道です。ひそひそ頑張っていきまっしょい!!問題のページは消去してしまいましたが、見ておられた方からの私に対する非難の声は甘んじてうけます。私の思いでしたから、万人受けする訳もありません。あくまでもこのブログは「個人の意見」でございます。いいものにはいい、自分の考えと違うものには素直に意見を言います。でないと、出来レースのようなブログ・リポートになってしまいますから。

ご意見はしっかり受け止めております。ありがとうございました。自分の小ささも痛感させられた出来事でした。

さて、ブログを再開するに至ったのには理由があります。

本日店では、地元の中学生の実習がありました。カワイイ少年が二人、店長の説明を終えて私のもとへ来ました。いきっていろいろ教えている最中に、ふと視線を感じました。

どこかで見た人が立っておられました。ん?んん??んんん???

えぇ~!?

Lucyこと、安○さんが立っておられました。これにはビックリ!!

○田さんの行動力は知っていたが、まさか宇治まで来られるとは・・・(汗)おもわず玄関で、中学生とミーティングをブッチして話ししてしまいました。

10日ほど前にお会いしてますが、なんかかなり久しぶりにお話しした気分でした♪

24日、昇進試験です。全くと言っていいほど、勉強しておりません。練習問題を解いてみたところ、5ページの問題で2問だけ解けました(涙)ヒラ主任でしばらくはいそうです。ま、出世して忙しくなってライブを見に行く機会が減ることを思えば、それもまた道でしょう。

24日の試験が終わったら、また戦いの始まりです。年明けの落語会ライブに向けて、私はまた進みます。これもまた道です。

いろんな道があります。脱線する道もあれば、つながっていく道もあります。今日の○田さんのご訪問は、そんな私には凄く大切な「サプライズ」だったと思います。

001_50 ○田さん、ありがとうございました。

安○さんの写真を玄関先で撮り忘れてしまい、このブログの「オイシイ」ところを飛ばしてしまいました(汗)

ムネンナリ・・・

写真提供:デニムさん

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

お詫び(追伸)

当ブログにて・・・

一部の関係者様に多大なご迷惑をおかけいたしました。

申し訳ございませんでした。

このブログに書かれていることは、全て私個人の意見でございます。

一概に、ライブの心得というものは形作られてはおりません。自分の意見が全てだとも思っておりません。人それぞれ感じ方が違います。

かといって、公共の場であるブログ、それによってダメージを受けられる方がおられるのも事実です。今回はまさにそこに該当します。

ただ、私として「いいライブ」にも「考えさせられるライブ」にも、全て率直に意見をしたいと思っております。ただ、あまりに実直に書いてしまうのもいけないということももっともであると思います。ウソは書けませんので、もっと素直な気持ちの表現も考えていきたいとおもっております。

私の過ぎたる言葉で、関係各位には非常にご迷惑をおかけしました。その点は当方の至らない部分であったと思います。

申し訳ございませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

Dr.清田診療所

昨日のブログでも分かるように、心身ともに疲れている私。いろいろ思うところがありまして・・・とある方にメールで人生相談してしまいました。ありがとう、先生!!

本日は診療所に予約をとっていた。ライブ観戦はお休み・・・無念。

昼過ぎまで完全休養。ひたすらじっと我慢の子であった。みるみるミサハマレベルは回復していく・・・昨夜はミサハマ2.2まで落ちたが、昼過ぎには6まで戻った。久しぶりにギターを堪能したからか?テスト諦めの境地か?

夕方前、診療所に向かう。向日市の行き着け「清田診療所(通称:柾目ウッドメーカ)」。以前から話していた「FGエレアコ計画」実施である。届いたばかりのYAHAMA-APX(ジャンク)とFG-250Jを持って向かった。今回の施術はAPXの元気なピックアップを、FGに完全移植するというものだ。昨今話題の「移植問題」。人の場合はこんな簡単な問題じゃないよね、と清田氏と話す。もちろん、エレアコであるAPXの命は、ここで絶たれる。

手術開始直前、清田氏よりの説明・・・

「せんほうがいいで~」う~む・・・

001_49 ギュイ~ン!!

ドリルの音が工房にこだまする。ノコギリの炸裂音が、ノミで削る音が工房を包む。もう止められない・・・「初めての作業、楽しい~☆」とめったにない作業が出来る職人冥利にすっかりゴキゲンな清田氏。いつもの鼻歌もなく、プロの職人の眼光に、私はとぼけた口調で応戦。

ボディーサイドとトップに穴が開けられ、プリアンプとバッテリーボックスが取り付けられる。逆に、デカイ穴2つポカーンと開いたAPX・・・無残な姿である。ジャンク品のため裏板も取れかけているため、スカスカである。

ピエゾがうまく取り付けられず、悪戦苦闘のDr.清田。経験と勘と、その腕で数々の問題も克服してゆく。清田氏に手がけられた我がFGは20本弱。全て「Dr.清田」との信頼関係がもたらせた「鳴り」を持っている。今回も全てお任せだ。

2時間弱の手術が終わった。サドルがつけられ、元の形に戻ったFG。散らばる木片がその手術の困難さを物語る。チューニングして、アンプに繋ぐ。私がチョロチョロ弾く。想像以上にイカした音だ。多少ノイジーではあるものの、なかなかいい音を出す。

清田氏も嬉しそうに「ちょっとちょっと、弾かせて~」と軽快に鳴らす。清田氏・・・リペアの腕だけでなく、ギター弾きの腕も一流♪軽やかな音がアンプから出てくる。心配していた生音にもそんなに影響がない。満足の出来栄えである。というか、この工房を去る際に不満足だったことがない。

FG-250Jは、新生FGX-250Jと生まれ変わった。その犠牲となったAPX・・・ピックアップを失ったAPXは、穴ボコギターという変わり果てた姿になった。このままゴミ箱へ・・・って訳はない。ちゃんと清田氏が生音で弾けるギターにリペアして下さる。

多くの人からすると「意味ないやん~」と思われる今回の作業。されど、FGを愛するものにしては非常に意味深い作業である。決断もいる。もちろん、お金もいる。先細りヘッドで人気のない「黒ラベルFG」のアピールのため、このFGをまたライブで使っていこう。

002_12

柾目ウッドメーカー

http://ha8.seikyou.ne.jp/home/tk53/

リペア相談

リペア実施

各種工具取り扱い

今の鳴りに満足していない方は

一度相談してみて下さい

(承諾なく宣伝してごめんなさい、清田さん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

彼女に似合うもの

あとひと月もするとクリスマスだ。街中はすっかりクリスマスムードが高まってきた。

今日うちに帰ったら、久しぶりに彼女が来ていた。私の好きなから揚げを作ってくれていた(それも日清から揚げ粉仕様)。店でつまみ食いしてこなきゃよかった・・・と後悔しながらも「うまそやな~♪」と食卓につく。食卓といっても小さいちゃぶ台。

彼女とうちでご飯食べるの何週間ぶりだろう。出かけることはちょくちょくあったが、最近私が夜ギターの練習をしてるから気を使ってくれたのだろうか?悪いことしたなぁ~・・・。炊きたてご飯はやっぱ美味しい。ベタな揚げのみそ汁とサラダとから揚げ。それだけで幸せだ。

テレビ見ながらの食事。彼女はバラエティー番組を見ながら笑っている。

そういえば・・・

001_47 前に河原町を歩いていて、大丸の宝飾品コーナーで「プラチナ・・・いいなぁ~。でも高いな。」と寂しそうな顔をしていたのを思い出した。化粧っけがなく、あまりアクセサリーを着けない彼女が珍しく言ったその言葉・・・妙に心にひっかかっている。

クリスマスだな・・・去年は平和堂で買ったケーキと、安いロングブーツだった。それだけでも喜んでくれた。

この喜ぶ顔、一生見ていたいな!・・・なんて思ったっけ。

今年は頑張って稼いだ。ボーナスも満額だ。よし!!ここは男の見せ所。1年に1回のクリスマス、いっちょやったるか!!

貯金の残高を確認した。よし、7万はいけるな。あのFG・・・落札しなくてよかった(汗)

「明日休みやねんけど、河原町でも行かへんけ?」「どないしたん?」「べ、別に」「あ~怪しい。何企んでるん?」「あ、アヤシナイデ~。」「テンパってるやん。」

明日、河原町へ行こう。そして彼女の目に映ったネックレスの目星をつけておこう。

クリスマスの夜に、彼女に似合うものをそっと・・・。

・・・・・

今日、特売コーナーに「日清 から揚げ粉」を並べている5分の間に、ここまで話が出来ました。仕事しながら私は、このようなストーリーを頭ん中で展開しております。

オレ・・・天才かもしれへん・・・!!

心配していたボジョレーは、私が99ライブでテンパっている17日に、以外に売れました。よかった・・・。今年も1人でカンパ~イ☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

フライデーナイトフィーバー

11月17日(金)滋賀・東近江市「太子ホール」にて99ライブ開催!!

私のHPからもリンクしております。こうご期待!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

堅田のテンイチ

002_11 昨夜遅くまで売場を作っていた。毎年の悩みのタネの一つ・・・

ボジョレーヌーヴォ

そんなに美味しくもない「すいぃ」ワイン。ヌーヴォーってだけで話題になる。おまけに16日午前0時まで販売禁止なもんで、陳列始めるのがいつも15日閉店後。毎年の午前様である。

そして本日・・・開店~♪

予想通り、全く売れない。もうワインブームは遠く彼方。見るお客様は多いが、全く減らない。我ながらそれなりの売場を作ったと思うのだが、そううまくはいかない。

まぁ、ええか。売れないものは仕方ない・・・と思いながらも店内放送をかけまくる。とあるお客様より投書「店内放送でパチンコ屋みたいな人がいる」・・・オレしかおらへんやん☆

とある商品が品切れ寸前。週末持ちこたえられそうにない。いろんな店に救助の電話をするものの、どこからも断られ・・・。最終兵器は元いた店。遠く亀岡と堅田が援助の手を差し伸べてくれた・・・ものの、激遠い。

18時・・・パパっと仕事を諦め、亀岡に向かう。

私はナビを使わない。経験と直感で道を選ぶ。いろんなコースを頭ん中で描き、経験から一番混んでいない道を選ぶ。目標、午後9時任務完了!!

宇治→亀岡・・・やはり混んでいる。されど、選んだ道に間違いはなかった。1時間で到着。

亀岡→堅田・・・渡月橋を行程にいれ、ちょっとしたドライブの雰囲気も楽しむ。おまけに道はガラガラ。途中峠を越えて、余裕の到着。

001_45 午後9時。ズルズルと「天下一品」のこってりを食べる。

私が初めての給料をもらうために口座を作りにいった「滋賀銀行 堅田駅前支店」はとり壊され、すっかり平地になっていた。近くのダイエーは暗く静まり、観覧車からは光が無くなった。その隣には太陽のマークのスーパーセンターがそびえ、七色に光るカラオケ屋がデンとそびえている。

10年ひと昔。まだ23歳であった私はかつてこの地を走り回り、10tトラック満杯の「どん兵衛」を積みまくり売りまくり、10tの米をさばき、まだ盛況であった堅田の店で汗をかき、いろんな技術を身につけた。片手で10kgの米をつかんでは投げていた50代のパートさんを師と仰ぎ、今となってはその遺伝子を伝える数少ない職人となった。

年末商戦の際、よくこの「天一」に連れてってもらった。主任と私、そしてバイトとワイワイ食べた。その後カラオケに行った。今のステージの原点はそこにある。

少しセンチメンタルになって、かつての戦場を後にする。飲酒検問にひっかかった。ハーと吹きかける息に「こってり」の匂いがプンプンしていた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

愛だけでは・・・

001_43 テレビで朝からブルーな報道がされていた。

「働いても生活出来ない」

格差社会と言われる昨今。ITバブルで年収が億を超えて、ヒルズ族などと言われる者もいれば、年収78万円で生活保護を受ける教師もいる。

年収200万円で親子3人の暮らし。休日もアルバイトに行かざるを得ないという現実。「中卒ですから・・」とインタビューで答えていた。

わが社でも「大卒」と「高卒」の格差がある。やることはな~んにも変わらない、というか若い分、よけ働かされることもあるだろうに出世のスピードも全く違う。給料など10年しないと大卒の新卒社員に勝てないらしい。だからかどうか分からないが、高卒の離職率は高い。結果・・・高卒の採用を取りやめていく。悪循環であるし、バカげている。

若い芸人が結婚して「年収○○万ですわ。」と笑いにしている。夢を抱いている彼、それを支えていこうとする奥さん。成功した者の報道がされることは多い。されど、そのウラではきっとそんな生活に耐えられず、破綻しているところも多いと思う。

仮に私が年収が200万円に満たないとすれば、私は結婚しようなんて思わない。「いや、違う。貧乏でも愛があれば!」って意見もあるだろう。されど、愛だけでは生活出来ないと思う。結局、世の中「お金」である。悲しいことだが、生活にある程度のゆとりがないと「心」にもゆとりがなくなっていく。ことに今は老後に莫大なお金がかかる。今はよくても老後に生きていけなくなると、どうしようもない。

「愛」だけでは生きていけない、現実主義の私。インタビューされていた方は「子供にだけは貧しい暮らしをさせたくない。」と言っていたが、生活するだけで精一杯ではそれ以上はどうしようもない。それがイジメとなったり、非行につながったりもする。

私の家庭は幸いにもそれなりの収入があったらしい。されど、最低限のモノしか買ってもらえなかった。ラジカセを買ってもらったのは中学生卒業時、CDを買ってもらったのは高校3年生。周りの友達と比べても全然遅れていた。そう・・・「比べても」この言葉に尽きる。どうしても比べてしまうのである。子供は特に、比べてしまう。

私の現実主義に非難をあびることもある。飲みに行って、そんな話題になると「おまえ、そんなことゆーとるから結婚出来ひんのやんけ。」と言われてケンカになったこともある。私は「愛」や「夢」を追いかけている人を非難しているわけではない。素晴らしいと思う。ただ、臆病者の自分には、真似が出来ないだけである。

・・・結局、私は「しんどいこと」から逃げたいだけなのである。それなりのお金があって、好きな時にピザを注文でき、ギターをホイホイ売り買いして、バイクをポーンと買う。道楽漬けになった私は、おそらく結婚は出来ないな・・・と、その報道を見ながら思った。

今の年収なら、結婚してもなんとか生活は出来るだろう。されど、今のこの「ゆとり生活」が無くなることを考えると。どうもおっくうになってしまう。

どこかから・・・

おまえ・・・相手おらんだけやんけ~

・・・との声が(涙)

それを言っちゃ、おしまいよ!!されど、そんな頑固者の私が「こいつのためなら、オレは今の道楽生活を(半分は)捨てられる!」と思える人が出たら、分からない。

おいおい・・・結局「愛」なのか??

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

うまくいかねぇな~

001_42 カンパイ、ラガー!!

某所の「恵比寿教授」に対抗して「Dr.麒麟」として宣戦布告でや~!!というのはウソで、そのうち発売されます「復刻版ラガー」です。

私、あまりビール飲みません。酒、弱いんです。酔うと○○を○っこしたりエ○ッチな発言したりキンパチになったり・・・けっこうヤバイ(そうです)。

飲んでも飲まれるな。

もっぱら、晩酌は「黒烏龍茶」と、肝臓を大事にしております。1人で飲んでもつまんないしさ~。

さて・・・ライブが近づいております。

11月17日(金)滋賀東近江市「太子ホール」99ライブ。私は後ろでコソコソギター弾くだけです。一切歌いません喋りません光当たりません。かなり久しぶりに4人全員そろうってだけで満足です。

ライブには「THE FG」のセミカスタム品をひっさげて参加しております。現代のギターです。んが、やはりFG最高と名乗るからには、往年のFGでステージに立ちたいものです。

先日、ジャンク品のAPXを落札しました。ピックアップを外して移植手術するためです。ボディーはなんと・・・フレット打ちやネック修正の練習台に・・!?ま、ジャンク品でボディーがパックリ割れているので、楽器としてはしんどいので、いいリサイクルかと・・。

12月15日までのシフトを作ってました。行きたいライブに行けなくなっちまった・・・。やはり流通業の哀しさ。あれもこれも行きたいのにな~。

またどこかのライブでお会いしましょうね~。ミサハマは、ずっとあなたのそばに♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

評価、人それぞれ・・・

Mixi1 昨日の「竹の音」ライブにて・・・

カワタ君ファンの女性から「前のライブ、ホントに楽しかったわ。また見たいわ。」と言ってもらった。「全然ですわ~、お恥ずかしい限りですわ~。」と謙遜・・・ではない。正直な気持ち。カワタ君の気持ちのいいステージに比べれば、本当にえげつないものであった。

されど、こう言って頂ける自分の姿もある。

先週、私の大好きなヤマハ「赤ラベル」をかなり愚弄された。「あんなの全然音になってない。」と酷評。されど、私はその「赤ラベル」に心を奪われた。その人には最悪のベニヤ音だったのかも知れないが、私には「咆哮」に聞こえた。だから、こうしてヤマハだらけの生活を送るようになった(最近ギブソンが気になるが・・・)。

自分の評価ってものは、人それぞれである。自分が決めるもんじゃない!!

常々そう言い聞かせている私。もちろん、自分に。そして他人さんにも。されど、そのウラでは決して素直になれない自分もいるわけでございまして~・・・(落語口調)。

鏡がある。自分を映す。されど、それは自分が見れる自分の姿。中身は映さない。

自分の中身を映すのは、他人さんの目である。友達、上司部下、ダンナ嫁さん、もちろんオトンオカン・・・。自分では「こうやねん!」って思っていることも、他の人の目から見ると若干、ピントがボケていることもある。私はそう思う。

いかに素直になれるかだ。そこが一番、難しい。

私は上司の評価に一切口答えはしない。されど、自分のつけた評価が間違っていると言われたら徹底抗戦する、っていうのは周知の通り。自分が育てたパートさんを「アレ」よばわりされた時は、周りが恐怖のどん底に落ちるくらいに暴れた(らしい)。

評価は人それぞれ。その評価に耳を傾けられる自分になろう。

総じて芸に乏しい私のつたない話で、爆笑して下さる方々・・・感謝です。

「赤ラベル」はいい音です。そう思わない方は当方のFG博物館にぜひどうぞ!!(要予約:部屋がスラム化しているため)

♪声がかすれ、弦が切れるまで、歌います!この「応援歌」!!

ガンバレっ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

愛・戦士!!

本日は「竹の音」ライブ。日曜日だが、おかまいなしさ♪

いつもの「ミサハマセット」を注文して、ウシャウシャ食べて歌い手を待つ。

001_41 いいなぁ~「夫婦ユニット」そりゃ息も合うわ♪まさかこうくるとは思っていなかった。いきなりしてやられたり!!ミカさん、カホンうまいなぁ・・・いいなぁ・・・やったなぁ~☆

さわださん恵比寿教授の講義もさらによろし。前半はおなじみの歌で会場を沸かせる。さわだワールドは今日も健在である。飛ばしてるなぁ~☆

恒例のじゃんけん大会では、自分のじゃんけんの弱さに「談合疑惑」を感じる(笑)。

後半は私にとっての新曲が2曲。好きやなぁ~・・・・・。いいわ~。熱いなぁ~。ホッコリするわ~。熱い癒しの波状攻撃に、私はどっぷり浸っておりました。ジーンときてたりして・・・♪

続きまして・・・

002_9 アコギのミカさん。

母しながら音楽活動されている方には、ホントに敬意を持ちます。すごいなぁ~。そのパワーに脱帽です。

忍者ルック(?)に悩殺されましたが、インスト・歌・オカリナと緩急をつけたステージ。顔よりデカいオカリナ吹いて、会場は沸きました。いろんな表現の仕方がある「音楽」・・・奥が深いなぁ~。オカリナライブは初めてでした。いいもんだなぁ~♪

今日は「癒し系」を中心にした構成で攻めてくるのか!?「竹の音」ライブ。毎回そうだが、変幻自在の攻め方で、飽きるどころか、楽しみは増す!!日曜日、出勤出来なくなっちまう(汗)また飛ばされるなぁ~・・・。

さて、最後はファンクラブが結集!河田君。

003_5 前回はテンパった後だったので遠くからの観戦であったが、今回は真正面から見ること、聞くことが出来た。

やっぱ、いいなぁ~。うまいという表現じゃなく、気持ちよく歌っているのが、ヒシヒシと伝わってくるってのは、凄い!!

伸びのある声とホンマいい音のギター。思わず足でリズムを取ってしまう歌。全てにおいて満足のステージである。数々のステージをこなした者だけが会得できる、いい意味での「余裕」も一助となっているのだろう。

遠方より応援にかけつける女性がいる。チラリと顔を見ると、ホント楽しそうにライブに参加している。それだけの魅力は十二分にある。満腹だ♪

しかし、ホンマに濃い内容のライブが続く。無限大祭りからこっち、昨年とは比べ物にならないくらいにライブに出かけている。楽しみでもあり、勉強でもある。

来る・・・1月14日に、再度漫談歌う機会を頂いた。前回は奇襲攻撃的まぐれ当たりだった私。奇跡は2度とは訪れない・・・(涙)。12月20日~1月3日までの・・

「お仕事たまには必死にやろか」週間

・・を前に、ライブ観戦シフトを組む。されど、どうしても行けないライブが出てくる。最近勃発した、新たな悩みのタネである。

「大人になれない大人達」が集うライブは、今日も快適であった~♪少年Aのアンケートを見せてもらった。一番大人らしいコメントが記載されていた(汗)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

PMC・・・初練習!?

000_4 甲南町では「奏」が練習に勤しんでおられる。

来るライブに備えて、一生懸命練習をしておられる。熱心に練習される光景がとあるHPに掲載されていたので、我々も見習おうと思い、写真を取り込ませてもらった。

頑張っているなぁ~。

11月25日(土)京都 和音堂にて

奏ライブ チャージ2000円(1ドリンク付) 

19:00スタート!!必見♪ぜひおいで下さいませ。

うーむ、我々も頑張らねば・・・との思いで、会議で疲れた目をこすりながら草津へ向かう。珍しく・・・というか、初のスタジオでの「熱心な練習」をするPMC(-1)がいた。

001_40 ライス君が楽譜なしで歌っていた。きっとボロボロの体にムチ打って唄いこんでいたのだろう(涙)。歌詞は間違いだらけだったが、頑張るライス君の姿を久々に見た。独特のクセのある唄い方はまさに「ライス歌」である。上手い下手なんて関係なく、彼の気持ちよさげに唄う姿が好きだ。

私は今回、いっこも唄わない。裏方として黙々とFGを弾くだけである。前面にライス君とショーゴ君とチーコ君を押し出し、私は殿(しんがり)を努めるだけである。

2時間の練習は、あっちゅーまに終わる。けっこう真剣に練習した。というか、以前の私とは違っていた。「こんなもんだろぅ。」では済まさずに「ここは○○でどう?」ってな感じで、どんどん改善案を出す。そこには10月のライブ前、必死こいてスタジオで練習した自分がいた。練習を少しでも一生懸命した結果が、本番につながることも知った。

少し前・・・

深夜、「竹の音」でドンガドンガと練習している光景を(コソっと)見てから、そう思えるようになった。音楽からかぶりものまで、真剣に練習している姿は、美しい。

うーん・・・練習が足りない。不安は残るが、せめてライス君が楽しく歌えれば。前座として、会場を少しでもぬくめられれば。

1曲に集中して練習した「PMC」であった。楽しいものだ♪

003_4 ん??

遊んどるぞ(怒)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

毎日楽しく過ごすには

001_39 みっちょ○に「ポトフ作りなさい」と教わり

なおえ○んに「味噌汁にしなさい」と言われ

なんやかんやで風邪も治りました。やれやれ・・・これで今年はもう風邪ひかないだろう。改めて、病気というもののしんどさを痛感。二人のお母さん、お姉さんお嬢さんに諭され、薬飲むのも控えました・・・(汗)。

お芋さんは、結局「焼き芋」になりました。ホイルで包んで焼くこと90分。甘~い焼き芋さんの出来上がり♪ウホウホ食べながら1日を振り返る。会議で退屈な話を聞き、ウトウトと船を漕いで、お茶を飲んでいた。でも、月一回、ちょっとした同窓会気分になれる。同期とのたわいもない話「あの子足きれいなぁ♪」「いや、あんな細いのあかんで。」「ほな、あの子は?」「え~の~。」・・・独身同士の会話なんて、こんなもの。

その同期は、仕事に真面目で休み返上で働いている。それゆえに少し気持ちが疲れている様子だ。努力家の彼をよく知っている。それだけに、心まで疲れてしまわないかと心配で仕方ない。仕事は大切だ。所帯もちなら嫁さんや子供を養う糧を、独身貴族なら遊ぶ金を稼がないといけない。でも、疲れてしまうほど仕事をするのはよくない。

人事部が疲れている我々にぬかした言葉

「キミらの代わりなんかいくらでもいるからさ。」

それから私のパッパラパーサラリーマン生活は始まった。会社に忠誠なんぞ誓わない。自分が満足出来る仕事をすればいいと思った。今は結果、それで収まっているのだが。

私は恵まれている・・・このブログで何度言ったセリフだろうか。確かに嫁さんも子供もいない、一見寂しい生活だが、多くの仲間や先輩に囲まれ、多くのギターに囲まれ、好きなバイクにも乗り、ライブを見に行く・・・この生活のどこに不平不満を言おうか。その同期には申し訳ない気持ちだ。けど、本当に楽しい毎日だ。

順風満帆な人生では、いい歌は歌えないのかも知れないと思ったことがある。でも、ぬくぬくとした毎日の中から生まれる歌も「アリ」だと思う。

とある女性に「笑顔の裏に哀しみを背負っている」とコメントしたことがある。そう言った私も、いろいろと哀しみを背負っている。それはね・・・

・・・

やめとこ。そんな私も、また笑顔で歌うのさ。楽しい毎日とお芋さんに乾杯~☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

果報は寝て待つな!!

001_38 誰もいないステージ・・・けっこう好きだ。

マイクやキーボード、譜面台だけが並ぶ、その空間が好きである。これから始まる熱演を知ってか知らずか、ステージでは楽器や機材がさっそうと腰を据えている。

3年前、初めてステージに立った。これといって特技のない私がステージに立った。そこから拡がるドラマなど知る由も無かった。別に英検準2級や医師免許もいらない。音楽を志せば、誰だってステージに上がれるんだな、とも思った。

テレビで連日報道される「自殺」・・・こんな理由を当事者が話していた。

「生きる目的が見つからない・・・。」「楽しいことがなにもない・・・。」

ほな、探せよ!!

そうツッコまざるを得ない。

リサイクルショップで3000円もだせば、ギターなんて転がっている。AとDとEmとAmだけ覚えれば、私の歌のほとんどが歌える(涙)。路上に立て、飛び入りライブに出ろ・・・そうすれば、本当に楽しい世界が拡がる。空き缶と木の棒があれば、カンカラ三線が出来る。一斗缶があれば、カホンの真似ごとも出来る。バケツの底叩いても音になる。

幸せや楽しみは待っててもそんなに来ない。やはり貪欲につかんでいかねば!!楽しみも、彼女も(涙)。

・・・・・

何気ない仕事場での物語。

「お、おつかれさん。帰りか?」「うん。今日は残業ないねん。」「そうか、ええなぁ。」「濱野さんはまだ終わらへんの?」「深いねんわぁ~。」

と、たわいもない会話。そんな会話が何度かあって、そのうちに・・・

「濱野さん、毎日楽しい?」「どないしたんや、何かあったんけ?」「うん・・・毎日楽しくないねん。」「ほーかー。そりゃアカンな。今度おもろいライブにでも行かへんけ?」「行く行く♪」

と、二人の距離はググっと縮まる。

そして・・・

「私もギターやろうかなぁ?」「ほーかー、面白いで。」「教えてくれる?」「オレは教えるレベルやないし。」「いいの。教えて」「まぁ、初歩の初歩なら・・・。」

そして彼女は、私のうちにやってきた。ピンポーン~☆おおっと!?

・・・・・続くのか?こんなことばっか妄想してるで彼女出来ひんのやわ、きっと・・・・・・

もちろん、このオハナシはフィクションで、登場人物等は実在しません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

演者です、そしてお客です

インディーズのライブを見始めた頃の話・・・

頭を振り乱して狂喜乱舞する大勢のお客さんの姿を想像していた。堅田店で働いていた頃、ハッ来苺から出てくるヘヴィメタさんを見ながら、そう思っていた。

されど、実際は違う。多くのお客さんで溢れていることもあれば、私とあと2人・・・ってこともあった。演者はどんな状況でも、唄わないといけない。話さないといけない。たとえ1人でもお客さんがいれば、全力で唄わないといけない。

私はめったにライブをしないせいか、そんな環境で唄ったことがない。前回のライブでも多くのお客さんの前で唄わせて頂けるという、有難い環境であった(まぁ、私だけを見に来られた訳でもないだろうが・・)。お客様は神様です・・・本当にそう思った。

私はどちらかといえば、お客さんの方が多い。義理やヒマ潰しでライブを見に行っているわけではない。目的のミュージシャンのライブを見たい、聴きたい、学びたいという気持ちで見に行っている。太子ホール・竹の音・和音堂・拾得・・・そして渦中のライブスペースにも足を運んだ。お客さんが少ない時でも、演者は楽しそうに歌ってくれた。もちろん、こちらも楽しめた。チャージは決して、高くはない。

お客さんのことを考えないライブは最悪だ。1度だけ味わったことがある。

演者あってのハコ、ハコあっての演者。そこには必ず「お客さん」がいる。この三角関係が壊れたライブスペースは、きっといい音なんか提供出来ないだろう。

素人が・えらそうに!!

と言われるかも知れないが、私は素人だからこそ、そう思う。

お客さんが集まらなくっても、ハコにいるみんなで聴けばいいではないか。タイバンなら、必ず相手がいる訳だし。「無人」ってことはないはずだ。

何事もそうだ。工夫次第で、なんとでも楽しめるはずだ。私も努力しよう!!その前に、はよ風邪治そ・・。

Pa296969

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

うーむ・・・

001_37 風邪が一気に私を襲いました。

熱がグングン、鼻がズルズル・・・(汗)やっぱ、毛布出さないとあかんかなぁ・・。タオルケットでは、やっぱり寒かった。

ダルい中、仕事。仕事となるとハッスル(死語)してしまう私も哀しき企業戦士。汗をかいても着替えれず、よけいにしんどくなりました。

うーむ・・・皆様もお気をつけて。

お馴染みの「「プレコール」風邪を速攻で治すには・・・

必殺「倍飲み」!!

方法:しっかりご飯を食べて、少しお酒をひっかけて血流を加速させ、規定量の倍の薬を飲む。そして、寝る・・・そう

寝る!!

これで朝にはすっかり治っています。ぜひお試しを(責任は取りません)。

少しホッコリして寝ようと、ただいま焼き芋を調理中。やっぱ甘いものを食べて、しっかり寝ることが大切ですな。早めに寝よう。それでも2時か??

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

三兎物語

001_36 またブログがズレだした。今日のことは今日書こう。

本日休み。ただ、今日休むと今度日曜まで休みなし。有効に使おうと思えど、雨模様で洗濯も出来ず・・・。

昼間は例によってギターを弾き、シャドウ・シンギング。FG安物シリーズを部屋で干している。まだ乾いてないギターの音は、やはりまだまだである。

さてはて・・・

最近バイクを購入して、ついついそっちに気を取られがち。タイヤを買い換えようかと思っていた。バイクの命ともいえるタイヤ。まだ半分くらい残っているのだが・・・。でも

冬=バイク=寒い=乗らない=タイヤ減らない

購入を断念。バイクに向きつつある興味を、ギターへ戻すことにした。

一路「柾目ウッドメーカー」へ。以前購入して、やっとこさ鳴り出した「FG-401」を手直しすることに。お馴染みの「ナットサドル変更」を依頼。清田氏は今日も鼻歌混じりでギターをチェックし始める。

表っつらは全然大丈夫なこのFG。されど診断結果は・・・(汗)

ネックはねじれてサドルは削り過ぎ。ロッドにおかしい改造が・・・。オークションで購入したものにはこういった事が日常茶飯事だ。ドリルやのこぎり、ノミまで出てきて緊急手術。Dr.キヨターはゴリゴリガリガリと、オペを行う。

牛骨のサドル・ナットに生まれ変わって、また違う鳴りを手に入れた「FG-401」。

そして、帰り道にジャスコに寄って、しばしの食料を買出し。思わず売場チェックをする自分が嫌である。きちゃない売場だ・・・安いだけって感じがする。されど、世の中の流れは安さだけではない。先日オープンした甲賀のベイ○アに、コテンパにやられているわが社。なお○っちのご利用でお馴染みのイズ○ヤに、コテンパにやられているわが社。どちらも圧倒的な品揃えで勝負の店である。お客様の目は肥えている。大丈夫か、ジャスコ?

おっと、話を戻そう。

ジャスコで「単語帳」とチェックペンを購入。試験勉強をそろそろ始めようかと画策。チェックペンなんて、20年振りに買うよ・・・(汗)

バイクに、試験に、ギターに・・・二兎を追うものとよく言うが、私は今・・・三兎だ。

鏡を見ながら口をパクパク。さらにお客様に喜んでいただくために・・・。ギターを直して、ヤル気を出して、また明日から練習でや~。

ライブまで、あと2ヶ月ちょっと。試験まで、あと2週間。どっちを優先させるべきか・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ミサハマ広辞苑①

001_35 (写真提供:デニムさん)

ここ半年くらい、よくライブに出かけるようになった。(多少)出演する機会も頂いた。これは、今「京都」というアクセスの良いところに住んでいる恩恵である。

私はmade in 兵庫である。和泉・筑豊・姫路という「3大ガラワルナンバー」で知られる悪名高い街の出である。

ひょんなことより滋賀の会社に働くこととなり、はや11年。すっかり「俺たち転勤族」である。徳川幕府の参勤交代よりも短い、2年周期で転勤している。

堅○店・・・入社。まだ初々しかった私。2年目に店長と徹底抗戦、伝説となる。速攻、石川へ流刑。今でも忘れない名言「くそ、支配者め!覚えとけよ。」

加賀店・・・永住したい!という思いが強くなり、住民票を移すやいなや、滋賀に強制送還される。珍しく従順な社員であった。たった8ヶ月の北陸生活であった。

愛○川店・・・若い同僚に囲まれて、京産魂に火がつく。「サーカス」と名付けられる。猛烈な勢いで攻勢をかけて仕事に打ち込んだが、店長にバインダーを投げて、流刑。蹴破ったドアを自分でせっせと直したことは伝説となった。ライス君と出会う。

亀岡店・・・ここからギター生活が始まる。いわば「ミサハマ」の原点はここにあるかも。部屋としては一番住みやすかったし、大家さんとも仲が良かった。トマトの大量栽培に成功!2年半という最長不倒であったが、最後に上役から総スカンをくらい、携帯を投げて流刑。一番荒れていた時期かも・・・。

八幡○田店・・・ギターが増え始めたのはここから。成績好調にて給料が鰻昇りであった恩恵である。この頃からミュージシャンと多く知り合うことに。99ライブにて彩紋さんをはじめ、小野田さんやトクさん、さわださん。そして今をときめく「ひがもり」と出会ったのもこの頃。ここでは全く、上司とモメることはなかった。尊敬出来る上司の下でせっせと頑張った、最もサラリーマンな頃であったかも知れない。チーコ君と出会う。

宇治店・・・オープニングスタッフという名誉を与えてもらう。最初半年は死ぬ思いで仕事をしていたため、ギターを忘れる。その反動で、一気に資金を大放出!!ギターが猛烈に増え始める。よくヘコむようになる・・・これも仕事し過ぎの影響。軽い鬱になり気味の頃に「中村ゆきまさ」氏のライブを見て復活。99ライブを通じて「竹の音」TAKEさんと知り合う。そこからまた世界が広がる。さらに多くのミュージシャンと親交を深めることとなる。

34歳、今に至る。変わらないのは独身ってことくらい。

よーく考えてみると、ホンマこの2年で、物凄くミュージシャンと親交を持つことになった。

まだまだ番付でいけば下の方。でも、横綱的ミュージシャンも優しく接してくれる。非常にありがたいこの環境。ただ、次の転勤でどこに行くかによって、また私にはいろんな物語が用意されているのだろう。富山か?岐阜か?福井か?愛知か?

水口店やったら爆笑やし、八日市ア○アなら傑作だ。ある意味オイシイ、オイシイ♪ライブのMCにもってこいのネタになる。

続く(はず)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

嵐の11月4日(後編)

竹の音発「奏」見参!!

ステージ準備の際の、妙なざわつきとゴソゴソ感・・・何かの予感・・・

001_34 そら来た!!奏ワールドだ♪

いつになくメイクとかぶりものにこだわった女性人。ん?あれ??3人いるぞ???

まぁ良い。しかし大所帯やなぁ・・・。改めて見るとホンマに多い。これでもまだ、全員でない所が恐ろしい。

お色気ムンムンの女性陣、なぜかロン毛のTAKEさん。白アフロの若狭さんに、お馴染み緑アフロのトモロ師匠。そして・・・

「ガオー」となにやらハンドマイクで叫んでいる番頭さん(汗)。

これだけ見ると、完全にお笑いバンドである。しかし、侮るなかれ!!この「奏」というユニットは、見た目だけで勝負する軍団ではない。

ちゃんと歌が残るのだ。笑いやノリだけでない。しっかり「聴かせる」のだ。誰かさんの「笑わせただけライブ」とは全然違う。しっかりガッツリ歌を聴かせるのだ。最初からノリノリで来るかと思いきや、最初は聴かせる選曲。むむ??一味ちゃうぞ??

そして、後半はお馴染み「奏色」に会場を染めてゆく。圧巻はやはり「ギタートモロ」のパフォーマンスである。チョーキングの神が降臨したのか、素晴らしくカッコいいフレーズを撒き散らしながらステージ前方に降り立つ。会場のボルテージは一気に高まる。

そして、最後は全員で踊り出す、風船が会場をふわふわ飛ぶ・・・といった、そりゃもう・・

もの凄い!!

ライブであった。私も思わず立って、大声で歌ってはしゃいでしまった。いや、面白い。そして、凄い。聞かせるライブでおなじみのこの「太子ホール」のボルテージがここまで上がったのは久しぶりである。いや、いち「お客」として大満足であった。

大勢のユニットなので、まだまだ課題は多くあるのだろう。合わせるのだって簡単ではない。されど、お客の立場からすれば「大・大満足」なのである。要は「また見たい」かどうかである。私は「奏」のライブを、もっと見たい。それでいいのである。

002_8 さて・・・

「素」に戻った面々が、サインボードに興じる。

祭りのあとは、いつも静かだ。だが、今日は騒がしい☆メンバーが多いだけに、ライブ後も賑やかだ。

私が名神に乗った頃、おそらく打ち上げが始まっているだろう。メンバーでいろいろ反省したり、笑ったり、今後について語ったり・・・。そこもまた、さぞ賑やかなことだろう。

私は一足先に「現実」へ戻った。ライブを見ると、いろいろと考えが浮かぶ。考えさせられる。思いは馳せる。それをまた肥やしにして、頑張ってみよう。

虹色ライブショー出演の皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとう。ホンマにホンマ、面白かった。楽しめた。満足したよ~!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

嵐の11月4日(前編)

11月4日。世間は3連休だが、私は4日のみ休み(明けて5日の深夜に書いてます)。

本日もなかなか忙しい。掃除・洗濯をして(ウソ、掃除してない)、バイク屋にバイクを迎えに行くことに。いちいち市バスに乗っていかないとアカンのが面倒くさい。おまけにその路線は本数が少ない。携帯で「みんなのゴルフ」をしながら待ち、バスの中で熱中してたら酔ってしまった・・・。

バイクは一応「1000kmまでは保証期間」と書いてあった。といっても、納車したその日から2日で1000km走っていた。本来なら保証期間外で料金が発生するだろうに、少々ゴネたら全部タダになった。ガソリンタンク交換、再塗装・スロットルワイヤー交換・ブレーキシリンダー交換・・・・・けっこうな額になっていた。逆に、何も言わなければこの額を自腹してたことになる。やはりいじめ問題同様、ガツンと言えないものに不利益な社会だ。

さて、バイクを持って帰ってきて、しばしギターを弾いていた。本日はFG-110。赤ラベルの最廉価版である。どっこい、37年の年月はこのギターを素晴らしい音色に変えていた。かたーい音と低音が響く。本当にいい音だ。しばし、新たな課題にチャレンジ。

そして、身支度をして名神に乗る。目指すは八日市!!

始まりました。滋賀・東近江市 「太子ホール」

本日は3組+1組。インストあり、ユニットありの豪華ライブだ。

00 「想ワレ」のお二人。

課題克服中の私は、やはり口元ばかり見てしまう(やらしい意味ではない)。いや・・やっぱ凄いわ。口は全開、ハキハキしてるわ。

曲もテンポよく、いろんな楽器でいい感じに♪

なんちゃらハープ(やっけ?)・・・どうも「シャリシャリ」言っているしか聞こえなかったが、MCの際にはちゃんと聴けた。波の音をうまく表現した小道具なんか、かなりトリッキーな技であった。

しかし、ハーモニーは絶妙やなぁ~。きれいに空気に染み込んでいくような声が会場を包み込む。凄い凄い!!

3組が終わり・・・

000_3 マイクやなんや・・・

機材てんこ盛りの会場・・・

後編に続く!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

永遠のマコちゃん

私はよく「変わりもの」と言われる。自分では普通の人だと思っているのだが・・・。

人とはズレた感性を持っている。人とは違うところで喜びを感じる。あまり普通の人がしないことをする。突拍子もないことをする。

けっこうあてはまる。

ところで・・・

Isinomako60 私にとっての永遠のアイドルである。よ~く考えると、昭和36年生まれ。今年45歳になるマコちゃん。

ん~・・・

変わらない♪♪♪♪

テレビで見かけるマコちゃんは、今も非常に魅力的。逆に、アダルトな雰囲気がムンムンで・・・

たまらんっ!!

確かリアルタイムでマコちゃんを見ていたのは小学生くらいだったなぁ~。「全員集合」とかに出て、ドリフとからんでいた記憶がある。「あなたも~お~おかみにぃ~」と歌っていたマコちゃん。笑うとあのタレ目と八重歯がニッコリ・・・

たまらんっ!!

70年代アイドルが最近よくテレビに出てくる。堀ちえみや早見優、そして森尾由美。みんなアイドル時代も可愛かったが、逆に今の方がリアルにステキだ。もちろん私より年上なのだが、全然そんな気がしない。

マコちゃ~ん、結婚してくれ~!!

変わった人と言われるかも知れないが、私の携帯の着メロは「春ラ!ラ!ラ!」である。もちろんマコちゃん。営業の人と話してて、いきなりこれが鳴るとドン引きである・・・(汗)しかし、分かる人には分かるらしく「私も好きやったんですよ~。」と話に花が咲く。

思い出はアイドル時代のマコちゃんで、好きなのは今のマコちゃん。

こんなことを考えながら、今日もせっせとポテチを並べておりました。明日はまた滋賀遠征です。いえ、ライブを見に行きます。

「奏」on 東近江「太子ホール」  18:30~ぜひ見に行こう!!

来年1月14日(日)は、竹の音にミサハマを見に行こう!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

未知と無知の交錯

001_33 かつて・・・某平和○堅田店で働いていた頃(まだ20代前半)、暗がりの中からエレキ持った面々がゾロゾロ建物から出てくるのをよく目撃した。後にそこが「ハックルベリー」だと知ることとなったのだが、その時は何も知らずに・・・

「インディーズなんて・・」

と思い込んでいた私。ホンマに反省・・・

数年経った今、まさかその「ハックルベリー」に自分がちょこちょこ行くことになろうとは夢にも思わなかった。

多くのミュージシャンと知り合い、インディーズシーンが熱いってことを知った。己の無知さを痛感した。聴く音楽はメジャーの音楽ばかりだった私。その無知と未知が交錯したのが、99ライブ(旧:八日一週間)であった。

そして今・・・

未知の領域へ飛び込んだ私。泪さんのギターに驚愕し、ゆきまささんの歌に涙し・・・そこから飛躍的に未知の領域がさらに拡がった。八日市から京都へ、そして甲南へ。あらゆる領域に飛び込むほどに、さらに未知の領域が拡がっていく・・・。

ん?これぞまさしく「∞(無限大)」なのか??

今だ行ったことのない「十三テハンノ」。そこにはまた、猛者がひしめいているのだろう。「パルチザン」にも。もちろん「拾得」「和音堂」にも・・・そして滋賀にも。

自分の知識の範囲など、知れている。知らぬ間に「井の中のカエル」になってしまっている。私がギターを持たなかったら、きっとこんなに自分の領域が拡がってはいなかっただろう。オンボロのヤマハのギターを買ったおかげで、今のこの幸せな環境がある。

感謝せねば。大切にせねば。努力せねば。

セットで29800円だった、ヤマハの「F-38」。それが今では30本のギターと、多くのミュージシャンとの繫がりになった。

この今の環境を「石野真子と結婚させてあげる♪」って権利と交換してやる!って言われても、絶対しない。何にも変えがたいこの環境を、大事に大事にしていくぞっ!!

ほんまに、感謝せねば・・・でないとバチ当たるわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

寝ないといけません

001_32 一昨日、ガソリンを満タンにしたのに、昨日帰宅時にオドメーターを見ると、2日で200km走っている。最近なまら走行距離が伸びる・・・というか、最近なまら滋賀に向かって走っている。

昨日も仕事終わってから五個荘に向かった。仕事をパッパと片付けて、FG-180を担いで向かった。ライス君はもうスタンバってて、2時間ほどカラオケボックスにこもった。

29日のライブが終わってから、睡眠が浅かった。毎日4時間くらいしか寝てなかった。夜更かしして、朝は不思議と目が覚めた。仕事中は非常に眠たい。

え・・・?

4時間寝れば充分じゃねぇか?

いえいえ、私は6時間寝ないと調子狂うんですよ・・・。34歳、まだまだ寝盛り♪めっきり体力の低下が囁かれる私。腰や肩が痛い今日この頃。

ありがたい話、1月にまたライブに出していただけることとなった。試験、年末商戦・・・いろんな障害を乗り越えなければならない。そのため、昨日珍しく事務所の机に向かって、年末商戦の段取りを計画していた。休みもうまく工面して、いろんなミュージシャンのライブへ行こうと、それも計画していた。京都・大阪のライブハウスにもちょこちょこ向かおうと思っている。

そんな思いが、けっこう仕事に好影響を及ぼしている。だらだら長くしてしまいがちな仕事が、メリハリのついた仕事に変わりつつある。

うーん・・・私らしくないなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

アエイウあわわ・・・

001_31 朝から部屋を片付ける。先日ゴキゴキ久しぶりに参上。

ギターを弾く。試験勉強せな・・・(汗)。

布団を干すにはいい天気♪湿気で重くなったマットレス(低反発)をどっこらしょっとベランダに。この低反発マットレスにはずいぶん助けられている。腰痛には本当にいい。

昼ごはんに久しぶりにピザを宅配。1000円割引券があったので格安で注文出来る。シカ○ピザの生地はイマイチである。トッピングの具材もイマイチ。でも安いんで良しとしよう。

夕方から「竹の音」に向かう。一昨日のライブでの課題を拾い出し、修正をかけるためである。

鏡を見るのはアタマ乾かす時と歯を磨く時くらいだ。ましてや歌っている自分の顔なんぞ見たことがない。試しに鏡見ながら歌ってみた。

驚くくらい・・・クチが開いてない(汗)

日頃から早口で、モゴモゴ話す私。歌も加速するにしたがって、モゴモゴモゴ・・・。先日のライブでもモゴモゴモゴ・・・。自覚しているだけにタチが悪い。以前からの課題だとは思っていたが、全然改善が見られない(改善しようとしていない)。

スパっとダメはダメと言われるのは嬉しいものだ。というか、常に課題を持たないといけない。満足してしまえば、そこまでである。ギターも中途半端・歌も中途半端では、来て頂いた、聴いて頂いたお客様に申し訳がない。

まずは、基本の「発声」から。「アエイウエおあ・・・あのねぇ・・」と、かみまくりである。ここまでヒドイとは・・・。ま、初日だ。明日から通勤の際には声を出すことにしよう。

練習終了後、しばし談笑。私含め4人でゲラゲラ笑っていたが、私は3人の眼の奥にある真剣さを思い知らされることとなる。白いウ○コやなんやの会話の中にも、音楽に対する真剣さが何度となく垣間見られた。そしてまた自身の「座井観天」っぷりを痛感することとなった。

帰宅の途・・・さっそく大声を出す。

「こぅら!前の車、トロいんぢゃ~、ワレ!!」

口の開け方に注意して叫ぶと、何だか歌舞伎のセリフみたいで面白かった。毎日口をパクパクすることで、クセづけされればいいなと思いながら名神に乗った。

本日の練習では、私が最近彼女をゲット出来ない理由まで分かった。収穫は多い♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »