« カウント・ダウン | トップページ | 一杯のきつねそば »

2006年9月14日 (木)

究極のFG!

Fg2000 実は・・・今日のブログを一度ボツにしました。タイトルは「言えた義理じゃないけれど・・・」です。昨今ニュースでよく聞く「飲酒運転」にもの申したブログでした。

でも、削除しました。かく言う私もしたことあるからです。泥酔ではないにしても、した事実は事実。だから言えた義理じゃありません。幻のブログと化しました。「したことあるもんが偉そうに言うな」とツッこまれる前に削除です。

さてさて・・・

当店(もう店になってる)の在庫の中の84%は「FG」です。最安値は5000円、最高値は39万円。実に38万以上の差があります。

38万円の価格差はなんでしょう?「ハカランダ材」と「サペリ材」の違いでしょうか?単板、合板の違いでしょうか?38万円分の「音の違い」でしょうか?

たとえばFG-140ってやつがあります。オール合板で、サイドバックはあの「ラワン材」です。ラワンといえば、ホームセンターでお馴染みの「ベニヤ板」です。ギターの材には全く不向きです。木材辞典見てもクソミソです。

それが、どうですか。驚くほど激しく鳴きよります。

「ハカランダ」って材が、どうも一人歩きしている感じです。確かにハカランダ、カキーンとした音の中に柔らかさもあって、非常にまろやかな音です。だからといって、「マホガニー」の音が価格分だけ落ちるでしょうか?ハカランダのギターに、あのギブソンの音が真似出来るでしょうか?絶対無理です。

音には好き好きがあります。その好き好きで自分の愛用ギターが変わると思います。いくらいい材料で作ってても、オールドには勝てません。割れ目だらけのギブソンを数本見ましたし弾きましたが、圧倒です。我がFG-2000でも、相手になりません。

究極の!!ってギターは、人それぞれです。

前回「竹の音」で披露した「竹の音専用竹ギター」。リペアショップでは不評でしたが竹の音では絶賛でした。私も好きな音です。結局、それぞれお気に入りの音があって、そこにはまれば「いい音」・・・それでいいんですよ。

オークションやWebショップで「激鳴り」とかよく書かれてますが、まずは疑うのもいいかも知れません。「激」ってレベルも、よーく考えればファジーなものです。弦に触れてもけっこう音がするんですから、ギターは。ピックで弾けばそりゃどれも「激鳴り」と言えるでしょう。私の原点「FG-180」でだいぶ勉強させられました。数本弾きましたが、まぁ、音の悪いものの多いこと。それでいて「94000円」・・・ビックリです。

リサイクルショップに転がっていた、その5000円のギター。最近出た「FG-730」と比べても、圧倒的に5000円の方が音量もあり、楽しめます。昔のヤマハは型番が大きくなるほど値段も高くなっていたのですが、安いモデルでもしっかり作ってあります。リサイクルショップは「宝の山」です。オークションでは1万円しそうな純正ハードケースですら、2000円で転がっています。

皆様もきっと、究極の1本!に出会うことでしょう。

そんな究極の1本探しに、「ギター屋はまやん」をご利用下さい。きっと、オールドヤマハの中にも、あなたの求める1本があるかも知れませんから(全種類はないですよ)。

ちなみに・・・

ローズ系:ローズウッド・ハカランダ・コーラルローズ・インドローズ(ピーンとした張りと伸びを兼ね備える音を出す。非常に上品な感じの音)

マホ系:マホガニー・ナトー・サペリ・くるみ(やんわりした中にジャッキリ感が出る。ホワっと拡がる感じの音)

が私の思うところであります。あくまでも私感です。

|

« カウント・ダウン | トップページ | 一杯のきつねそば »

コメント

おっちゃんはギターヲタクです。
主にエレキギターなんですけど、最近のギターは1本もありません。一番古いのんが、1976年のSヤイリで、まぁまぁ鳴ります。次が、1978年のギブソンSGで粘っこく鳴ります。
いろいろあるんですが、究極は、アレンビックのSSGで、セミホローボディーのエレキなんですが、ナマ音抜群です。ライブで1回だけ使いました。
ミサハマさん。今度ゆっくりギターの話しましょう。
ちなみに、おっちゃんは↓のサイトよく見ます。
http://www.fuchu.or.jp/~kagu/mokuzai/

投稿: おっちゃん弐号@ともろ | 2006年9月14日 (木) 08時52分

トモロ師匠>

ワタクシはまだまだかけだし、勉強中です(汗)。
これからはいろんなメーカーさんのギターも
勉強していかなくてはなりません(汗汗)。
またゆっくり講義して下さいませ♪

紹介のページ、私も利用しておりますよ。
木材によって、どんな音がするのか興味津々で、
いろんな材のヤマハを集めてる、といっても過言では
ないかと思います。

以外と「コーラルローズ」ってのがいいのかも。

投稿: ミサハマ | 2006年9月14日 (木) 09時58分

リサイクルギター大好き、世の中に買った物の飾り物のギターがどれほど多いもんか!フレットを見れば弾いた気配なしギターは弾かないとどんなに良い材質、名ブランドか知らんけどかわいそう。弾けばどんどん眠りから覚めると思います。弾けない時はステレオのスピーカーの前え置いて音楽を聞かせてます。(某手工製作家談)やってみたら効果大でした。作るのは私育ての親はあなたとも!迷ブランドでもフレッチングの甘いのも多い(先生談)初めから鳴りすぎるのは音が早くへたる。ギタレレ安いけどオクターブピッチ正確!!さすがヤマハ!

投稿: shige爺 | 2006年9月14日 (木) 20時17分

シゲさん>

ボロボロのFG-180が、やっぱり「激鳴り」です。
傷だらけやわ、きちゃないやら・・・でも、やっぱり
百戦錬磨のツワモノの音は、なるほどですね。

打ちのめされて、育つのは人間も同じですね(汗)。

投稿: ミサハマ | 2006年9月15日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/11886748

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のFG!:

« カウント・ダウン | トップページ | 一杯のきつねそば »