« 明日のうた(1) | トップページ | From ○○○さんへ »

2006年9月24日 (日)

明日のうた(2)

こんばんは、「日曜どうでしょう」です。さて、ライブ三昧の後半です。

山科まで「竹の音」から(通称)おとうさんに送っていただく。そこから地下鉄に揺られ、三条京阪に向かう。目的はひとつ「わからんや」ライブに向かうのである。

19:30スタートのライブ。15分前に到着。されど・・・初めての経験・・・

満席っ!!

コソコソっと1つだけ空いてる席に座る。ある意味真ん中でいい席だ。

1組目:酔いどれなんとかという3ピースバンド。ギターはなんと「YAMAHA L-10」初期型であろう(すぐ分かるところがオタク)。ボーカルのお姉さんがまぁ凄いのなんの。今まで見たインディーズ女性シンガーでNo.1であろう。それはもう、地響きのようなボーカルであった。もう1人の女性ボーカルは少々緊張気味であって、その2人のギャップがおもしろかった。

さて、2組目。

005_1 すのうさん。先週「竹の音」で感激~であった。まさかの2度目。

しかし、今日もパワフル。広島から高速バスではるばる来京。

前回同様、物凄いパワーで迫る声とギター。顔を真っ赤にして、ハーハー言いながらの歌はまさに「雄叫び」!!しかし、しっかり歌詞が入ってくる。そしてお洒落なギターのフレーズが降り注ぐ。たまらないなぁ、この躍動感は。

MCもやっぱり「楽しい」♪今日の衣装は、さっき古着屋で買ったそうな(笑)すぐさまネタに。素晴らしい。

しかし、パワーのある歌だ。こっちまで力が入る。その興奮冷めやらぬまま・・・

黒い服を着た男が歩いて準備する。今日もメラメラオーラが出ている。

私をまさに「震撼」させた最強の男が、ステージに立った。

006 中村ゆきまさ氏

降臨!!

私のボルテージも一気に爆発。かぶりつくようにステージを見る。今日はギブソンJ-200。最初の曲からまさに爆裂である。激しいアクションとともに撒き散らされるオーラ。そしてあの声。

感激もひとしおである(涙)

なかなかライブに行けなかった。ゆきまささんのライブに休みが合うことを待っていた。「マスタッシュ」「わからんや」で拝見して依頼、もう1年以上経っているはずだ。

小野田さんに「凄い人がいる。」と紹介され、初めて見た時に、サブイボが出た。初めて「わからんや」で話した時、そのオーラで潰されそうになった。その歌1曲1曲の「魂」みたいなのがズバズバ飛び込んでくる。

ギターもガッシガッシと弾く、私好みのスタイル。髪を振り乱し、ステージ狭しと動きまくり、そしてドカーンと飛び込んでくる声。今日もサブイボ早くもMAX!!

圧巻だ。

圧巻以外、言葉が見つからない。

最後の曲「明日の歌」。涙が出そうだった。いい歌だ。本当に心に響く。ニヤリと笑顔がこぼれる瞬間・・・

ノックアウト☆チ~ン

会場を後にする際(本当に)少しだけお話した。ステージ上とは違い、本当に優しい声で話してくれた。そして、思わず・・・

あ、握手てください・・・

ガッシと握ってくれた。本当に嬉しかった。

本当に嬉しかった。よし、頑張ろう。明日からまた、ギターを頑張ろう!!頑張れる。憧れの人のステージを目の当たりにして、ベタなくらいに喜んでいる私。

高瀬川沿いに多くの人。木屋町通りは怪しい雰囲気になっている。

私はその通りを、他の人とは違う気持ちで歩いていた。

|

« 明日のうた(1) | トップページ | From ○○○さんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/12027870

この記事へのトラックバック一覧です: 明日のうた(2):

» 高速バス・夜行バスがおすすめです [高速バス・夜行バスで行こう]
みなさまはじめまして。このブログでは、「高速バス」あるいは、「夜行バス」を中心とする、主に長距離バスに関する紹介をしていきます。 [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 03時36分

« 明日のうた(1) | トップページ | From ○○○さんへ »