« 串が来る来る・・♪ | トップページ | 飛び入れるのか?? »

2006年7月 9日 (日)

スー・シンへの想い 2

数日前のブログで、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」に再度魅せられたと書いたのを覚えているだろうか?(そこまでの愛読者はいない)。

衝動買い・・・

0708 3部作DVDセット・・・。ネットでポンポンと買える。しかし発売されたのはちょっと前・・・。いったい何のきっかけで発売されたのだろうか?それにしても、あまりにトントン拍子に事が進んだので、不思議な縁を感じる。この映画にいろいろと人生左右されている気がする。

仕事から帰って、お茶漬けをサラサラっと流し込んでDVDを見る。まだセリフを覚えていない3作目を見る。けっこういい出来だなぁ、と改めて。2作目・3作目は劇場で見た。3作目が消化不良だったのでよかった。

実際、幽霊さんと知り合いになり、意気投合し、そして恋に落ちたらどうなるのだろう。陽に当たると消えてしまうし、冷たいやろし、ご飯も食べられないやろし・・・。夜しかデートに行けないってのも困り者だなぁ。

でも、結構楽しいかも♪夜な夜な河原町を散策して、八坂神社に行こうとしたら怒られて、鴨川沿いを歩いて、寺町の線香の香りを避けるように路地に入って、ご飯を食べるけど塩味は全然ダメだからスイーツしか頼めない。朝になる前に消えないといけないから、ある意味門限が決まって健全な付き合い??

でもふと「あたし・・・そろそろ成仏したいな・・。」なんて寂しい顔して言われたら・・。もちろん結婚出来ないし、親には見えないし・・・。でも、彼女の想いなら仕方ないのかなぁと想って最後のデートに。

彼女の骨壷持って、貴船神社に。蛍見ながら時間を過ごす。今までの楽しかった話なんぞしていたら、いつの間にか東の空が明るく・・・。「陽が昇ると、私行かないと・・。」「お、お別れか・・・。」「離れたくない。」「う、うん・・・でも、成仏しないとね。」「生まれ変わると貴方のことはもう・・」「思い出は俺に残るさ。」「私の中には・・・。」「・・・・・。」

チュンチュンスズメが鳴く。遠い比叡山に朝日の光が忍び寄る。「ちゃんと埋葬してあげるからね。」そう言うと彼女は「じゃ、またね・・。」と言って消えていく。彼女と写した写メールはもちろん私しか写っていない。でも、二人で撮ったプリクラに、しっかり彼女の落書きが残っている。2枚のうち、半分は彼女の墓に骨壷と一緒に入れる。

本当にそんな気持ちにさせる映画である。まるで自分がその話の主人公のような感じになってしまっている。まさに魂を持って行かれた、と言っても過言ではないだろう。

1作目だけでいい。ぜひともレンタルして見てほしい。下手な日本映画やハリウッドの感動作より泣けるはずだ。タイタニック等、数々の感動作はあるものの、この私を号泣させた映画は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」と「南極物語」だけである。

|

« 串が来る来る・・♪ | トップページ | 飛び入れるのか?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/10851210

この記事へのトラックバック一覧です: スー・シンへの想い 2:

« 串が来る来る・・♪ | トップページ | 飛び入れるのか?? »