« 落武者ライブ | トップページ | 水曜どうでしょう »

2006年7月16日 (日)

鬼無双

昨日の歌うたいは何事もなかったの如く、仕事に向かった。

仕事もそこそこ順調にこなしていた。今日は人員が少ないながらもけっこういい感じでまわっていた。夕方前にどえらい夕立がきて、祇園祭を危ぶんだ。夕立の中、走って喫煙場所までダッシュする女性社員を見て、「たくましいなぁ~」と思う。

事件はそこからだ!!

どうもうちの担当部署内でいざこざがあったらしい。パートさんが泣いていたとかいう話を聞いた。「お客様に意見されたのか?」とか思っていた。私は結構ほったらかし主義で、言い争いをしていてもほったらかしにしておいて、口喧嘩が終わったころに仲裁に入る。

だが・・・今回はちとパターンが違う。試食販売のおばちゃんとのいざこざらしい。

一人のパートさんが事の詳細を説明に来た。話を聞く・・・フムフム。

・・・スイッチ、オ~ン!!

そのおばちゃんを呼びにいった。見るからに口うるさそうなおばちゃん。

いつもの事ながら全然食い違う話。どちらが真実なのかは分からないが、部下を泣かされたこちらの怒りは最高潮!!逆ギレ気味に話すそのおばちゃんに完全にキレた私は、俗に言う「鬼濱野」の形相になっていた(と、事務所で見ていた同僚は話す)。

「おんどれ、わしの部下を泣かしてただで済むと思っとんのけ、こら、われ・・・・・・。」

姫路弁が炸裂し始めると、私の周囲には誰も近寄らない。そしてその怒りが雷へと変わる直前・・・・・さすがに見かねた店長が飛んで止めに来はった。

その数分後・・・・・店長も爆裂した・・・・・。

それからは全然仕事にならない。ムカムカして仕事どころではなかった。机やカゴをボコボコ蹴って、押さえ切れない怒りのハケ口を探す。この光景を見て・・・「あのシュニン、怖いわぁ。」「あのシュニン、キレたら殴るらしい」といった噂を呼ぶのだろう。

幸い、泣かされたパート社員は落ち着いて仕事をしていたので良かった。敵の復讐を警戒してしばらく張り付いていたが、何もないようだったので撤収。

後味の悪い夜だった。地元の人だったので、今後どういう復讐をしてくるか分からないが、私が困るのはなんてことない。

親兄弟、大事な人、友人、同僚、部下・・・私にとって大事なものを泣かす物の前で・・

私は「鬼濱野」と化す その形相はチーコくんとライスくんは知っている・・・

普段はかなりマイルドなんですよ、ホンマ。優しいナイスガイなんですよ。私のお嫁さんになろうかな、と考えておられる方(おるんかいな?)、優しいから安心してね♪

|

« 落武者ライブ | トップページ | 水曜どうでしょう »

コメント

お疲れさまです‥m(_ _)m

で、結局、ことの真相は? どちらが悪かったんでしょうか?
なんか、最後はどうでもいいような、結末ですが、、(笑)

投稿: 海太郎波ざぶん | 2006年7月17日 (月) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/10971707

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼無双:

« 落武者ライブ | トップページ | 水曜どうでしょう »