« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

笑顔はステキ~♪

0731 まなみちゃ~ん♪

ビール売場にずっと貼ってあった。ぐ・び・な・ま・と4枚の写真が並んでいる。私は特に「ま」の顔が好きだ。

さっそく、パチってきた☆

小西真奈美は特に好きな女優ではない。というか、むしろ私の嫌いなタイプの顔だ(向こうも「おまえに言われたないわ!」と言ってるだろうが)。でも、この「ま」の表情は最高にいい♪

女性に限らず、笑顔はステキだ。私のようなブ男でも、笑うとマシになる。

人間、なかなか毎日笑って過ごせない。特に社会に出ると、笑えないことばかりだ。

本日、店で万引きがしょっぴかれた。2日前にも上の階でパクられたばかりのおばはんだった。謝っていたが、ポリがきたらもう逆ギレ!本当に残念な人だ。パクられた商品はもう売りものにならない。刺身は黒くなり、フライはベチョっとなっている。

こういう商売柄、お客様の嫌な面にもよく遭遇する。カレーが並んでいる棚の奥に刺身やミンチをわざと突っ込んでいたり、試食のカップを奥に隠してたり・・・。棚の奥で、刺身はこれまた黒く変色している。食べられて本望のお魚さんもこれでは浮かばれない。

残念かな、スーパーはお客様を選べない。お客様はスーパーを選べる。

本音・・・

二度と来んな、ボケ~!!

ってお客様もいはる。何かにつけ文句つけるお客様、少しパッケージがヘコんでいるだけでくそみそ怒るお客様・・・。でも、そんなお客様はいい。ちゃんと買おうとする姿勢を見せてくれるから。

許せないのは、前述の「わざと生鮮食品を常温棚に隠すお客様」・・客じゃねぇ。

返す場所が分からないで、その辺に置き去りにするくらいなら全然かまわない。でも、カレーの棚の奥深くに刺身を置く道理はない。これは明らかに「確信犯」である。

世界には1粒の米が食べれないために、死にゆく子供がいるのだ。

日本でも、親にすら見離され、ドッグフードを食べて繋ぐ命もあるのだ。

どう思って、刺身を奥深く隠すのだろう。恨みか?愉快犯か?

さすがに笑っていられない。現場を見たら胸倉つかんでやりたい。でも、出来ない。すれば最後、そいつは「客」という権利を振りかざし、私のクビを切る。

笑って毎日過ごせたら、世界は平和だろうな・・・。楽しいだろうな・・・。世界の紛争もなくなるだろうな・・・。カンタンなことが、全世界で不可能になっている。「笑う」って事。

だからこそ、このウソくさいまなみちゃんの笑顔でも、癒される。

ウソくさくても、笑っていればなんとかなる。笑っていれば、少なくとも周りは不愉快にはならない。

その笑顔の奥底さえ探ろうとしなければ・・・。

しかし、まなみちゃん・・・可愛いなぁ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

中国プロジェクト

0730_2 暑い一日であった。体は汗が乾いて出来た塩でジャリジャリ。悪霊は寄り付かないであろう。

暑い店裏で商品をせっせと積み替えている間、いろいろ考え事が出来る。店の人には「主任さん、いろいろ考えながら仕事したはるなぁ~。」くらいに映っているのだろうが、もちろん仕事の事を考えているわけではない。

来年春にも実現させたい「中国路上ライブ」の計画をちゃくちゃくと。何日間滞在してとか、どこで歌ってとか・・・いろいろ妄想は続く。

そのための歌も作らないと。まず日本語で作って、中国語に訳してみよう。そのためには、完全にサビついた中国語学力を少しでも復活させよう。

・・・と、懐かしい教科書を引っ張りだしてきてイチから勉強し直し。

うぉーしーびんーいえ~、にぃはお~♪

と、おちゃらけムードでの自習となる。

ま、とにかく目的があるのだから学習も苦ではない。人間、目標を失うと一気に老け込んでしまうからね♪幸いかな、私には趣味がたくさんある。しばしは退屈しない人生を送れそうである。

目的といえば・・・

「竹の音」さんからライブブッキングの話を頂戴した。本当にありがたいことだ。喜び7%不安92%の私・・・。私如きの演奏では・・・と思いながらも練習を始めることにした。後は仕事で異動がないことを祈るのと、休めることを祈るのみだ(ま、無理にでも休むけど)。

いろいろある人生。趣味があるおかげでけっこう充実した人生。

あ~、ありがたいなぁ。感謝である。疲労も少しは癒される思いである。

ささ、頑張って「A」コードを押さえながら・・・

ちょーしーしぇんま??道のりは長そうである・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

あなたのそばにいさせて・・

今日は久しぶりに遅くまで仕事をした。暑い一日やった・・・ザーッと夕立みたいに雨も降ったし、けっこうムシムシ。疲労は激しい。ダイエット中なのでこんな夜でもそないに食べられない・・・。今までなら「自分にお疲れ様~♪」などと理由をつけてラーメン来来亭に速攻向かっていただろうに。

さて、売場でせっせと商品を出す。お客さんがいない売場はシーンと静まりかえる。社員は皆帰ったので

やりたいだけ出来るぞ~!!

ふと、そうめん売場を手直ししている際に1コの商品を見る。

0728_1 生そばである。八割そばである。

昨年オープンして、初めての夏・・・かなりよく売れたのを覚えていたので、今年も売りまくって育てようと思っている生そばである。

ひぜうにおひしひ♪

ゆでそばはベチョっとしているが、この生そばは違う。確かに茹でて洗うのが面倒ではあるものの、やはりうまい。信州のそば屋で食べるそばのようで・・

「そばの修学旅行や~♪」kahoさ~ん

我ながらよく育てたおかげで、売れまくり。そりゃ、美味しいもんね。やはり「違いの分かるお客様」に大変支持されている。

私の歌も・・・違いが分かる方には分かる歌ばかり(ん??)万人ウケする歌を目指すべきなのかぁぁぁぁぁ~。いや、私は私。カモメはカモメ(BY 研ナオコ)

とりだめしているおかげで、かなりロングランの売り出しになっているが、まだまだ育てて、全店1位になってやるでや~。

フフフン♪と気分よくなったところで、本売場に目をやる。

0729 伊藤美咲・・・可愛いのぅ。

しかし、女性誌ばかりじゃのぅ。

確かに、女性客の多いスーパー・・・エ○トピアとかスーパー写○塾を置いても見れないや。

しかし、伊藤美咲は綺麗じゃのぅ。

こんな女性が嫁さんなら・・・金かかりそう☆オシャレしそうやし、気を使うし、こっちが汚いカッコしてたら怒られそやし・・・

普通の女性が一番。

地味な女性、急募!!

と言っている間に帰宅。鶏肉を炒めて、そのフライパンに水をドパッ。わかめスープをぶちこむ。うーん・・・

「味の迷宮入りや~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

下品な音たち

0728 休日である。昼まで寝ました。寝れるって幸せ~♪

昼からご飯を炊いて、洗濯して、お買い物。久しぶりに晴れの休日。ソフランが切れてる・・買っておかないと。フフフン♪と鼻歌交じりに洗濯を干す。

用事を済ませてしばしギターを弾く。久しぶりに部屋干しギターを総入れ替え。ちょうどいいタイミングなのでライトグリーンラベルの2本を出す。

FG-150は以前「柾目ウッドメーカー」清田氏によりチューニング済。小さいボディーで激しく鳴っている。それに引き換え180はまだ本領を発揮していない感がある。

・・・といった訳で、さっそく「柾目ウッドメーカー」を訪問☆

ひと目見るなり「う~ん・・」とは清田氏。私も少しは調整したネックであるが、やはりあまり良くない状態らしい。ナットサドルをとりあえず作り直すことに。牛骨をガリゴリ削って作業開始。汗だくで作業する姿を見ながら、技を少しずつ知識とする私。

けっこう反っていたネックを自分なりに調整し、清田氏に「けっこうまっすぐやん。」と言われてホっとした。サビをとって、ボディーもツヤツヤにした。あとはネックの調整とナットサドルの仕上げ・・・ここはまだプロの手に委ねようと思い、かけ込んだ訳である。

1時間強、作業終了。弦高は5mm強あったものが3.2mmまで下がった。

そして試奏。

キ、キタ~!!!!!FG-180の音だ♪

俗に言う、FG-180の「下品な音」である。もちろん、いい意味である。

ハカランダやローズ的、マーティンの音・・・煌びやかな音ではない。かと言って、ジャリジャリっと歯切れのよい、ギブソンの音でもない。低音はそないにきつくないが、前に「バーン」と出る、まさに爆発音である。元祖「ご近所迷惑ギター」の音である。

Eコードを弾いた瞬間に、あの180の音が戻っていた。バリバリ鳴るその音は、まさに「下品な音」、荒削りな轟音、これが「下品な音」である。今のYAMAHAのギターにはない音である。

ライトグリーンの2本は、堂々たる姿で部屋に並んでいる。2本とも、40年の歴史を経て今、私の部屋に鎮座している。その2本の音は、他のFGやLLにはない音を出す。確かにマーティンのような豪華さはない音である。ギブソンのように響きわたる音でもない。されど、そのFGの「下品な音」が好きなのである。決して上品でない、よそ行きの音ではない。聴く者を静かな世界に引き込む音ではない。

その「下品な音」には、高度成長期を熱く生きてきた、がむしゃらな日本が映し出されている・・・そんな気がする。そんな日本に私は憧れる。

だから私はFGを愛するのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

仕事もギターも

深夜11時、帰宅。今日は久しぶりに太陽を見た。私は幽霊ではないので太陽の光を浴びても幸いかな消えてしまわないが、とけそうなくらいの暑さの中での仕事であった。

ちょっと外で荷物を整理しようものなら、汗がダラダラ流れる。激しいホワイトカラーだ。

帰宅して、納豆だけのダイエットメニュー。そそくさ済ませて、メールチェック。そして気合を入れて「ギター屋はまやん」開店。今日は届いたばかりのボロボロ「FG-180」をメンテナンス。ペグはサビサビでカチカチやし、ボディーも汚れがこびりついている。サドルはなんと「針金」である。それでも鳴りは轟音。やはり恐ろしい180。

0727 ペグ・サドルをホイホイ外してまず外側を磨き倒す。オイルやポリッシュを3種類使い、荒磨き・オイル塗り・ワックスと進めていく。けっこうタオルが黒く汚れるものである。キレイに見えても意外と汚れているもんです。

そして難関、サビサビペグの清掃とゆがみ修正。サビはペーパー2種類とピカールで研磨。シコシコと男の本能のまま磨く・・はい、磨く。グラつきをペンチで直してオイルアップ。クリクリいい感じで回り、銀色に輝くペグに戻った。

ワイヤーのサドルの下にはなんと厚紙が敷かれていた(汗)ホイっと外してピッタリのサドルを探す。数種類のストックの中から「FG-2000」の牛骨サドルをチョイス。少しペーパーをかけてはめる。オリジナルに近づいた。

そしてボディー内を電気付きミラーで覗く。ブレイシングは大丈夫。お、こいつにもボディーに日付がスタンプされている。昭和41年9月に作られたものらしい。まだオカンが結婚していない頃のギターである。約40年前のギターだ。どんな人々の手に渡ってから私のところに来たのだろう。数々の傷からいろいろ想像する。

さて、ブロンズ弦を張って終了。たっぷり2時間かかった。深夜なので、音は出せない。

売場を作る時、本当に夢中になる。今日も明日からの売り出しの「ボトルコーヒー」をガンガン積んでいた。そして夜はギターを・・・昼も夜も一生懸命になれるものがあって、ある意味幸せである。時間の流れがその時は非常に速く感じられる。それにひきかえ、会議時の時間の流れがまぁ、遅いこと遅いこと・・・。

やはりキレイになったギターは気持ちがいい。さて、明日も朝から練習だ。

ライブ告知:8月2日、京都「わからん屋」に飛び入り(予定)。仕事が入らないことを祈る・・・。その後は・・・99のクリスマスライブ、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

我忘記漢語・・・

0726 「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」に久しぶりにハマり、CDやDVDを買いあさっている私(もち、CMでお馴染みのヤフオク)。

こんな私も、学生時代は中国語に熱意を持っておりました。そりゃ、今でもちっとは話せたり書けたりしますが、あの頃の知識はすっかり薄れ、薄学となってしまっております。

バイヤーの試験が近いので、いろいろと勉強もせんといかんのですが、どうも興味のない勉強には力が入りません。そこで、もう一度学生時代に戻ったつもりで中国語を勉強し直そうか、と思いついたわけです。

高校2年生の時に見た「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の言葉の美しさ(あれは広東語であるが・・)に惹かれ、中国語を学習しようと大学入試に向けて猛勉強!偏差値35、評定3.1の男が京都産業大学を目指し、職員室で「奇跡の男」と言われた。中国にも2度行った。卒業旅行は1ヶ月の一人旅。解放軍兵士に囲まれたり、偽チケットをつかまされ、途中下船させられたり、成都で美味しい料理に感動したり・・・

あの頃には夢があった。あきらかに熱いものがあった。

なりたくない大人になってしまっていた、いつの間にか・・・。現実に追われ、無難な選択に身を寄せ、保守的になっている。

もう一度、あの頃を思い出してみよう。

そして、いつか連休を利用して・・・

天安門広場で

3・20を

歌ってやる!!

パチられてもいいように、テキトーなギターを持っていって、きっといつか・・・思いを天安門広場で歌ってやるぞ。実行宣言!!来年絶対・・・絶対行ってやる!!3泊4日あれば十分。北京に滞在して、歌ってやる。そのために勉強しよ♪

なんだ、この燃え滾るパワーは。何故か熱いものが込み上げてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

営業マンになるでや~!!

私は「ギター貯金」なるものをして、資金源を作っていた。月々の給料ー財形貯金ー小遣いー光熱費=ギター貯金である。その資金を使ってギターを購入していた。クレジット決済で分割にしたりと工夫しながら・・・。

今年度から、これからを見据えて財形貯金をかなり増額→ギターにまわす金が無い・・・という結果となり、けっこうヒーヒーの財政状況であった。

しかし、いよいよ破綻。もう生活でいっぱいおっぱいである。貯金増やすとやはりこたえた。ま、お金が無いわけではないし、欲しいギターも無くなってきたのでギターが増えるペースは極端に落ち込んでいるから問題は無いのだが・・・。

しかし・・・何気なく入札したオークション。フフンと入札。ま、今の相場から考えるとこの金額なら絶対負けるだろうと高をくくっていたのだが・・・

0725 FG-180 ライトグリーンラベル。

おめでとうございます。あなたが落札しました!!

「え??」とビックリ。こんなに相場下がってるの?このギターは平気で14,5万する相場だったのだが、その半分以下・・・。完全にFGの相場は暴落している。というか、ハカランダ以外の材のギターが暴落しているのかも知れない。

しかし、困った。もう金が無い。

最近けっこうギターを放出し始めている。金欠ではなく、ギターの本数整理である。

売りに走らないと・・・(困窮)。

このFG,どうもけっこう修理しないといけないかも知れない。また「柾目さん」のお世話になるかな?結局合算10万くらいになりそうだ・・・。まぁ、慌てることもない。

けっこう高速にのったりして遠征したのでカード引き落としも多い。ガソリンも値上がりしてピンチ!一人ものであるが、けっこう財政危機。なんとかしないと~★

本日給料日。先月は人手不足でもあり

残業爆発!イョ~ッ☆

エンゲル係数を下げて、財政のスリム化を計ろう。独り者なんでサクっと節約すれば、すぐになんとかなる。某政府も、もっと必死こいて経費削減すれば「増税」なんぞせんでいいのに、と。結局、支出を減らせばいいのだ・・・そう、減らせばいいのだ。

ダイエットも同じ。食べる量減らして出す量を増やせばいいのだ。

72kgの壁が破れない。まぁ、無理してリバウンドするよかましだ。

というわけで、25本から1本減ったギターは、また25本に戻った。ちなみに、これで赤ラベル時代のFG(12弦除く)は一応全部、手に入った。FG-150・180(以上ライトグリーン)、FG-150・180・110・140・350・500(以上赤ラベル)。

集めるよりライブしなさいという声が・・・20件以上(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

2年前の妄想

2004.10.17「その後のミサイル」





 こんばんは、かなりお久しぶりのミサイルです。

 相方のコンピューターに気を使って、かなりメールをしていませんでしたが、お忘れになりましたかね?ミサイルですよ、ミサイル。やだなぁ、お忘れですか? 下手くそやのにいいギターのミサイルですよ。相方もコンピューター修理に大忙しのご様子。私のファイルにはウイルスはいませんから、ご安心を♪



 さて・・・(うぉー、久しぶり)


 エピフォンが帰ってきました。知人に貸しておりましたが、知人が新しいのを買ったそうで、帰ってきました。練習用のギターとして八幡上田店を賑わした(?)エピフォンです。弾いてみると、やっぱりエピの音です。ベニヤ板ギターらしからぬ音を出します。

 私ミサイルは竜王町の「喫茶ロッキー」というステージでぼちぼちと腕を磨いております。師匠には小野田さとるさん(勝手に師匠になってる)、アドバイザーにはトクさん、彩紋さんという豪華なラインナップ。マスタッシュやココザに行っていろんなバンドの音に触れ、かつてのダメギタリストから、やっとこさ幼虫ギタリストに変身しつつあります。まだまだ腕は未熟ですが、頑張っております。いろんな技を我流であみだし、演奏に一工夫出来るよう、日夜・・・いや休日は頑張っております。



  PMCアルバム計画「The PMC」は発売未定。なかなかサウンド・プロモーター(?)のショーゴクンと段取りする時間もなく、ショーゴくんは春には東京に旅立ちますが・・・。

 セカンドアルバム「PMC AS YOU LIKE」も企画どまり・・・。二人で立つ「マスタッシュ」も無期延期。なかなか音楽活動と仕事の両立は難しい。ヨシケンは凄い!!!!!



考えていた企画(妄想)

9月21日 「The PMC」発売(定価1050円税込み)
10月10日 デビューアルバムをひっさげて南草津「マスタッシュ」にてライブ敢行
12月25日 初の京都ライブ「トガトガ」にてワンマンショー
        (ワンドリンク2100円税込み)
1月15日 シングルカット「人生は素晴らしい」がオリコン95位にランクイン。
       カウントダウンTVにてチラッとだけ流れる
3月21日 セカンドシングル「みなさまのうた」が
       NHK「みんなのうた」で紹介される
5月10日 なんとびっくり!!オリコン50位。
       京都会館大ホールでのライブがブッキングされる
6月21日 サードシングル「8月のクラゲ」発売。オリコン18位!!
7月10日 京都会館大ホールでいきなりライブ。
       若干空席もあるがそこそこ満員♪ライス号泣
9月21日 セカンドアルバム「PMC AS YOU LIKE」発売。
       びっくりオリコン15位!?
10月10日 全国ツアー始まる。
        10日10日 彦根市文化ホール
        10月11日 京都会館大ホール  
        10月13日 福岡サンパレス
        10月14日 石垣市民会館
        10月17日 愛知県芸術劇場  
        10月19日 長野エムウェーブ
        10月20日 静岡市民文化会館
        10月23日 北海道厚生年金会館
        10月25日 ゼップセンダイ
        10月26日 金沢市文化ホール
        10月28日 日比谷野外音楽堂
        10月29日 日比谷野外音楽堂
        11月1日  松山市民会館
        11月3日  倉敷市民会館
        11月6日  横浜アリーナ
        11月8日  日本武道館
        11月9日  日本武道館
        11月12日 姫路市民会館
        11月15日 大阪ドーム
        11月16日 大阪ドーム
        11月19日 長浜ドーム
        11月20日 ビバシティーホール
        11月23日 神戸ワールド記念ホール  
        11月26日 野洲文化ホール
11月30日 TBS「カウントダウンTV」にゲスト出演。一躍、脚光を浴びる
12月24日 大阪城ホールにてクリスマス・ライブ。チケット30分でソールド・アウト
12月28日 9時開店始まるために仕事に集中。練りの売り場変更
12月30日 そばの売り場変更。迎春モードに
1月10日  CX「HEY!HEY!HEY!」に登場。
        浜ちゃんに突っ込まれるライスくん
2月20日  決算棚卸のために仕事に集中
3月21日  サードシングル「あさっての午後」発売。オリコン初の1位獲得。


前「PMC」のページに、2年前こんな妄想を書き込んでいた。

・・・アホや!!

どれも実現していない(当たり前)。変わったといえば、私が京都に転勤になったことくらい。

そうそう、変わったことといえば、ミュージシャン仲間が増えたこと。これは宝だ!

そうそう、変わったことといえば、ギターが3本→24本に増えたこと。これは無駄だ!

そうそう、変わったことといえば、ホームページとmixiに参加したこと。これは努力だ!

そうそう、変わったことといえば・・・・・・・・もう、ない。

2年では人間、そないに変われない。まぁ、それも良しとするかな。

Menkyo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

土用の次の日はうなぎ

0724 昨日は「土用の丑」。どの家庭もうなぎを食べたことだろう。売場もまっかっか・・・土用をイメージさせる「赤・赤・赤」・・・。

私もうなぎを購入。毎年「天然物」にこだわって予約する。しか~し、今はダイエット中なので夜には食べない。次の日の朝に食べることにした。

そして今朝・・・

昨日にセットしておいたご飯はいい香りを出して炊けている。うなぎをフライパンであっため直す。タレをしこたまもらってきたのでドバドバかけて焼く。

ご飯は何故か2合ほどどんぶりに。ホカホカのご飯はうまそうだ~♪焼きたて(?)のうなぎをのせて、タレをさらにぶっかける。そして、脂肪の吸収を抑える「黒烏龍茶」を用意。

いただきま~す☆

ホカホカのうな丼はうまいなぁ。ガツガツいけるよ。そして口中はウーロン茶でさっぱり。しかし、朝からうな丼とは・・・

朝から精力満点でや~!!

その勢いで、チマチマと竹ギターのペグを換える。せっかくのうなぎパワーも全然活躍できないくらいの、チマチマした作業・・・。小さいネジをクリクリ回して、ペグのネジをクリクリ回して・・・。力はあり余っているのになぁ~。

そして、完成。ガシガシ弾いてやったぞ!!竹ギター、やはりエレアコにした分、生音は死んでいる。されど、力まかせのストロークで、弾き倒す。

新曲をチロチロ作り始める。かの「同棲時代」である。毎度おなじみの簡単コードだらけの歌だ。でも、私的な歌に難しいコード進行はいらねぇや。歌と勢いで勝負(出来ない)だ!!

しかし・・・ほんま簡単なコードばっかし・・・(汗)成長ないなぁ~★

ダイエット生活は2週目。76kgにまで膨らんでいた私は72kgまで減った。体脂肪も夜には何故か19%にまで減少(なぜ夜には減るのか?)。

毎日腕立て、8時以降には野菜しか食べない。そしてとどめの「黒烏龍茶」。

ミュージシャンはやはり痩せてないとね~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ノッてるぜ!!

0723 ビール売場に貼ってあった。

即、ひっぺがしてきた・・・!!

私の中のギターの神様「布袋寅泰」の発泡酒の販促物である。これは貴重だ。サッポロさんには「いや~、パクられちゃいました、ハハハハ~♪」と、泥棒自らウソこいておくことにしよう~☆

この「TE-HT」ってギター、三条のJEUJIAにレプリカが置いてあったのを覚えている。欲しかった・・・。BOWY時代のあのギターである。アミダ模様がすごいカッコよくって、擦り切れるくらいビデオ見た中学生時代。

BOWYを解散しても、やはり布袋さんは凄い。数々の歌は私に大きな影響を与えた。もちろん、カラオケでもよく歌った。何故か笑いが起こっていたのを記憶している。あだ名が「サーカス」になった時期もあった。

しかし、あのギターテクニックは群を抜いている。恐ろしい速さと走り回るパフォーマンス・・・。これぞギタリストと言わんばかりの離れ業を披露してくれる。おったてた髪もカッコいい~!!

以外とこの発泡酒、売れるんよね。カロリーオフやから、女性にウケるらしい。糖尿のお客様も利用されているそうな。リニューアルでしばし売場になかった時、問い合わせがけっこうあった。

もち、CMの効果はバツグンだろう。

キースリチャーズの歳になるまで、布袋さんにはギターをかき鳴らしていてもらいたい。

しかし・・・職権とはいえ、ありがたいなぁ。もちろん、過去には等身大のポスターや看板も「お持ち帰り」したこともある。うちに持って帰ると、以外とジャマなものだ・・・。けど、女優さんの等身大はいい。大きく引き伸ばされたポスターなのだが、それでもやはり女優さんは美しい。

「キレイなお姉さんは好きですか?」BY 松下電器

「当たり前やないですか~」BY ミサイル。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

竹の音専用ザク

0722 昨日の感動の「99ライブ」から飛んで帰宅・・・

深夜12時締めの発注をうちに帰って実施。仕事が多いなぁ~。休みもおちおち休めない。

話は戻って・・・21日の午前に「柾目ウッドメーカー」に向かう。竹ギターのチューンナップに。新しい場所に移っての初来訪。以前とは比べ物にならないくらい、広くなっていた。

でも、作業する清田さんは相変らず。フンフン~♪と鼻歌交じりに作業していた。さっそく竹ギターを見てもらう。想像以上の酷評・・・↓。やはりギターのエキスパートにしてみれば「カチカチギター」の分類なのだろう。

私的に気持ちのいい音だったので、思いを伝えると・・・出た!清田ワールド。「う~ん、この素材で・・いや・・あれかな??」と思いを探る。結果、牛骨で伝達をしっかりさせることに。

1時間くらいで完了。牛骨サドルナットでやっぱり低音弦がしっかり出るようになった。

「このギター、浴衣でヘッドに風鈴つけたら気持ちいいやろね。」と。

その結果・・・生音で鳴らないなら、エレアコにしてしまえ~!!という提案を受け、ピックアップをつけることに。フィッシュマンのピックアップが転がっていたのを見て、私が興味津々であったから、こうなったのか・・。I-Beamってピックアップの箱に「小野田」って書いてあったような・・・。

結果、エレアコになっちまった。生音は関係なくなった(汗)。でも、生音もけっこうキレイな音で気に入っている。

竹のギターだけに、次に「竹の音」さんでライブする時(あるのか?)にでびゅ~させるとしよう。

THE FGとLL-6、FG-350Eとこの竹ギター。エレアコが4本になっちまった。

豚に真珠とはこのことやなぁ・・・と素直に思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

Yoen-Kaho

7月21日、99ライブの日。

私は本日、お客様の身分。非常に心が軽い♪出る側だとテンパっているだろうが、お客様側なら話は別。楽しみながらのライブとなる。

本日は「Kahoさん帰ってこいよスペシャル」。実力派ユニット「Yo-en&Kaho」のKahoさんが熊本に引っ越すので、しばしのお別れ送別ライブである。いろんなミュージシャンとのセッション等、期待は増す。

0721 さて・・・少し遅刻して会場に到着。Kahoさんとなおっち、tukiさん、番頭さん、トクさん、彩紋さん・・・99の実力者とのコラボは圧倒!Kahoさんの恐ろしくいい歌声とピアノと、セッションとのコンビネーションで会場は完全に魅了。いや、しかし・・・Kahoさんの歌も、ピアノも本当に「圧巻」である。ジャズシンガーも真っ青である。会場に響く声に、場内はなんともいえないお洒落な雰囲気に♪

しかし、やはりYo-enさんとが一番しっくりくる。あのYo-enさんのボーカルとKahoさんの弾くピアノが本当にきれいに交じり合っている。新曲「渦」なんぞ、本当に・・・

妖艶・・・!!

言葉たらずの私は、ライブ終了後の会話で「妖艶=艶っぽい」「妖艶=エロい」などとくくってしまった。非常に失礼な表現が悔やまれる。艶っぽい歌にあの声とピアノが本当にしっくりと・・・!!あの歌はまだまだ化けるな、と私は思う。出来立ての頃の歌をYo-enさんに送ってもらったが、今日のライブでの「渦」は本当に妖艶といえよう。

Yo-enさんの名前の由来は「妖艶」から・・・!?

いい声、いいピアノ・・・いつまでも聴いていたいと思った。500円でこのボリュームとは・・・99ライブは本当に素晴らしい。Kahoさんは最後は声がかれてしまうくらいの熱唱。きっと、熊本でもいい声でライブを続けるのであろう。

凄い人と凄い人は、やっぱりうまく繫がってるもんやなぁ~と、感心☆

熊本と滋賀・・・飛行機なら近いが距離は遠い。この2人が再びステージに立ち、あの歌声とピアノを聴かせてほしいものだ。

Kahoさん、熊本に行っても歌い続けて下さい。

Yo-enさん、曲をガンガン作って歌い続けて下さい。

そして、また2人で「99ライブ」に出て下さいね~♪

0720_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思い出と現実

0720 1995年春、平○堂に入社。

連休制度を利用して、夏のくそ忙しい時に連休をもらう。まだ社員が潤沢にいた頃・・盆前に休みを取ったのはこれが最初で最後だった。

まだ私がカワサキの「GPZ750R」俗に言う「ニンジャ」ってバイクに乗っていた頃だ。旅立つ前にエンジンからオイルが噴き出て「さすがカワサキ、やってくれる!」と笑って修理に出したのを覚えている。

静岡から長野に行き、青森でねぶた祭りを見た。ねぶた祭りに感動した。祇園祭りの数千倍感動した。

そんな思い出の写真が何故か出てきた。

この頃にはギターの「ギ」の字も知らず、ましてやライス君やチーコ君の存在すら知らない。パープル姉さんは守口でブイブイいわしていた頃かな?京都産大を卒業して、社会人の苦しみを知りかけた頃の旅行だったので、感動もひとしおだったのを覚えている。

10年ひと昔・・・いろんなことがあった。

10年の歳月は、私に多くの出会いをくれた。まだ24歳だった私は、滋賀になど知り合いもいなかった。34歳になった私は、多くの仲間と触れ合う機会が増えた。ギター担いでライブのステージに(とりあえず)立つことも出来た。

今、何か・・・・・大きな目標を失っている気がした。試験に合格して、えらいさん道に一歩前進など、私のライフステージの目標とはならない。プライベートの目標が必要なのだ。

仕事は、カネを稼ぐ道具でしかない。仕事は、生きるためには仕方の無い諸行でしかない。

そんな目標ではないのだ。

何だろう、この満たされない気持ちは。ギターはわんさかあるし、金も(それなりに)ある。バイクは1200ccがあるし、友人も増えた。

なのに・・・何だろう、この無力感は!?

今日、退社時に上司に何気なく話してみた。「歳とったからやろ、ハハハハ~。」と笑いとばされた。確かにそうかも知れない。

なんだろう、このモヤモヤは。

何が特効薬になるのだろうか?

痛風と同じく、これも贅沢病だ。やれることをやれる環境にありながら、悩んでしまう。

悩んでいる割に、よく眠れる。つくづく頑丈な自分に感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

祝!25本目

Fgb1n00425362 熱心なミサハマブログの読者なら、もう知っているだろうが・・・

25本目のYAMAHAが部屋に転がり込んできました。FG-B1N、そう「竹ギター」です。

私の部屋は6畳半のワンルーム。ロフトベッドを購入し、その下をギタールーム(?)にしております。ズラ~っと並んだその光景は、小さなギター屋よりも在庫豊富だと思います。全部ハードケースに入ってます。はっきり言います・・・

めっさジャマ!!

幸いかな、うっとこの来訪者といえば「オカン」くらいです。彼女が来たら速攻嫌われると思います。古物商免許をまだ取得していないので、もうけを載せて販売が出来ません。今は原価売価での販売になっております。

この世話がまた大変。ハードケースに忍ばせる除湿材はけっこう経費がかさみます。代わる代わる出しては弾いてあげないと、音も育ちません。奥のほうのを出そうものならこれまた大変で「ん・・こらしょ・・・おわっ・・・ガッシャーン!!」てなことは日常茶飯事です。

この竹ギターのインプレは裏ブログで解説してますので割愛しますが、なかなか和風ないでたちで気に入ってます。そういえば、祇園祭の日、そう「拾得ライブ」に行った日ですね。けっこう浴衣を着た女性が歩いてました。でも・・・

浴衣に茶髪は似合わねぇ!!

って思いました。茶髪が嫌いなわけではありません。今の若者のいでたちには最適だと思います。ただ、私の趣味は

炭団のような黒い髪・・・!!

純、日本風な女性が好みでございます。

ローズウッドやマホガニーといった外国の木材を使ったギターの中で、一際目立つこの「割り箸寄せ集めギター」。21日、99ライブに行く前にお馴染み「柾目ウッドメーカー」でプチ整形をする予定です。

夏祭りのライブにはこれでや~!!(予定なし)

浴衣姿にこのギターは合う!いっちょ浴衣をオーダーして、路上でもしてやろうかな。

新曲が出来ました。話が急転直下で申し訳ない。前回の会議中に(懲りずに)こしらえました。冬、どこかでライブすることがありましたらお披露目したいと思っております。男の女々しい一面の、未練タラタラな歌です。

その名も「同棲時代」・・・・・これこれ、引くな!!最近の会話やブログは、この歌の前フリだったのかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

クイ・サン・モンク

私が京都産業大学を受験することとなって、試験当日に姫路→京都の新幹線の中で聴いていた曲がある。映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」の挿入歌、イン・チェ・ハーが歌う「道」って歌。歌とは言えない、おたけびのような歌である。テレビからラジカセに配線をかまし、録音したのでノイズと効果音が混じる、最悪の録音状態であったが、それを聴いて京都に向かったのが、はや15年前。偏差値35の男が、奇跡的に合格!

0719 ネット社会に(ある意味)感謝!!長年の夢叶い、このサウンドトラックを手に入れた。あの頃の、夢に胸膨らんでいた頃の思いが凝縮されている、このCDを手に入れた。純粋な意味でのサウンドトラックではないが、十分にその想いを叶えてくれたCDであった。

ネットは便利だ。私もホームページやmixiを始めてから、非常に仲間が増えた。顔も知らない人やのに「あぁ、あのミサイルさん?」と聞かれてビックリ・・ってこともある。欲しいものがあれば検索すれば一発発見!

必死の思いで店を渡り歩き、発見した時の感動はすっかりなくなってしまった。これはこれで寂しいことではある。

でも、欲しいものを買えるようになった自分へのご褒美だ、まぁ、良い。ラジオで聴いたあの曲、あの時聴いたあの曲・・・思い出がどんどん現実になってゆく。おまけにプチ独身貴族。寂しさの代償はそこそこのお小遣い。どんどん夢が手に入ってゆく錯覚が恐ろしくもある。でも、やはりお金だけでは叶えられないことが山ほどある。お金は所詮、物欲を叶える「道具」でしかない。けどいっぱい欲しい・・・。

「クイ・サン・モンク」・・・なにかのRPGでのキャラクター。僧侶キャラやったかな?なんでも敵と戦っていると、たまに首をはねるという離れ業をやってのけるキャラクターである。

今日(18日)、私はその「クイ・サン・モンク」であった。あまりに仕事の出来ないおじいさんアルバイトをクビにした。周囲の反対を退けて採用したそのおじいさんは、私の期待に応えてくれることは無かった。公務員をずっとやっていたらしく、民間の厳しさについてこれなかったのが理由である。私レベルの「鬼軍曹」はそこにはいなかったそうな。あと数ヶ月で定年だったのだが、私の知らぬ間に若い2人のアルバイトが入社した。それが会社としての答えだった。

ここまで書くと、けっこういい人に聞こえるのだが・・・

・・・「ハイ、あなたもういらないから。これ退職届!」

てなもんだ。あっさりハマちゃんの真骨頂♪冷酷な表情と裏腹に、心は傷んでいる。でも、ここは民間企業。利益重視の昨今、戦力にならない者を雇うほどの余裕はない。管理職(なんちゃってではあるが)の一番辛い仕事である。でも、ボランティアではないのだ、そう・・・

会社はボランティアで雇用している訳ではないのだ・・・

説教の最後には「今まで支えてくれてありがとう。」と頭を下げた。これは本心。

ブルーな気分を払拭するかのように、帰りの車の中は「道」をフルボリュームで流して、歌う。歌詞もある程度覚えている(もち、中国語♪)道~可道~非常道~天道地道~人道間道~♪と絶好調!!

絶好調ついでに・・・うちに帰ると落札通知。以前から物色していた「竹」製のギターを落札!高騰していたが、最近暴落した。YAMAHAギターのバブルは崩壊した!

0718_1 おめでとうございます。通算25本目のYAMAHAです。

もう置けないよ・・・。ベッドの下にも置けなくなってきた。そろそろ真剣に売る方向に考えないと・・・。

竹製のFG・・・いったいどんな音するのだろう??興味シンシンではある。表板も裏板も竹・竹・竹(合板)。尺八みたいな音がするのか、獅子脅しのような音がするのか・・。

こんな歌・・・

「私はクビ切り屋  歯車にはならぬと言いながら  自分のクビを守るため 私は今日もクビ切り屋  そしてそのうち 自分も切られる 私は哀しい クビ切り屋」

社会派シンガー、そのうちリストラされる!?

その時に作った歌なら、ライブで闘えるかも!?

ぬくぬくとした現状で、真の「社会派シンガー」にはなれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

奏ライブと同棲の会

17日(月)祭日だと知らずに休みを入れていた。祭日に関して全く興味がなくなる仕事なので、祭日の感覚がまるでない。

というわけで京都、丸太町大宮「拾得」にライブ観戦。99ライブや竹の音ライブでおなじみの実力派ユニット「奏」のライブである。奈良線で京都まで出て、郵便局で用事を済ませ、王将七条店で揚げそばを食べて、午後6時。よし、七条堀川から9番バスに乗ろう。9番バスは大学時代からおなじみ。コースは熟知している。フムフム、まだバス来るまで10分ある。次のバス停まで歩いて行こう。・・・お、次のバス停まで行けそうだ。歩こう歩こう、歩いてさっきの揚げそばのカロリーを消費しよう。

・・・・・・・・おぉ、9番バスが通り過ぎていくではないか~

そこからオリンピックの競歩選手のように丸太町まで全力徒歩。なんとか間に合う。

0716 「奏」の演奏を始めて聴いた。すんばらしい~♪黒塗り・矢刺さり・ピンクヘアー・てふてふと、コミックバンドの風貌ながら、聞かせる歌が1曲目から飛び出し、観客を引き込んでいく。TAKEさんのボーカルが気持ちいい。どんどん世界に引き込まれる。

実力者が集まるこの「奏」。さすがのレベルである。これだけの観客の前での堂々たる演奏。いやはや、恐ろしい。

これだけの実力があるからこそ、仮装も生きるのだ。力もないくせにアフロや落武者になるどっかのハトのミュージシャンに言い聞かせてやりたいものだ、まったく(反省)。

奏の他にも、恐ろしい実力のバンドが2組。これで1000円か?内容濃過ぎ、いや、まるもうけ♪こんないい雰囲気の「拾得」ぜひ「奏」が再びこのステージに立つことを願う。切に願う。

ライブ後のお話タイム。お酒があまり飲めない私は、久しぶりに飲んだ酒に飲まれて、えらそうに意見をしてしまった(反省)。しかし、こんな豪華なミュージシャンと知り合いになっている自分は幸せである。KENさんも来られていて、普通に話しが出来る・・・この繫がりは、ギターをやっているからこそ。24本のヤマハに感謝である。

片付けのあるメンバーの邪魔にならぬよう、そそくさ店を後にする。車内の会話を聞いてみたいもんだ、な~んて思いながら雨の降りしきる丸太町通りを歩く。途中、京都府庁の前に。久しぶりに見る。学生時代以来ではないだろうか。思い出はよぎる・・・。

ライブ後の会話の中で、「同棲っていいな」って会話になった。私は今、身軽だからこそフットワークでいろんなライブに行ける。結局自由がいいのだ。でも同棲はあったかい♪帰るとご飯があり、家を出る時は送ってもらえる。そのぬくもりは、現在ない。帰ると暗い部屋、チンするご飯、コンビニ弁当・・・寂しくはないが、楽しくはない。

同棲はある意味、自由と束縛の真ん中あたりなのかも知れないなぁ~。

・・・なんて考えているうちに、地下鉄。深夜の京都駅。

0717 無人だ。こんな景色見たことねぇや。

いつもは人でごったがえす京都駅、烏丸中央口。午後11時半、誰もいない。

大阪駅では、まだうじゃうじゃ人がいるんだろうな。

都会なのに都会になりきれない京都を実感。赤字の地下鉄もうなづける。

そんな京都に、住んでいる。11年ぶりに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

水曜どうでしょう

0716 最近「水曜どうでしょう」にハマっている。

大泉洋と鈴井隆之の2人と、ディレクター2人で日本や世界を回る「旅番組(?)」である。

これがどうして、もう抱腹絶倒!!見るたびに笑い転げている。北海道のローカル番組であるが、この出来はその辺のバラエティー番組よりはるかに面白い。

大泉洋といえば近年、ブレークして東京に進出した。そのルーツともいえるこの番組。出来はともかく、4人のかけあいが非常に面白い。罵倒、もめごと、ケンカ・・・・・それをリアルにカメラにまわしている。大泉洋のキャラも面白さを加速させているし、ディレクター陣のナレーションも面白い。

北海道で視聴率18%を記録したのもうなづける。

世界各国をまわって、観光とはかけ離れた「冒険」に近いドキュメンタリー番組である。

KBS京都で再放送しているのだが、朝日放送でも再放送をしていた。しばらくは楽しめそうである。あーいった番組を作ってみたいなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

鬼無双

昨日の歌うたいは何事もなかったの如く、仕事に向かった。

仕事もそこそこ順調にこなしていた。今日は人員が少ないながらもけっこういい感じでまわっていた。夕方前にどえらい夕立がきて、祇園祭を危ぶんだ。夕立の中、走って喫煙場所までダッシュする女性社員を見て、「たくましいなぁ~」と思う。

事件はそこからだ!!

どうもうちの担当部署内でいざこざがあったらしい。パートさんが泣いていたとかいう話を聞いた。「お客様に意見されたのか?」とか思っていた。私は結構ほったらかし主義で、言い争いをしていてもほったらかしにしておいて、口喧嘩が終わったころに仲裁に入る。

だが・・・今回はちとパターンが違う。試食販売のおばちゃんとのいざこざらしい。

一人のパートさんが事の詳細を説明に来た。話を聞く・・・フムフム。

・・・スイッチ、オ~ン!!

そのおばちゃんを呼びにいった。見るからに口うるさそうなおばちゃん。

いつもの事ながら全然食い違う話。どちらが真実なのかは分からないが、部下を泣かされたこちらの怒りは最高潮!!逆ギレ気味に話すそのおばちゃんに完全にキレた私は、俗に言う「鬼濱野」の形相になっていた(と、事務所で見ていた同僚は話す)。

「おんどれ、わしの部下を泣かしてただで済むと思っとんのけ、こら、われ・・・・・・。」

姫路弁が炸裂し始めると、私の周囲には誰も近寄らない。そしてその怒りが雷へと変わる直前・・・・・さすがに見かねた店長が飛んで止めに来はった。

その数分後・・・・・店長も爆裂した・・・・・。

それからは全然仕事にならない。ムカムカして仕事どころではなかった。机やカゴをボコボコ蹴って、押さえ切れない怒りのハケ口を探す。この光景を見て・・・「あのシュニン、怖いわぁ。」「あのシュニン、キレたら殴るらしい」といった噂を呼ぶのだろう。

幸い、泣かされたパート社員は落ち着いて仕事をしていたので良かった。敵の復讐を警戒してしばらく張り付いていたが、何もないようだったので撤収。

後味の悪い夜だった。地元の人だったので、今後どういう復讐をしてくるか分からないが、私が困るのはなんてことない。

親兄弟、大事な人、友人、同僚、部下・・・私にとって大事なものを泣かす物の前で・・

私は「鬼濱野」と化す その形相はチーコくんとライスくんは知っている・・・

普段はかなりマイルドなんですよ、ホンマ。優しいナイスガイなんですよ。私のお嫁さんになろうかな、と考えておられる方(おるんかいな?)、優しいから安心してね♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

落武者ライブ

0715 コンチキチン・・・♪祇園祭も今夜は宵々山。昨晩も「ハモの湯引き」で納涼。京都に住み始めてこっち、よくハモを食すようになった。なんか気分だけは

京都人どすゑ・・・

さて、本日は甲南「竹の音」さんの飛び入りライブに。朝から店のトラブルの連絡が入り、夜に仕事場に行くハメに(涙)。夜は祇園祭に行こうと思っていたのだが、断念。昨晩は深夜までMCのネタ・・・いや、3曲を必死に練習した。

THE FGは弦を張替えてからまだ弾いてなかったのでチューニングが安定していなかった。むむ、不安!!

いざ「竹の音」さんへ・・・。外に音がこぼれていた。ガラス越しに中を見てみると・・・

何故か皆「かぶりもの」を・・・( ̄0 ̄:)

そそくさ入るやいなや、私もかぶりものをすることになった・・・。まぁ、良い。トップは「発ちゃん」であった。少ししか聴けなかったが、さすがの声量である。迫力あるなぁ~♪

次はTAKEさんとおっちゃんさんと番頭さんの「奏」。初めて聴いた。コミックバンドと聴いていたが、そりゃもう、うまいわ!!TAKEさんの声が凄くステキだった。やはり実力者が集まるとそりゃ、凄い。

そして私・・・。なぜか落武者のヅラを被り、登壇!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(歌についてはノーコメント)

①3・20  ②プラット・ホーム(泪さん風)  ③夏姿(完璧版)

そそくさ演奏終了。そそくさと席に戻って、次を待つ。

次はヤコさん。中学生だって・・・凄いねぇ。発ちゃんの友人らしかった。インストと歌の2曲。中学生でここまでとは・・・みんな凄いなぁ。そういえばユリさんちの子供さんもギターやインストしてはるって言ってたなぁ~。皆、早くから始めるのね。

そしてkeiさん。この方の声と歌に衝撃を!!ゆきまささんや小野田さんもそうであったが、熱いのだ。本当に熱くて、声が響くのだ。ズドーンと前にくる声は、私の憧れるミュージシャンの共通項なのである。だから非常によかった。また聴きたいと思った。

そして三線の2人組さん。本当に沖縄な感じの歌がステキ。被り物にまだ照れがあるようだ。竹の音の面々に勝手にユニット名を決められていた(笑)。

17時、帰路に。店に向かう途中に車内でワーワー叫んでいた。まだまだ歌えていない自分、声の出ていない自分の歌に反省。TAKEさんやkeiさんのように、前に出る声を目指して、車内でワーワー。早く歌うたいになりたいものだ。とりあえず、充実した楽しいライブであった。

0714_1 THE FGはいい音であった。

こいつがライブに出陣した時はけっこういい出来である(自己満足)。

今回も、前回に比べれば「マシ」だったかな??

ミサイルさんの歌うたいへの道は遠い・・・。

頑張ろっと!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

ヤマハのLL

0714 連休中、散々ギターを弾いた。

LLを出して1週間くらいになる。そろそろ次のギターを出さないと。またハードケースにしまう時期が来た。次はえ~と・・どのギターを出す番やっけ??

このLLシリーズは所有のギターの中で、新品で買ったうちの2本。さすがに自力で音を育てないといけない。LL-33の方はもう4年目である。少しであるが、音が大きくなってきた(気がする)。最初から深みのある音量なのだが、最初はこもったような音であった。ラッカー塗装なので、サウンドホール付近にハゲが出てきた。表板が少し変色してきた。

LL26はまだ1年生。歯切れはいいが、まだLLらしい音量は出ない。まさにこれから育っていくだろう、楽しみな1本である。

30年経ったギターはさすがにいい音(深い音)を出すようになるが、やはり自力で育てたギターは愛着もひとしお。私が定年になった頃、この2本がそれはもういい音を出しているのだろう。

連休明けの仕事はいつもそうだが、気が重い・・・。でも、稼がないと。ま、仕事に行けば普通に働いて、普通に過ごすのだろうが・・・。

気が重い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

未練歌

THE FGの弦を交換。ブロンズ弦もなかなか~♪

ギターを弾いていると、ふと自分の中の「未練」から「思い出」に変わらない思いがよぎる。自分の中にこんなにも強い思いがあることに気付く。

未練とはいえ、いい思い出は大切にしていこう。

失恋したとはいえ、彼女の思い出は大切にしていこう。

彼女がいた頃にはまだ数本のギターが、今は20数本を数える。まだそんなに時間は経っていないのに、遠い昔のように思える。

甘い香水の香りと共に、THE FGはあさっての出番待ち。珍しく感傷にふける夜。

0713_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

前進と後退

0713 3連休も今日でおしまい。これだけ休んだのは昨年北海道に行って以来やなぁ、と。1日目は組合の会合、2日目は友人とフットマッサージなどを楽しむ。3日目は部屋で弾きこもり。17時まで、けっこう弾いていた。

15日に使用するであろう「THE FG」はまだ弦が切れたままである。今夜にも新しい弦を張ろうと思っている。最近フォスファーブロンズの音に少し軽さを感じているので、ブロンズ弦を張ることにした。

しかし、1日どこにも出かけないと体が錆びる思いである。動けば金がかかるので重い腰は重いままだったが、動くのもめんどくさい時間になったのでギターを弾いていた。指が痛い。今だにどの曲をしようかが固まっていない。さて、どうなることやら・・・。

まぁ、それなりに楽しい練習が出来たので良しとしようか。

ボーナス記念に携帯を買い換えようと思ったが、売り切れだったので諦めた。ローンを支払った残額を考えて、効率的に無駄使いをしなければ(なんのこっちゃ)。

この3連休の間に、哀しいニュースがあった。甲斐智恵美さんが亡くなった。我ら70年代生のアイドルだ。伝説の番組「スタ誕」で登場したアイドル。突然の死だったので不思議に思ったが、自殺だったらしい。なんでやねん、体の不調なら治せばいいやろに・・・。

このニュースも衝撃だったが、柏原芳恵さんが今40歳なことに愕然!すごい年上って感じで小学生の頃見ていた芳恵ちゃんが、ほとんど同世代だったことに愕然・・・。

歳とったなぁ・・・。せめて気だけでも若く・・・。

ダイエットは順調に♪奇跡の「60kg代」が見えてきた☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

3連休

0711 本日より3連休。疲れた体を休めるチャンス!!

このくそ忙しい時期に3連休を取るのは正直心配であるが、己の体のことも考え、しっかりじっくり休むことに。昨日、鬼のような量の指示書を書きしたためておいたので、何もなく無事店はまわる(はず)だろう。

さて・・・

休日はギター。LL-33のチューニングをして、朝10時の解禁時間(自主規制)よりガンガン弾く。このギターは本当に近所迷惑な音量である。ブンブン響くこのギターもツワモノである。

次回ライブに向けて、3曲を重点練習。なかなかうまく動かない指をもどかしく思いながら、ガシガシ弾く。LLはそのネックの握りやすさで好きである。ハンドクラフトモデルはネックが本当に握り易い。THE FGもそうだが、本当に吸い込まれるように握ることが出来る。

ミディアムを張っているので本当にうるさい。キレイな音なのだが、音量がすごい。歌やハーモニカも加わって、お隣さんにはホトホト迷惑な話だろう。

湿度が高い毎日。部屋に出しっぱなしのギターには酷な環境だろう。除湿機がフル稼働している。電気代もバカにならないなぁ・・・。

そういえば、ボーナスが出た。

まだ新店扱いのため、満額ではないがそれなりの額にホッコリ♪しかし・・・

カードの請求が「262000円」・・・・!!!

FG-2000の支払いやガソリン代、ネットで購入したDVDの請求等盛りだくさん・・・・・

ボーナスは瞬時にしてなくなりました。貯金がガッポリしましたが・・・遊ぶ金はなくなりました。ヒソヒソ生活していくことにします。

そういえば、このブログも13日までサーバーメンテのため、休みだそうです。見ることは出来るそうです。またサーバー復活したらお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

飛び入れるのか??

0710 ゴールデン休み週に入る。7月に入る前にほとんど休みなかったため、今になってたまった休みを消化。

11~13、15と休み。1週間のうち、店にいるのは3日だけ。休みの間の店がやや不安であるが・・・まぁ、良い。11日は労働組合の会合、12日は友達と会い、実質13日だけが完全オフ。

今のところ、15日は仕事にならないで済みそうだ・・。15日は「竹の音」さんで飛び入りライブがある。グダグダを披露するのは竹の音さんに迷惑をかけることとなるが、出てみようかと思っている。

気合いいれて練習するも、数分で弦が切れた・・・。なにか悪い暗示だろうか。最近めったに弦が切れなかったのだが・・・悪い予感が走る。前回は初めての竹の音さんだったので、初めてのライブに持ってくことにしている「FG-180」であった。今度はライブに使い慣れた「THE FG」で出陣予定。

しかし、最近仕事に追われて音楽から遠ざかっていた私。ライブはもとより、ギターすら弾けない現状でライブに出ていいものだろうか??

「歌えない病」に悩まされる私。他のミュージシャンを見ていると、自分のつたない演奏がよけいに引き立ってしまう。楽しめばいいのだが、アップアップの溺死状態。

「土曜、仕事で呼ばれないかな。」・・・とか

「金曜に事故らないかな」・・・とか

いっそ消えてしまいたい時もあったり。

センチメンタルな一面も持つ、この私でございます。通称「ノミの心臓」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

スー・シンへの想い 2

数日前のブログで、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」に再度魅せられたと書いたのを覚えているだろうか?(そこまでの愛読者はいない)。

衝動買い・・・

0708 3部作DVDセット・・・。ネットでポンポンと買える。しかし発売されたのはちょっと前・・・。いったい何のきっかけで発売されたのだろうか?それにしても、あまりにトントン拍子に事が進んだので、不思議な縁を感じる。この映画にいろいろと人生左右されている気がする。

仕事から帰って、お茶漬けをサラサラっと流し込んでDVDを見る。まだセリフを覚えていない3作目を見る。けっこういい出来だなぁ、と改めて。2作目・3作目は劇場で見た。3作目が消化不良だったのでよかった。

実際、幽霊さんと知り合いになり、意気投合し、そして恋に落ちたらどうなるのだろう。陽に当たると消えてしまうし、冷たいやろし、ご飯も食べられないやろし・・・。夜しかデートに行けないってのも困り者だなぁ。

でも、結構楽しいかも♪夜な夜な河原町を散策して、八坂神社に行こうとしたら怒られて、鴨川沿いを歩いて、寺町の線香の香りを避けるように路地に入って、ご飯を食べるけど塩味は全然ダメだからスイーツしか頼めない。朝になる前に消えないといけないから、ある意味門限が決まって健全な付き合い??

でもふと「あたし・・・そろそろ成仏したいな・・。」なんて寂しい顔して言われたら・・。もちろん結婚出来ないし、親には見えないし・・・。でも、彼女の想いなら仕方ないのかなぁと想って最後のデートに。

彼女の骨壷持って、貴船神社に。蛍見ながら時間を過ごす。今までの楽しかった話なんぞしていたら、いつの間にか東の空が明るく・・・。「陽が昇ると、私行かないと・・。」「お、お別れか・・・。」「離れたくない。」「う、うん・・・でも、成仏しないとね。」「生まれ変わると貴方のことはもう・・」「思い出は俺に残るさ。」「私の中には・・・。」「・・・・・。」

チュンチュンスズメが鳴く。遠い比叡山に朝日の光が忍び寄る。「ちゃんと埋葬してあげるからね。」そう言うと彼女は「じゃ、またね・・。」と言って消えていく。彼女と写した写メールはもちろん私しか写っていない。でも、二人で撮ったプリクラに、しっかり彼女の落書きが残っている。2枚のうち、半分は彼女の墓に骨壷と一緒に入れる。

本当にそんな気持ちにさせる映画である。まるで自分がその話の主人公のような感じになってしまっている。まさに魂を持って行かれた、と言っても過言ではないだろう。

1作目だけでいい。ぜひともレンタルして見てほしい。下手な日本映画やハリウッドの感動作より泣けるはずだ。タイタニック等、数々の感動作はあるものの、この私を号泣させた映画は「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」と「南極物語」だけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

串が来る来る・・♪

Bijyo3 7月7日・・・織姫と彦星は今年も雨に泣かされた。

私は会議で泣かされた・・・。

ま、会議はサクサクと進み、定刻よりちょい遅れで終了。同僚を守山まで送り、一路八日市へ。今日は恒例の「串大会」99ライブの面々が集うこの日。ショーゴを拾って会場へと向かう。

午後9時到着。ある程度出来上がった会場。カラ串がドサっと積まれている。今日は七夕とあって、99せくしぃー四天王のうち、3名が登場。むさくるしい集団に華を添えていた。串会場は爆笑の嵐。もともと歌うたいがゴロゴロいる集団なもんで、うるさい。他のお客様はとっとと撤収。申し訳ないが、貸切♪

今日の99メンバー美女3名は夏らしい格好で、「萌え~♪♪」

小野田さんは最初から飛ばしていた。天然と自分でおっしゃる天然さが爆笑を生み出し、冷静にほろ酔いで音楽論を熱弁される彩紋さんは、パープル姉さんと息の合った口論。かなり酒の進んだ泪さんは絶好調♪珍しくほろ酔いの美女3名もキャピっていた。

ショーゴは相変らずいじられキャラで、皆それぞれのポジションを確保。トクさんが早退であったのが残念。あまり話せなかった・・・。

帰り道、自分の力の衰えを知るためにショーゴと美女3名を担ぎ上げた。私にはまだまだ商品を出しまくる力が存分にあるようだ。以外と女性って軽い。ショーゴは体重以上に重く感じた。明日もお米を出しまくろう。

皆それぞれの現実へと帰ってゆく深夜1時。

この串大会は面白い。普段は鬼のような演奏を見せるミュージシャンが、ゲラゲラ笑って騒いで食べまくるこのイベント。すっかり年4回くらいの定例行事となりつつある。

泪さんと話していたが、3年前、泪さんが八幡駅で路上をたまたましていた我々を「99ライブ」に誘ってくれなかったら、今日という日はなかったのだ。人と人の縁なんて、本当にどこで繫がっているか分からないものである。この出会いがなければ、私は串もさておき、おそらくギターも弾いていなかっただろう。感謝である。

彩紋さんがおっしゃった「目標は一流ミュージシャンに置け」との言。なるほどその通りである。でも、私はそこまで目標を高く設定しないだろう。自分の目標は自分の目標。もちろんそこに行き着いたら終了ではない。さらに目標設定すればいいだけだ。私は潮干狩りに行って、アワビを取るつもりはない。ハマグリでいいのだ。あまりに目標が低すぎるのは良くない・・・これは仕事も同じ。彩紋さんの言は正しい。ただ、私の中の一流ミュージシャンは小野田さんであり、泪さんであり、トクさんであり・・・今はそれでいいのだ。

串大会・・・いろんな土産をくれるこのイベント・・・次回は秋かな?夏にバーベキュー大会も企画したいものだ。

ほろ酔いパープル姉さんが心配で栗東から急遽琵琶湖大橋へ。グシャったパジェロがなかったから安心して湖西道路を南へ。我がスタートの「平和堂 堅田店」を横目に、夜景が美しい湖西の琵琶湖を見ながら長く楽しい1日が終わった。

・・・・・おっと、会議は楽しくなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

スー・シンへの想い

0706 昨晩に続き、6チャンの深夜に「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2」を見た。続編ならではのグダグダ感が見られるので、見るつもりはなかったが、見てしまった。

この映画の魅力は、確かに俳優の凄さもあるが、シナリオの良さが特筆している。王租賢(ジョイ・ウォン)の美しさがさらに物語に華を添えているのだが、美しくも哀しいラブストーリーが涙を呼ぶ。

高校2年の時に「特攻野郎Aチーム」の次の週に放映したのを覚えている。1990年くらいだったかな?その映画に感動し、テープを擦り切れるくらい見た。そして、あの映画を字幕なしで見たいと思い、京都産大の中国語学科に進学した。人生を左右する映画であったと言っても過言ではない。

北京語と広東語という壁があり、字幕なしで見ることは出来ないが、一応向こう版のものも見た。中国語字幕のものである。一部であるが、字幕で理解出来るようになって、その映画はさらに私のお気に入りとなった。

そして十数年・・・すっかり中国語が抜けミソになっている。この映画を見て、改めて中国語をやってみようという気持ちが湧き立つ。やはりこの映画の影響は大きい。

そしてこの映画の、私へのもう一つの影響として、私の恋愛観を変えたともいえるだろう。こんな出会いを求めているから、私は理想が高いと思われているのだろうか・・・。「好き」って気持ちの前に「ドラマチックな出会い」を求める私・・・。こりゃ死なないと治らないわ(笑)。

やや肥満、スタイル最悪、低年収・・・34歳独身男。今だこの「女幽霊」への想いを胸に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ミサイル・オン・ライブ

ライブ告知・・・

おまへんがな(笑)最近99メンバーのライブが熱い!!私はまだまだライブに立つに至っていないので格納中。こちらのミサイルは格納であるが、ボケた北朝鮮はミサイルを撃ちやがった。ったく・・・その技術力を、その資金を民衆に撒けないのか。立てよ国民!!いよいよ民主化の波を立てる時が来たのだ。中国の繁栄を見習え。

というわけで、いつ来るかわからないライブに向けて昨日はそこそこ練習。この夏に押していく3曲をセレクトしてガシガシ弾いた。

そんな時に着ようかと思い、手作りTシャツをオーダーした。

0705 「ギター屋はまやん」運営において、ネットショッピングは必然となる。毎晩サクサク検索していたら、このメーカーを発見。1枚2000円とお手ごろである上に、自由に文字を入れることが出来る。おそらく数十回洗うとモアモアになりそうであるが、まぁ良い。

いつ着ることか分からないが、そのうちライブに立つ際には着ている私を見る(かもしれない)だろう。

さて、仕事前に少し弾いて、今日も仕事。昨晩「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」が放送されていた。私の大学進学に多大な影響を与えた映画である。何十回見ただろう。せりふも覚えてしまった。そして最後は泣いた。ストーリーが分かっているのに、泣いた。主役のレスリーチェンはもういない。王租賢(ジョイ・ウォン)ももういい歳だろう。20年近く前の映画であった。されど、今だこの映画以上に感動させる映画はない。

意外と涙もろいミサハマさんである。職場の人は絶対に信じないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

結婚しない理由

0704 本日10日ぶりに休日。昼まで寝た。目覚ましをかけずに爆睡したのは10日ぶり。気持ちよかった。疲れてたんだろう、本当に動けなかった。

さて、メロンパンをかじりながらギターのチューニングをする。今日のスケジュールは①ギターを弾く②大阪で食いだおれ。を画策。寝てスッキリしたので気合い入れてギターを弾くことに。

8チャンで、今夜から始まる阿部ちゃんの「結婚できない男」ってドラマの宣伝がされていた。その中に「独身はいい。食べたい物食べれて・・・。」等、いろんなシーンが公開されていた。

確かに独身は楽である。休みは寝たいだけ寝て、自分のスケジュールで1日が進む。ピザ食べたけりゃ食べ、Hビデオ見たけりゃ見て、ギター弾きたきゃ弾いて・・・。まさに「極楽」である。多少の不自由はあるものの、そりゃ極楽である。

今夜も久々の休日、10日間頑張ったと自分へのご褒美に、晩ご飯を豪勢にしようと思っている。1回のご飯に2千円近くかけられるのも独身ならでは。こんな生活が10年以上続くと、どうも拘束されるのもしんどいかな、って思うのも事実。

34歳なら、いいパパになってもいい歳である。確かにアットホームな環境で生活するのも憧れる。真っ赤なバラと白いパンジー、子犬の横には「あなた」・・・ではないが、そういった「家族」っていう言葉にも憧れることもしばしば。

でも、今日のように仕事がエラかった後など、自由気ままにストレス発散出来るってのも魅力である独身生活。そして間もなくボーナス!!ン十万円が転がりこむ世紀のフィーバー月間。彼女がいればヴィトンの鞄でも買ってあげるとこだが、そんな心配も皆無である。自分のために、自分へのご褒美に何か買うのも自由♪

結婚しない・・ではなく・・結婚出来ない・・ってのが私である(笑)。

アルプラ醍醐に行って、焼肉と刺身でも買おう。GAVANポテトチップもいいなぁ。祝杯は「ペプシNEX」で。明日からの食材もこんもり買っておこう。お腹の出具合を気にして「黒烏龍茶」も買っておこう。独身が続く間、私のお腹もヘコまない。されど、気ままにストレス発散が出来るので、精神的にもヘコまないであろう。

ただいま夕方6時。京都の空も曇ってきた。大阪行きはあきらめよう。「スパ・ワールド」でスッキリしたかったが、まぁ良い。先日出した転属希望調査にも「金沢」「小松」といった北陸を希望した。この京都の空を眺められるのもいつまでだろう。あと半年もたないかも知れないし、2年くらい先かも知れない。私の人生、どう転んでいくのか楽しみである。

本日は「THE FG」「LL-26」「LL-33」と、自身が購入したギターを弾いていた。3年前の冬のボーナス時から増えていった「ボーナス記念ギター」。思いいれがある分、今日は存分に弾いてあげた。いや、満足満足~♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

コンチキチン☆

コンチキチンの音色が聞こえてくる7月。

祇園祭が近い。私は根っからの京都人ではないが、実家の出所が京都らしく、この音色が非常に懐かしく感じられる。あの混雑した宵山を見に行く気にもなれないが、あの音色響く「夏姿」の夜は好きである。

今日も蒸し暑かった。仕事はわりかし順調に。昨日飲んだ「ニンニクの力」が効いたのか、体力もかなり回復しており、以前くらいまで作業出来るようになった。

売場を歩いていると祇園囃子~♪鮮魚売場で鱧が売ってある。かなり拡大しており、お客様もけっこう眺めている。今夜はあっさり鱧にしようと、鮮魚の担当者にお友達価格にしてもらい、購入☆

0702 梅肉の酸味と鱧の淡白な味が夏である。

酢味噌でも試してみた。これもなかなか~♪

川床でキレイなお姉さんと食べている光景を妄想しながら、静かな部屋でしずしず食べる。

そう、しずしず食べる。

明日で長かった10勤も終わりだ。4日の休みは、ゆっくりと寝て、ギターでも爪弾いて、スーパー銭湯にでも浸かりたいものだ。

もうすぐボーナスだ。今期も頑張った、うん、頑張った。それなりの評価を得て、それなりにボーナスも上がっていたら嬉しいな♪FG-2000の支払いがあり、10数万もっていかれるが、それでも独身には莫大な小遣いとなるボーナス。

きれいなお姉さんと本当の「貴船」の川床でお酌をかわしつつ、鱧懐石なんぞ・・・と思いながら今夜も「キリンレモン」で乾杯☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

張り切り過ぎた・・・

6月24日から始まった連勤もあと3日になった・・・。

昨日、タバコは爆裂に売れた。気合いで売りまくり、アルプラといわれる店のレベルくらいまで売りまくった。自分でも満足のいく売り上げを残した。

しかし、張り切り過ぎた・・・。

倉庫での数数えや、たばこの補充に走りまわったことが、私のパワーを知らぬ間に奪っていたようだ。昨日は夜中1時半まで仕事をしていた。朝9時から深夜1時半・・・パワーの限界であった。

本日、猛烈に頭痛。疲労と熱中症でヨレヨレである。朝から出勤であったが、昼過ぎまで動けなかった。店長から「死んだかと思った」と電話を頂く。ありがたいことである。

頭痛とだるさが抜けないまま仕事をするが、どうも手につかない。同僚の助けで早く帰ることが出来た。感謝☆

栄養補給にと「ハウス ニンニクの力」を飲む。マズい。サラダも食べた。野菜ジュースも飲んだ。ビタミンCも摂った(おまけに森永 牛乳プリンも食べた)。

早々のパワー回復に期待しよう。無理は禁物である。

久しぶりに出勤前、ギターを弾いた。少し癒された。

11992

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »