« ロッドを回せ!! | トップページ | FG知識は実地にて »

2006年6月13日 (火)

ハングリー精神

興味があまりないとはいえ、一応サッカーを見る。見始めは1点リードであった。「お、やはり強いのか?」と思っていた。キーパーがナイスセーブをして、実況の人が異様に興奮していた。逆に私は・・・

「負けるな」って思った。

案の定、みるみる逆転。同点になってからのもろいこと。まさに「雪崩式失点」である。オーストラリアチームの動きと見比べても、スピードが全然違う。結果、逆転負け。実況があと3分切った時にも「まだ時間はあると選手は思って欲しいですね。」と。

2点差やで~、ほんまにそう思ってるんか??

相手が小学生ならともかく、3分で2点入るか~、相手は世界の競合やでよ??選手はよく頑張ったと思う。でも、実況や解説の人には不快感すら覚える。

「あきらめてはダメ!!」これは大切なことである。それでも、やはりどうしてもダメってことがある。実況は確かに「3分しかありません。どう考えても無理ですね。」とは言えないのであろう。ならば、実況なんてやめてしまえ!!ラグビーや野球のようにワンチャンスで数点入る競技ならまだしも、サッカーは1点ずつしか入らない。

あの実況があるから、よけいにサッカー嫌いが加速しているのかも知れない(私感)。

30年ぶりのワールドカップに燃える相手に「ハングリー精神」で負けたと思う。また実況で「ブラジル戦で、勝利を・・・。」ほらまただ。本当に勝てると思うのかい??勝ち負けは実況が決めるのではない、選手の頑張りが決めるのだ。貴方達実況が占うことではないのだ。少しは黙っていろ、実況!!と言いたい。

日本選手よ、雑音に負けないで頑張って下さい。勝ち負けはどうでもいいです。

実況のないテレビ放送を望みます。

ハングリー精神の欠けたギター弾きがここに。人のこと心配する前に練習しよう。

0613

|

« ロッドを回せ!! | トップページ | FG知識は実地にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/10505505

この記事へのトラックバック一覧です: ハングリー精神:

« ロッドを回せ!! | トップページ | FG知識は実地にて »