« Let’s DIYギター① | トップページ | 天安門広場で歌う »

2006年6月 4日 (日)

Let’s DIYギター②

という訳で、結局「柾目ウッドーメーカー」清田さんの手を借りることに・・。

ライブを見に行こうとも思っていたのだが、これから少し休みが取れないので泣く泣くライブをあきらめ、向日市へ向かった。

清田さんは工房で作業中であった。さっそく診断開始・・・お医者さんに来ているみたいだ。「ネック限界まで回したんですが・・。」との私の声にパパっと見ること数秒「まだまだ回るよ。」と。レンチでグイグイ回す!!本当にまだまだ回った。4mmあった弦高は3.2mmまで下がった。あとはサドルとナットで2・8mまで下げることに。

06041 ロッドを回したり、サドルやナットを削る行程を間近に見れるのがこの「柾目ウッドメーカー」のいいところ♪それほど作業に自信があるということであろう。バンバン金槌を打ったり、ネックをグイグイ曲げたり・・・力とカンの作業のように感じられるが、その眼差しはド真剣で、寸分の狂いにも納得しない作業の正確さがとても素晴らしいのだ。

さて・・ロッド調整、ネックの計測、サドルの削り方など、いろいろ実地で指南を受けた。「自分でやれるといいよね。」と清田さんはいろいろ教えてくれる。工房には全国から清田さんの元にギターが送られてくる。確かな腕が認められているってことである。四国の歌うたい「ぴいすけ」さんも、前回京都にライブに来た際に立ち寄ったらしい。

しかし・・・ナットを外した際に思わぬダメージを発見することに。「指板が外れかけてるで。」

が・・・ガビ~ン・・・

0604_1 応急手術を施してもらい、今日は退院である。ま、20時間安静にしていれば大丈夫との診断であった。

その後、フレット打ち換えを指南。簡単そうにサクサク進めていかはるが、私には非常に難しく思えた。けど、いずれ自分でフレット打ち換えをしてみたいものだ。

帰りに、ヤスリがけしやすいように木片をいただき、電気付きミラーを購入。まずはギターを知ることから。

なんか弟子入りしたみたいな1日であった。今は京都市内に住んでいるため、なんかあったら清田さんに教えを請うことが出来る。が、いずれまた転勤すればなかなか伺うことが出来なくなるかもしれない。今のうちに、いろいろと知識を蓄えておこう。

さて、道具もちょびちょび揃えていこう。ギターも少しはうまくなるよう、頑張ろう!

|

« Let’s DIYギター① | トップページ | 天安門広場で歌う »

コメント

羨ましいっす!
5月に初めて訪問しましたが、本当に凄かったです。
僕の報告を聴いて、先輩が二人1本づつギブソンを買いました。

投稿: ぴいすけ | 2006年6月 5日 (月) 10時00分

ぴいすけさん>

でしょ~。
柾目さんにあったギブソンも貫禄十分でしたね。

投稿: ミサハマ | 2006年6月 6日 (火) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/10391611

この記事へのトラックバック一覧です: Let’s DIYギター②:

« Let’s DIYギター① | トップページ | 天安門広場で歌う »