« 栗の甘露煮 | トップページ | Let’s DIYギター① »

2006年6月 2日 (金)

バイヤーへの道

いや~しばらく、しばらく・・・

バイヤーへの道’06が始まりました。研修所に軟禁されること2日。1日10時間もの勉強。襲ってくる計算式・・・。昼飯と晩飯はうまかった♪お風呂も広くてよかったが・・・

勉強するために保養施設に泊まるのは良くない。やはり、気が休まらない。クタクタの2日間・・・同期や知っている顔が多かったので助かった。でも、その面々と闘っていかなくてはいけないことに複雑な心境である。

何億という買い付けをする仕事の恐怖とストレスだけ、みっちり教わってきました(涙)。でも、給料上げないとね。数年後(十数年後?)には来るであろう嫁さん候補に「うぁ~、安月給やなぁ。ちょーさいあくー。」って言われないように(号泣)。

さて・・・裏家業のギターバイヤーは順調である(すっかり職業と化した)。

0602 ボロボロのギターがまた運ばれてきた。今回の患者は「FG-400J」である。何本目だ??市場価格とかけはなれた激安で仕入れただけに、状態も悪い。

「ギター屋はまやん」の作業はまずボディー内外部の清掃。オイルやワックスで表を磨き倒し、内部のホコリ・クズを拭き倒し、ペグの錆を磨き、指板のオイルアップを施す。最近覚えたネック調整をして可能な限りまっすぐにする。ブリッジのオイルアップも忘れません。

ボロボロのルックスはあっちゅ~間にピカピカに☆綺麗になるものだ。ほったらかしのギターも、ある程度は蘇る。

サドルも結構集まってきた。使いまわしのサドルを試してピッタリあうのを選んで、ヤスリをかける。パーツもけっこう集まってきたので、いろいろ応用が利くようになった。

音はいい。昔のギターだから♪当時4万円のギター・・・今の価格ではおそらく8万くらいのレベルのものである。FGの黒は鳴るのよ、ホント。ヘタなLシリーズより、鳴る!!

ナットの具合がよくないので、週末にまた修理する予定。いずれはナットやサドルも作れるようになりたい。覚えたての利益計算式で値段をつけて、販売しようかな。

その前に・・・鬼のような課題が私を襲ってくるだろう。試験までまだ半年あるけどね。

|

« 栗の甘露煮 | トップページ | Let’s DIYギター① »

コメント

自分も昔、似たようことやってました(笑)
ピカールは必須。アーマオールも意外にケースなどのみがきに重宝しますね。

投稿: 海太郎波ざぶん | 2006年6月 3日 (土) 10時02分

ざぶん様>

アーマーオール・・・なつかしい。忘れておりました。バイク磨きにはアーマーオールをよく使ってました。
貴重な意見、ありがとうございます。

投稿: ミサハマ | 2006年6月 3日 (土) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/10366555

この記事へのトラックバック一覧です: バイヤーへの道:

« 栗の甘露煮 | トップページ | Let’s DIYギター① »