« PMCレボリューション | トップページ | い~たたたたたたたっ!! »

2006年5月11日 (木)

原点1972

0510 ライブが近づくと出番が多くなる「FG-180」。私のオールド・ヤマハの原点である。1972年製の同い年のこいつの音を聴いてから、私のギターライフは(いい意味で)おかしくなった。

ライブではエレアコ仕様の「THE FG」を使うわけであるが、このFG-180とサイズが同一のため、練習にはこいつを使っている。

部屋中に響いてかなり迷惑なこいつの音は、まさに「闘争」時代の音なのだろうか?反戦・安保・学生運動・・・まだ日本が熱かった時代の歌を、音を、空気をこいつは知っているわけである。

とある書き込みに「最近のヤマハは元気がない」と書かれていた。確かに最近のヤマハギターの音は、綺麗でクッキリした音で、どちらかというと「大人しい」系な音のように感じられる。綺麗=いい音って式にあてはまるような感じである。

ザクザクザク、へいおまち!って感じで作られたような感じのするギターが「赤ラベル」である。決して「綺麗」ではない180の音。乾いたマホガニーの音は決して綺麗ではない。バンバン鳴るこの音は「熱い」ってことだ。当時の日本の熱い気持ちを代弁できるギターが「赤ラベル」である・・・少なくとも私は、そう思う。

いい生活が出来る今の時代に、この「赤ラベル」が本当の咆哮をあげることが出来るような・・・・・そんな歌をこいつと共に歌いたいものだ。

それにしても・・・

急に歯が痛くなった。思い切って虫歯に「正露丸」を詰めてみることに。確かに正露丸のパッケージには「虫歯には・・」という説明書きがある。

グニュっとしたこの感覚・・・虫歯にねじこんだ。

口の中を走るぴりぴりした感覚と、あの香り・・・。

無理無理!!絶対無理!!まさに悶絶。おかげで痛みどころではなかった。

そうか、これが「正露丸」の効果なのかっ!!!!

|

« PMCレボリューション | トップページ | い~たたたたたたたっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/10013552

この記事へのトラックバック一覧です: 原点1972:

« PMCレボリューション | トップページ | い~たたたたたたたっ!! »