« 30年後のあたし・・・ | トップページ | LL始動!! »

2006年4月10日 (月)

1972年製

0409 私がヤマハのギターを集め始めたきっかけとなった「FG-180」である。1972年製の34歳。私より早生まれだから、1コ上の学年だな。

いったい誰の手で作られ、誰に買われ、誰の手に渡ってから私のところへ来たのだろう?それを知る術はない。だが、今は私がオーナー。こいつと共に生活していくのだろう。

濱野憲三と日出美が結婚して私が生まれた。裕福ではないものの、それなりに楽しく育って今に至る。確かうちにはクラシックギターが置いてあった。ピアノもあった。全く音楽に接することなく育った私がギターを弾いている。親父も天国で「おーおー、あいつがギター弾いとるわ。」と笑っているであろう。グレたこともあったし、決して孝行息子とは言えない。60を前に去った親父であったが、最近ますます親父の偉大さを感じるところである。いろいろ困難に合った時に励ましてくれるのは母である。普通に励ましてくれればいいのだが、一度けなしてから励ます。「あんたが世界を動かしてるわけちゃうねんから。」が口癖。

こんな「世界で一番偉大な」両親の1972年製の作品である私。いたずらに歳を重ねている気がするが・・・。FG-180のようにいい音を刻んでいければいいのだが、いろいろ悪事も刻んでいる私。いい音も出ないがそんなに悪い音も出ないかと。

残念かな、地獄に落ちる私は親父には会えない。数十年後に旅立つであろうオカンにもあの世では会えないだろう。ま、二人がまたあの世でおもろい夫婦でいられればいいな、と思えるようになった34歳。気付いたら、私の記憶がはっきりしている幼少期の両親の歳になってしまった。

今夜はFG-180でボロロンとこんな思いを弾いてみたい気分であるが、深夜でもあるので我慢だ。

|

« 30年後のあたし・・・ | トップページ | LL始動!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/9515697

この記事へのトラックバック一覧です: 1972年製:

« 30年後のあたし・・・ | トップページ | LL始動!! »