« FG-350出撃 | トップページ | 人生エフェクター »

2006年3月29日 (水)

15時7分発淀屋橋行

休日2日目。朝がたはダラダラしていたが、昼前からはギターをブンブカ。ダラダラと練習していても仕方ないので、教則本の通りに自分でレッスンする事に。行き詰ったら先生に教えてもらいに行くことにした。

CDに合わせて弾いていたらすっかり気持ちよくなって(全然ついては行けないが)、2時頃までジャカジャカ。やはりFG-350はしっくり体に収まるし、ネックも一番握りやすい。音もボリュームがあって、近所迷惑レベル4である(レベル5はFG-180)。

さて・・・「暴れん坊将軍」を見てホッコリしてから、京阪電車に飛び乗る。淀屋橋から心斎橋の楽器屋に行こうかと思っていたが、財布の寂しいことに気がついた。楽器屋に行くと、ピックやなんやとつい買ってしまうので、そのまま「動物園前」まで。

03292 新世界は今日も怪しい雰囲気である。昼やとゆーのにビール片手に笑いながら歩くおっさん。ホルモン屋でビールかっくらうおばさん。将棋センターで真剣勝負するおっさん・・・そう、この街は「老年パワー」で支えられている。

きちゃない店を選んで串カツを数本頂く。腹ごしらえ程度に・・・。キャベツ片手に串を食べ、腹八分目で通天閣を目指す。ニョコっと立つ通天閣にこそ、大阪を感じるってものだ。その辺からチエちゃんやテツ、小鉄が出てきそうな雰囲気である。

突撃してきては「アホか」と理不尽なこと言ってくるおっさんに「毎度」って言うとニコニコして走っていく。新世界は常識で計ると痛い目を見る街なのだ。決して「おかしい」街ではない。それがここでは「当たり前」なだけ。

環状線に乗って、一路「鶴橋」へキムチを買いに。近鉄の高架下のキムチ屋へ向かう。いつも行っているキムチ屋さん。「ポッサムキムチ」がお気に入り。保険所の査察が入ったらイチコロであろう衛生環境の店であるが、うまいのだ。溢れるハングル文字とハングルの話し声。そう、ここもそれが「当たり前」の光景なのだ。在日韓国人が多く在住するこの街だからこそ、おいしいものも溢れている。これが「文化浸透」である。いろいろ差別問題が話題になるが、うまく日本に浸透している文化なのだ。なぜ差別が生まれるのかが分からない。という訳でキムチを1kg購入♪

03293 結局、鶴橋のキムチ、京橋の京阪モールで買ったアップルチーズケーキ、蓬莱の豚まんを嫁さんと子供への土産に(妄想)。京橋から京阪に乗って帰路へ。

環状線から玉造駅近辺を見て思ったが、東京とはまるで違う街だなぁ、と。ディズニーランドは繁盛しているが、USJは赤字爆発。新世界の「フェスティバルゲート」も閉鎖されてガランとしている。「商売のまち大阪」と言われているものの、どうもこういった観光商売はヘタクソだと思う。

新世界にも、鶴橋にも・・・大阪にはその「街」でしか味わえない雰囲気がある。それは決して商業施設で出せるものではない。汚い高架下、狭い路地だからこそいいのであって、東京のように「シュっとした」雰囲気のハコではその良さが発揮されない。大阪文化を商売にするのは、非常に難しいと感じた。

ぎゅうぎゅう詰めの京阪特急は丹波橋へと着いた。短いプチ旅行であったが、久しぶりにスカっとした一日であった。有意義な休日となった。

|

« FG-350出撃 | トップページ | 人生エフェクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/9318724

この記事へのトラックバック一覧です: 15時7分発淀屋橋行:

« FG-350出撃 | トップページ | 人生エフェクター »