« 磨き屋兼業スーパーマン | トップページ | 京都ランデブー »

2006年3月24日 (金)

天然色かメッキか

0323 最初に手にしたのはLL-8RJ。その頃の私はまだまだヘタッピギターであった。京都で初めて仕事をしていた頃に、なけなしのボーナス握り締めて購入したのがLL-33J。少しはギターへの造詣が深まった矢先の異動・・そして滋賀へ。近江八幡駅前で何度か路上ライブをした。アメリカのイラク進行に憤りを感じて、反戦歌も歌ったっけ。

そして、LLの音からFGの音に嗜好が変わる。研ぎ澄まされたLLの音から、野性味爆発のFGに興味を持つ。

その頃からか・・・どうも仕事で熱くなることが多くなった。一生懸命さの裏返し、と言えば綺麗に聞こえるが、行過ぎた指導で窮地に追い込まれることも。

うわべでニコニコ出来なくなっていく自分とともに、FGに傾倒していった気がする。その木の音ゴリゴリのFGサウンドが、元気をくれた気がする。

本日・・厳密に言えば昨日、久々にドカンとカミナリ☆勝手にアルバイトの有給を消していた事実が分かり、事務員を襲撃・・・。何度も繰り返される「事務的に・・。」の言葉に、最初はやんわりしていた私も3回目のその発言に、スーパーサイヤ人に。女を泣かせるのは嫌いだ。だが、頑張った報酬に私が入れていた有給休暇。アルバイトであろうが頑張ったものに与えられる権利。そりゃ事務的に都合はあるだろうが、勝手に休みを挿げ替えられるのには、徹底抗戦である。半殺しに近いくらい、打ちのめした(言葉でね)。

店長が仲裁に入り、なんとか収まったものの私の腹のうちはモヤモヤしたものが。どうせ明日噂が噂を呼び、私の「暴れぶり」が店中に広まるのも時間の問題。だが、自分にダメージがくるのは構わない。されど、有給休暇ってものはお金が絡む。誰もボランティアで仕事しているわけでない。頑張ってくれた私の部下に「負」になることは、許せないのだ!!

まっさきに浮かんだのは最近私に打たれているアルバイトさん。おどおどした目で私に話しを聞く彼女。なんとか生き残ってもらいたいので厳しいことも言うが、頑張って付いてきてくれている。だからこそ、彼ら彼女らの頑張った報酬は奪われてはいけないと思っている。奇麗事ではない、私の真意である。

我慢してニコニコしていれれば、平和である。しかし、ど真剣だからこそカミナリも落ちるのだ。メッキを剥がしてでも、真の自分の意志をぶつけることも必要だと思う。そう、FGのように、飾り気のない「勢い」のある音を出したい。その音を「うるさい」と捉える人もおれば「いい音」と捉える人もいるだろう。

万人受けする上司になりたい訳でない。それぞれの人の記憶の中に、ちょっとだけでもお邪魔していられる上司であれば、それでいい。店を離れる時に、いつも言う言葉がある。

「はよワシの事忘れて、新しい上司について行きや。」

そう、ちょっぴりでいい。あんな主任おったなぁ~、てくらいで。今夜、またうちの店から一人の戦友が離れることを知った。異動を知った夜は、少しセンチにもなる。

|

« 磨き屋兼業スーパーマン | トップページ | 京都ランデブー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/9232881

この記事へのトラックバック一覧です: 天然色かメッキか:

« 磨き屋兼業スーパーマン | トップページ | 京都ランデブー »