« 激・忙コレクター | トップページ | ギター屋終焉 »

2006年2月24日 (金)

イナバウアー

0223 荒川静香が金メダルを獲った!!おめでとう。

世界一になったことに賞賛を贈るのではない。雪辱と臥薪嘗胆・・・あらゆる思いからの努力の結果に賞賛を贈りたい。

どうもマスコミは「ミキティー」や「上村さん」といった、ビジュアル重視選手にウェイトを置いている。CMも同じく、である。荒川さんはCMと言ってもロッテのチョコくらい。CMに出ているヒマがあったら練習していたのだろう。結果、練習の成果が実を結んだのかも知れない。CMに出まくっているから練習出来ない=結果が悪い、と簡単に結びつけるのはいかがなものかと思うが、私感としてはついついそう思ってしまう。

あの「イナバウアー」を見た瞬間、感動した。私がオリンピックをビデオ録画したことはなかったが、あの「イナバウアー」だけは、何度も見たいと思った。

次のオリンピックには年齢的にきつい荒川さんだけに、今回はまさに「背水の陣」。あらゆるプレッシャーの中、最高の演技をして、最高の賞賛を得て、満足のスケート人生であっただろう。

お疲れ様、荒川さん。本当に感動しました♪私も少し立ち直れそうです。

|

« 激・忙コレクター | トップページ | ギター屋終焉 »

コメント

イナバウアーは、今のフィギュアの採点基準からすると
やっても点にならない技だそうですね。
それでもあえて演ることで自分らしさを表現した彼女に拍手を贈りたい。

効率を追求するだけでは、心に伝わらない「何か」を感じました。

投稿: ゆーちゃん | 2006年2月25日 (土) 10時18分

いなばうあー、
って、なんか心地よい響きなので
意味もなく使ってみたくなります。

投稿: チーコ | 2006年2月27日 (月) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8818210

この記事へのトラックバック一覧です: イナバウアー:

« 激・忙コレクター | トップページ | ギター屋終焉 »