« 戦後処理・・・ | トップページ | 乾燥部屋でのFG »

2006年2月15日 (水)

ペグ交換(YAMAHA L-15)

0215 最近ペグを調整したり付け替えたりするのが好きになってきた。「柾目ウッドメーカー」の清田さんの作業を見て覚えて、よく外しては清掃したり、ネジ穴を埋めたりしている。

所有のL-15のペグにかなりくたびれが見られるので、オークションで純正に近いペグを探して手に入れて付け替えてみた。グリスが抜けたような渋い動きのペグをサクサク外して、一度ネックヘッドをきれいに清掃。ネジ穴を楊枝で埋めてネジ止めする。サイズさえ合えばすこぶる簡単。シャア専用ザクのプラモデルを作るよりも簡単だ♪

さすが純正、しっくり収まった。おまけに新品同様なのでクルクル回るしグラツキ感も少ない。最近かなり精度が上がってきた「ハーモニクスチューニング」で音合わせ。ポンポーン♪と調子こいてたら1弦を切った。いかんいかん、まだまだぢゃ。先っぽが手の甲にささってまたまた流血。右手が傷だらけである。

弾いてみた。L-15の音が少し変わった。「こ、これはペグの精度のおかげか??」と思っていたが、多分弦が新しくなったからであろう。されどされど、乾燥室と呼ばれた私の部屋(湿度45%)で放置されたFG-2000もだんだんに音が増して・・・。気のせいであろうか?常時45%くらいに調整された私の部屋・・・寒いよ。肌はカサカサかゆかゆやし。

ギターケースが20コ以上になったせいもあり、部屋が手狭だ。いよいよ制空権さえ搾取する事態に至った。ロフトベッドを購入して、下にギターケースを並べる予定。次回の休みでいよいよ実行か??

|

« 戦後処理・・・ | トップページ | 乾燥部屋でのFG »

コメント

うちのギタリストが向日市在住で、たまに清田さんとこへいってその神業を目の当たりにするらしいですが、それはほれぼれするらしいですね。
僕も先日L-15が貰えそうな状況になってたのですが、暗礁に乗り上げてしまい、がっかりしてたところ、山口岩男さんから’67年のJ-45(スマップのレコーディングや森山直太郎のツアーでメインギターに使ったもの)を譲ってもらい、毎日にやけながらながめてます。(もちろん弾いてます)
このあたりのいきさつはmixiの日記の方にありますので、おひまがあればみて下さい。

投稿: ぴいすけ | 2006年2月16日 (木) 13時35分

うちのギタリストが向日市在住で、たまに清田さんとこへいってその神業を目の当たりにするらしいですが、それはほれぼれするらしいですね。
僕も先日L-15が貰えそうな状況になってたのですが、暗礁に乗り上げてしまい、がっかりしてたところ、山口岩男さんから’67年のJ-45(スマップのレコーディングや森山直太郎のツアーでメインギターに使ったもの)を譲ってもらい、毎日にやけながらながめてます。(もちろん弾いてます)
このあたりのいきさつはmixiの日記の方にありますので、おひまがあればみて下さい。

投稿: ぴいすけ | 2006年2月16日 (木) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8674393

この記事へのトラックバック一覧です: ペグ交換(YAMAHA L-15):

« 戦後処理・・・ | トップページ | 乾燥部屋でのFG »