« イナバウアー | トップページ | 努力と能力 »

2006年2月25日 (土)

ギター屋終焉

02251 実家に帰省しました。お見合いです。

大きな決断をすべく、実家に帰省しました。金曜の昼間に帰る予定でしたが、前日の深夜まで勤務と金曜の朝勤務でバテてしまって、金曜の深夜に新快速で帰省しました。

うちにはFG-160を「置き傘」ならぬ「置きギター」をしている。勘でチューニングして、ジャカジャカ弾いていた。けっこういい音になっている。低い音がブーンと響いて、けっこうイケてる音になっている。これにはビックリ。サドルナットを、今度は自作してみようかな~と♪しかし、やっぱりネックは太い・・・。

そして、2月25日・・・奇しくも2・26事件の前日(関係ない)。見合い開始。同席は我が母、つまりオカン。きれいなショールームで始まった。コーヒーと紅茶が運ばれてきた。運んできた女性が可愛いなぁと思っていると、相手が登場。

ラフなシャツの上にジャンパーをはおって、ジーパン姿で現れた。ありきたりな挨拶をしてさっそく本題へ入った。

「お決まりですか?」「いちおう、パッソとノアに決めてきているのですがね。」「このラクティスもいいですよ。」「けっこう小さいね。」「あんた嫁もおらへんのに大きい車乗る意味ないやん。」「お母さん、厳しいですね。」「でも、そやな・・。」「とにかく、一度乗ってみて下さいよ。」

ブーンと3人でドライブ。近くをクルクル2周。どちらもいい感じ。オカンはヴィッツもいいと言っていたが、すっかりパッソに魅せられて・・。私もでかいノアで燃費に気をもむくらいなら、小さいファンカーゴみたいなのがいいな、と。

値引き交渉は難航を極めた。どちらも新型車で値引きは超厳しい。2時間の交渉、トータル数十分の沈黙の時間・・・。

お見合い、ウソですよ。ハハハハ~、トヨタの営業マンとお見合い♪

カタログ片手に新幹線に乗って、帰京。

02252 莫大なローンを抱えることとなった、大きな決断であった。

もうギターを買ったりする余裕はなくなっちまった。ま、十分溜めてあるし、ここらが潮時だと。

現状あるFGとLLを育てて、練習して行こう。来月から一切の無駄遣いは許されない。けちけち生活を開始、である。

買いたいものを買っておいたので、もう困ることはない。あとは月々のローンをせっせと返すだけ。

ある意味簡単、されど我慢の日々。

|

« イナバウアー | トップページ | 努力と能力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8833858

この記事へのトラックバック一覧です: ギター屋終焉:

« イナバウアー | トップページ | 努力と能力 »