« せつぶんのうた | トップページ | LLとの出会いが・・ »

2006年2月 4日 (土)

FG-110 赤ラベル

0204 伝説のギターと言われた「ヤマハ 赤ラベル」その中で「ベニヤ板ギター」「学生専用」とレッテルを貼られたギターがある。FG-110とFG-140である。ことに#140の方は裏板に「ラワン」っていう、ホームセンターでもおなじみの板、いわゆる「ベニヤ板素材」が使われている。木材辞典見ても「選別をしっかりしないといけない、ムラの多い材」とまで書かれている。

この度縁あって、その「FG-110」を手に入れた訳であるが、この裏板は「楓」・・・つまりメイプルである。食べても甘くはないのであしからず。メイプルっちゅ~たらそないダメ素材でもないやん、と。裏にはしっかりトラ目も出ているし♪。

ペグこそちゃっちい3連結の代物であるが、その音・・・。同じ「フォークサイズ」といわれた現行の「FSシリーズ」に比べたら、圧倒的に大きい。低い音も出ている。恐るべし「赤ラベル」御歳37歳。当時11000円のギター、よ~く考えれば現在の貨幣価値で考えれば6・7万円。なめたものではない。

FG-140の方も弾いた事がある。ベニヤ板ギター・・・なんて失礼な。今どきの入門モデルなんか比較にならないほど、いい音・低い音が響いていた。この2機は赤ラベルの中でも当時と変わらない価格で現在、手に入れることが出来る。現行入門機を購入するくらいなら、傷だらけの140や110を買った方がダンゼンお買得だと感じた。

今日は一日休み。ケガした右足首を労わるために、一日じっとしていることに。今日は夕刻まで「FG-110・350F」「LL-6・LL-26」をガシガシ弾いていた。流石に最先端のLLシリーズには劣るものの、#110もなかなか頑張ってくれている。ご老体にもめげず、バーンとでかい音を出すこの#110、侮れない存在となってしまった。

あ~あ、部屋狭い。自業自得なれど、狭いなぁ。大家さん、これ見たらきっと嫌な顔するだろうな~。

02041

|

« せつぶんのうた | トップページ | LLとの出会いが・・ »

コメント

足怪我したんですか・・・。大変でしたね。
大丈夫なんですか?早く治るといいですね。

写真の手前2つのギター、全く同じに見えますね。(笑)素人でスマソ。

売り場で発声練習するミサハマさん。どんな美声が飛んでいるやら。

投稿: ヨーエン | 2006年2月 4日 (土) 23時24分

yo-enさん>

いや~、ケガってほどのケガじゃないっすから。全然平気ですわ。
いえいえ、ヤマハのギターのピックガード、どれも同じ感じですから。
声・・・うぅ・・・ダミゴエデス♪今日も明日もダミゴエで「イラッシャイマッセ~」!!

投稿: ミサハマ | 2006年2月 4日 (土) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8501762

この記事へのトラックバック一覧です: FG-110 赤ラベル:

« せつぶんのうた | トップページ | LLとの出会いが・・ »