« ライブ活動おやすみ | トップページ | 激・忙コレクター »

2006年2月22日 (水)

FG赤ラベル一家

0222 1ヶ月ぶりにFG-500を引っ張り出した。その他十数本は代わる代わる出していたのだが・・・。ケースから出して飴色のボディーが現れた。

それまでFG-140と720Sを弾いていた。こちらはこちらでいい音である。懐かしい音を出す140と、若々しい音の720S。その2本を弾いた後に500をチューニング。ハーモニクスを出しただけで・・・

「やっぱり違う」・・・と。

弦は古いのに、とても透き通ったハーモニクス。あのギアペグをグリグリ回してチューニングして、弾いてみた・・・

「やっぱり違う その2」と・・・。

長兄の意地だろうか。やはりボリューム・高音・低音どれをとってもやはり魅了されてしまう。わんぱくの三男180、落ち着いている次男の350、三男にライバル心を見せる140、我が道をゆく末っ子110、頂点に立つ親父の2000。FG一家はそれぞれのキャラクターで共存している。それぞれに味があり、どれが素晴らしいとかどれが劣っている・・・っていうランキング付けは出来ない。

されど、やはり長兄の実力。落ち着きの中にもパワーを見せる。FG-500は憧れのモデルだったこともあり、やはり思い入れも大きい。柾目仕様の象牙仕様になって、パワー全開☆

単板・合板・ラワン・マホガニー・楓・コーラルローズ・えぞ松・スプルース・ハカランダ・・・FG一家はいろんなキャラを持ちながら、今日もワイワイ過ごしている。親戚も多いので、ベッドの下はいつも賑やかである。

「こら、180!静かにせんか」「やって、350兄貴が叩くんやもん。」「親父、140がまた180に突っかかってるよ。」「おまえら、110を見習え。」「親父だけやん、全部単板・・ええなぁ。」「あほ、おまえら合板で丈夫やろ。子供は丈夫がいいんや。ワシは腹一回手術してるやろ。」「なんで俺だけ楓やの?」「あー、うるさい!おまえらうるさいぞ~!!」

FG一家がよく鳴るのは、こんややりとりのせいかもしれない(アホ満開)♪

|

« ライブ活動おやすみ | トップページ | 激・忙コレクター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8781474

この記事へのトラックバック一覧です: FG赤ラベル一家:

« ライブ活動おやすみ | トップページ | 激・忙コレクター »