« 年賀状 | トップページ | ミスター・アウトドア 軟禁 »

2006年1月 8日 (日)

財形貯蓄と借金天国

fgtitle 給料明細や源泉徴収表を見た。着実に結果は出ている。「なんちゃってミュージシャン」であると同時に「なんちゃってサラリーマン」の私。決して高給取りとは言えないながらも、生活するに困らない程度。

その中から生活費と財形貯蓄をしょっぴーたのが、いわゆる「お小遣い」である。これぞ独身貴族の特権である。「もっと貯金せーよ。」というのは外野の声。しかし、いつ命を落とすか分からないこの世の中。後悔しながら絶命するのだけは御免だ!!との思いで、なるだけ使うものは使うようにしている。1/1000の確率で、もし結婚したなら、その時には緊縮財政を敷いて、嫁さんの尻に敷かれよう!!

さて、財形貯蓄をしながらも、私に迫り来る「借金返済」無論、ギター購入の資金である。分割払いや現金払い・・・あらゆる方法を駆使して、ギターを調達している。まぁ、満足するレベルのものが集まったので収集活動は終了したが、少しの借金は残った。といっても、ニュースに出てくる程のものでなく、月々払える程度のものだが・・・。

私は高校生の時からローンが大好きだ。ローンがあるおかげで必死になって働ける。目的があるからモチベーションが高まるのである。お小遣い程度で払えるローンである。当時購入したのは、当時は貴重であった「ゴアテックス」の合羽であった。高校生には高価な15000円。月々1000円の返済であった。その合羽を着て、山岳部として頑張った。

「ご利用は計画的に」ってCMする消費者金融。計画的に返済出来る人が消費者金・・・いや、サラ金屋に行くのだろうか??銀行で借りれないから、サラ金に頼るのでは??そこまでの買い物をしたり、会社を興す勇気もない。うっとーしいながらも楽しい職場。所得は低いがそこそこ満足。その中で「小さな幸せ」を見つける方法が、お小遣いである。

そこに欲しいものがある。少し背伸びすれば買える。ずっと前から欲しかったものである。しかし、それを購入するとその後の生活はキューキューである・・・。

①「この機会を逃せば!!」と後先考えずに手を伸ばす。

②「うーん、欲しいけど、生活がキューキューやし・・どうしよう・・」と結局我慢する。

③「誰も見てないや、パクっちゃえ」とゲット&アウェイ!!

③を除いてどちらも正解だと思う。でも、今つかめる幸せと後でもなんとかなる幸せもあるんじゃないかな??その見極めは「自己責任」であるのだと思う。

|

« 年賀状 | トップページ | ミスター・アウトドア 軟禁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8063176

この記事へのトラックバック一覧です: 財形貯蓄と借金天国:

« 年賀状 | トップページ | ミスター・アウトドア 軟禁 »