« アジャスタブルな人生(1・19) | トップページ | ミサイル30分クッキング♪ »

2006年1月21日 (土)

近くて遠い近江路

1120 20日・・・出勤前にふと部屋を見る。電気の消えた薄暗い部屋にたたずむギター達。今日は99ライブ「トクさんトリビュート」の日である。私は行けない、仕事だ。私が行けないって事は、同業のライス君も行けないだろう。

20日ってのは平○堂の締日。たいしてえらくもない主任って役職の人は休めない日。こればっかりは仕方ない。ほったらかしにして99ライブに行きたいくらいではあるが、迷惑の掛かり方が他の日とは違うので、泣く泣く・・・。

メールが来る「小野田さんが壊れた」・・・し、師匠。。

それだけ盛り上がったのだろう。なにせ我らが「トクさん」のトリビュート・ライブなのだから。99メンバーのアレンジしたトク・サウンドも聞きたかったし、本家トクさんのステージも見たかった。20日というカレンダーと、京都という地の利の悪さがうらめしい。

近江八幡で働いてた時、威風堂々と事務所に現れたトクさん。そんなトクさんにもいろいろお世話になっている。ロッキーのステージに立たせてもらったり、誘ってもらったり・・。何度仕事を理由に断りを入れただろうか・・。非常に申し訳なく思う。

トクさんだけでない。今回もそうだが、いろいろ誘ってもらっても、流通業の悲しさ・・・なかなか休みが噛みあわず、断ったことだろう。ましてや今は京都市民。ビューンと飛んでいくには近い近江路も、時と場合によってはアフリカ並に遠くなる。

転勤族なもんで仕方ないのだが、だんだんと滋賀と疎遠になっていく今の環境が少し悲しい。「今日はロッキー見に行こう」と決めた土曜に「娘が熱出したんで今日仕事休ませて・・・。」という言葉に泣く泣くロッキーを諦めたことも。仕事あってのライブなのでそれは構わない。だが、自分の中では遠く遠く離れていく「滋賀にいたあの頃」を感じる。

最近は、それがさらに加速度的に離れていく気がする。

そのうち北陸にでも飛ばされたら、私の存在は「八日市の霧」のように、徐々に消えてゆくのであろう。でも・・・

思い出は消えない。それだけで私は十分さ!ヘヘヘ♪

|

« アジャスタブルな人生(1・19) | トップページ | ミサイル30分クッキング♪ »

コメント

ゆうときますが、壊れてない。
いたって超真面目でしたから!

投稿: 小野田さとる | 2006年1月21日 (土) 09時48分

↑壊れてないが弾けてました。

投稿: 番頭ゆーちゃん | 2006年1月21日 (土) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8255885

この記事へのトラックバック一覧です: 近くて遠い近江路:

« アジャスタブルな人生(1・19) | トップページ | ミサイル30分クッキング♪ »