« ヤマハ頑張れ!! | トップページ | きゃっち・あ・こ~るど »

2006年1月27日 (金)

ライトシャワー堀川通り

01273 今日は休日。明日から8勤なので書けるだけブログを書いてやろう・・・と何故か張り切る♪明日から毎日午前様っぽい。

今日の締めくくりは「泪さん」のライブを見に行くこと。用事があるそうなので、泪さんはトップバッター。「インスタント・ブギ」で渋く入って、ラストは「チャンス」だった。ステージと客席がほぼ同じ高さなので、間近に見ることが出来た。99で遠巻きに見るより迫力あり、「見せる」ライブをされていた泪さん。いつもながら渋くキメていた♪ギターなしで体を使って表現したり、ステージを駆け回ったり・・・見ごたえ抜群☆

今日はアコースティックは泪さん1人で、他はバンド主体であった。その仲間がうじゃうじゃいて、どうも居場所が・・・。ほとんどが顔見知りのような感じで、一人ポツ~ンと見ている空気に耐えられなかったが、勉強勉強・・・と踏ん張り、最後まで見た。

01274 バンド主体の演奏が続く。それはもう、しゃれにならない音量だった。ボーカルなんてまるで聞こえない。エレキのグゥワーンウォンウォンというドライブの音が溢れんばかり。ドラムは腹までズンズン響くし、ベースは割れかけた音でブンブン・・・ライブ終了してから逃げるように帰ったのだが、2時間経過しているにも関わらず、耳がキーンとなり、聞こえにくい。

でも、実力派が揃っていたのか、観客は多い。スタンドでノッてる女の子や、いかにもロックです!って感じのピアスだらけの兄ちゃんやロン毛の兄ちゃん・・・。いったい、何を聞きに来ているのだろう??と困惑。

ショーゴ(PMC-J)に聞いてみると「音に乗る、って感じでしょ。それを楽しみに来てるんですよ。」と。なるほど、歌詞とかじゃないんだ、あのブーンブーン、ウゥワオーンの響きに乗って楽しんでいるんだ、と。そう考えるとなるほど面白い。途中のギャルバンは「YA♪」のかけ声しか聞こえなかったけどノリはよかった。最後のバンドはブルーハーツのような雰囲気だったが、猛烈なギター早弾きとドラムのグルーブが心地よかった。いずれのバンドも、何を歌っているかは全く分からなかったけど、音的には楽しかった。

しかし、猛烈にみんなうまかった。鬼の早弾き、強烈ドラム・・・世の中凄いミュージシャンは大勢いるなぁ・・と。トボトボ裏道を歩いて帰った。あえてマイナーな裏道を。京都駅から数分のところなのに、真っ暗でディープな道だった。7年ほど京都には住んでいるが、初めて「姉小路堀川」の歩道橋を渡った。午後10時、車は多い・・・。

|

« ヤマハ頑張れ!! | トップページ | きゃっち・あ・こ~るど »

コメント

ライブお疲れさま!
「堀川通り」で若かりし頃、深夜信号で並んだトナリの車と「信号グランプリ」やって、
0-400mで勝った!と思ったとたん
中央分離帯に接触して舗道のゴミ箱に衝突したこと思い出しました。
今までの人生最大の「死ぬかと思った」事件でした。
だれも巻き込まなくてよかったけど、、、

投稿: ゆーちゃん | 2006年1月28日 (土) 08時41分

ゆーちゃんさん>

わーお、激しい。意外な一面♪
ワタクシはもっぱら「湖西道路」での
最高速チャレンジとまりです。

友人のバイクで300km/h超えかけた時、
「あー、死ぬ」と思いました。

投稿: ミサハマ | 2006年1月29日 (日) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/8370757

この記事へのトラックバック一覧です: ライトシャワー堀川通り:

« ヤマハ頑張れ!! | トップページ | きゃっち・あ・こ~るど »