« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

おいおい、またかよ~

0130 薬倍飲みは効果バツグンで、風邪も快方へ♪私に一番あった薬は「プレコール」だな。見つけるまで長かった。

思った以上に残業(深夜)がついていたので、軽くヤフオクの画面を覗いた。

ん?安いぞ♪

けど、もういらんし、置き場所ないし、弾けへんし・・・

でも、一度弾いてみたい「FG-110」やし・・・

でも、フォークサイズの音は好きになれへんし・・・

でも、めちゃくちゃ安いぞ♪♪

チーン☆

「おめでとうございます。あなたが落札いたしました!!」の文字が踊っている。やっちまった、また部屋が狭くなる。でも、メイプルのトラ目がよく出てるんで、ついつい・・・。YAMAHAヘッドロゴでかなりレアやし、ついつい・・・。

赤ラベル「FG-110」めでたく20本目のYAMAHA。当時と変わらない価格で・・・♪春からは新車のローンに追われる(予定)。まさに駆け込みオークション。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

風邪ひきクン

昨日からの風邪がやはりほんまもんに・・・。喉の痛み、関節痛・・・イテテ。しかし29日は棚卸で深夜までお仕事。ダウンできればしたいところだが、以外と丈夫に出来てるのよね・・・オカンに感謝。

0129 というわけでお馴染みの・・・

「薬倍飲み」大作戦。早く治すにゃこれっきゃない。痛んている肝臓に負担が激しくかかるので、ウコンと酵素を一緒に飲む。

しかし、明日は猛烈早出勤。だが、食べた後すぐ寝るといかんので、無理矢理起きる。

胃が痛む、肝臓は悲鳴をあげる・・・どうも生き急いでいるような私。でも、じっくり何もせず生きるなら、激しく燃えて、燃え尽きたい。ライブして、ギター弾いて、食べたいもの食べて、したいことして、行きたい所に行って・・・

「享年34歳」も悪くない。のんべんだらりな定年後を迎えるなら、「享年34歳」も悪くない。私は結構やり尽くした。旅もしたし、ライブにも出られた。28歳で童○も捨てたし、ギターも山ほど弾けた。結婚だけ出来なかったなぁ~。子育ての苦労も味わっていない。そしてそして・・・

やっぱりもうちょっと生きてみようか。風邪をひくとどうも弱気になる。薬の効果を期待しながら、寝込むとしよう。

明日は滋賀に行く。恩人の送別会。倒れるわけにはいかない。いや、倒れてでも行かなければならない。それが仁義ってものだ♪帰りに事故っても、行かなくて後悔するよりはいい。自分の決断なら、それでいい。妥協するくらいなら、死んだほうがマシだ。

人間わずか50年 下天のうちに比ぶれば、夢幻の如くなり 

うぉおおおお!!ミサイルパワーよ、蘇れ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

きゃっち・あ・こ~るど

昨日の空気にやられたか、どうも風邪をひいてしまったようだ。これからいろいろイベントがあり、公私とも忙しいので、風邪でダウンするわけにいかない。早速薬倍飲み攻撃で治そうとしたら・・・

な、なんと薬切れてる!!    ガーン・・・

仕方ない、風呂で体温鬼のように上げてウイルスを熱地獄へ追いやってやろうと湯船を張る。しかし、ただの水ではどうもあったまりそうにない。けどバスクリンを買う余裕もない。冷蔵庫をあさっても「明治 飲むヨーグルト」しかない。乳白色でぬくもりそうだが・・・ぽん酢ではチン○ンがヒリヒリしそうだし、納豆では・・・・!!

結局・・・

0128 「くらしモア 玄米茶」が大量にあった。仕方ない、お茶風呂だ♪お茶のエキスパート、yuriさんも「風邪にはお茶」と言っていたし(おそらく意味が違う)、きっとぬくもるはず♪

7パックほど入れて、モミモミしてエキスを出す。お~っと、玄米茶のささやかな抵抗、中身をバラ撒く作戦が実行される!!あられと茶っぱだらけの湯船は、さながらブラックバスのいる沼のよう・・・。

ん~♪

これがなかなかぬくもる♪賞味期限切れのお茶だから、いい有効活用かと。玄米茶の匂いがいい感じ。少々体にお茶っぱが付着するも、心地良いひとときを過ごした。

ほんでほんで、湯冷めしにくいことを発見。特に手先足先がホッコリ♪

賞味期限切れ風呂・・・いろいろ試せそうだ。今度は・・・

「ソフラン風呂」はどうだろう。体すべすべになりそ☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

ライトシャワー堀川通り

01273 今日は休日。明日から8勤なので書けるだけブログを書いてやろう・・・と何故か張り切る♪明日から毎日午前様っぽい。

今日の締めくくりは「泪さん」のライブを見に行くこと。用事があるそうなので、泪さんはトップバッター。「インスタント・ブギ」で渋く入って、ラストは「チャンス」だった。ステージと客席がほぼ同じ高さなので、間近に見ることが出来た。99で遠巻きに見るより迫力あり、「見せる」ライブをされていた泪さん。いつもながら渋くキメていた♪ギターなしで体を使って表現したり、ステージを駆け回ったり・・・見ごたえ抜群☆

今日はアコースティックは泪さん1人で、他はバンド主体であった。その仲間がうじゃうじゃいて、どうも居場所が・・・。ほとんどが顔見知りのような感じで、一人ポツ~ンと見ている空気に耐えられなかったが、勉強勉強・・・と踏ん張り、最後まで見た。

01274 バンド主体の演奏が続く。それはもう、しゃれにならない音量だった。ボーカルなんてまるで聞こえない。エレキのグゥワーンウォンウォンというドライブの音が溢れんばかり。ドラムは腹までズンズン響くし、ベースは割れかけた音でブンブン・・・ライブ終了してから逃げるように帰ったのだが、2時間経過しているにも関わらず、耳がキーンとなり、聞こえにくい。

でも、実力派が揃っていたのか、観客は多い。スタンドでノッてる女の子や、いかにもロックです!って感じのピアスだらけの兄ちゃんやロン毛の兄ちゃん・・・。いったい、何を聞きに来ているのだろう??と困惑。

ショーゴ(PMC-J)に聞いてみると「音に乗る、って感じでしょ。それを楽しみに来てるんですよ。」と。なるほど、歌詞とかじゃないんだ、あのブーンブーン、ウゥワオーンの響きに乗って楽しんでいるんだ、と。そう考えるとなるほど面白い。途中のギャルバンは「YA♪」のかけ声しか聞こえなかったけどノリはよかった。最後のバンドはブルーハーツのような雰囲気だったが、猛烈なギター早弾きとドラムのグルーブが心地よかった。いずれのバンドも、何を歌っているかは全く分からなかったけど、音的には楽しかった。

しかし、猛烈にみんなうまかった。鬼の早弾き、強烈ドラム・・・世の中凄いミュージシャンは大勢いるなぁ・・と。トボトボ裏道を歩いて帰った。あえてマイナーな裏道を。京都駅から数分のところなのに、真っ暗でディープな道だった。7年ほど京都には住んでいるが、初めて「姉小路堀川」の歩道橋を渡った。午後10時、車は多い・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤマハ頑張れ!!

01272 本日は尊敬するアーティストの一人「泪」さんのライブを見に、七条まで行くことに。そういえば、泪さんのライブを滋賀以外で見るのは初めてだ。

その泪さん、泪さんを崇拝するユウ君、私の崇拝する小野田さん、八幡で活躍する雄一君、衝撃のシンガー中村ゆきまささん・・・私の尊敬するアーティストは皆「GIBSON」を使っている。

マーティン、ギブソンという2大老舗メーカーのギター。私も少しは弾いたことがあるのだが、確かに音がいい。特にギブソンの60年代のを弾いた時、この古くさい・・というか懐かしさを感じさせる音、ブルースマンがペインペイン弾いている光景が浮かぶ音が素晴らしく感じられた。小野田さんがブゥワイーンとねじ伏せるように弾いた時のあのジャッキリ感はすごいと思った。

日本楽器(ヤマハ)のギターを使っているアーティストも多い。されど、なぜか周りにいない。昔は「ギブソンやマーティンなんて、高くて買えない」時代だったからかも知れないが、今は少し手を伸ばせばギブソンやマーティンに手が届く。そして音がいい・・・となると、やはりニーズはそちらにいくのだろうか?そういえばライス君もマーティン♪

ギブソンの歯切れ、マーティンの深みのある響き・・・それに私も魅せられた。されど、なぜかヤマハばかりだ。意地になっている訳ではない。やはり、初めてのギターがヤマハだったから、2代目のLLの音に魅せられたから。日本のメーカーだから。好みの音だから・・・理由はいろいろあるけれど、結論的には「YAMAHA大好き」ってことである。

桜井洋さん頑張って、地道にYAMAHAを応援しておりますから。

「全山葉親愛的人民、大団結万歳!!」天安門広場で叫びたいものだ。

夢が叶うなら・・・天安門広場10万人ライブ3DAYS。協力:人民解放軍。アジアの中心で、平和を叫びたい「彼女ほし~いっ!!」って♪チャンチャン~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震きたら間違いなくえらいことになる部屋

0127 私は兵庫県民である。あの1・17阪神淡路大震災の記憶はココロに深く刻まれている。

やのに・・・

自身は全然対策を打てていない。写真の通り、ギターケース(もちろん中身入ってます)が煩雑に置かれている。アイリスオーヤマのスチールラックの上に、ギターケースが10コ、山積みである。

6畳のワンルームにギターやなんやらを山ほどもっているので、いた仕方ないのではあるが、地震がきたら一発で落ちてきて、オシャカである。されどされど、これがけっこう上手い具合に収まっているのである。

部屋の模様替え・・・と言っても制約が多いワンルーム。無論、部屋に穴あけたり釘打ったり出来ないので、制空権を最大限利用せざるを得ないのが現実。自分の部屋なら、DIYでノコとトンカチでカンカンゴキゴキやって棚でもこさえるのだが、なにせ借部屋・・・。

「ギター売ったらええやん。すぐ部屋広くなるで」とはオカンの弁。いや、それは・・。

せめて10畳くらいの部屋が借りたいなぁ・・。でも今は会社にお金出してもらっての極楽生活なので、我慢の子である。はっきりいって手狭だ。同棲も出来やしない(する相手もいない)、というより友人1人泊めるのがやっとである。

泊まったところで地震起きて、ケース落ちてきて流血・・・これはマズい!!やっぱり、少し工夫しよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オ○ニー的仕事の評価

0126 連日の午前様仕事。26日も結局深夜1時までかかった。やっとこさ出来たバレンタインコーナー、小さい店ながらけっこうハデハデに出来た。満足の出来ではある。

結局、このような仕事を私は「オ○ニー的仕事」と呼んでいる。自慰的作業とも言う。まさに職人魂、売れる売れないはさておき、自分の満足出来る売場が出来ればそれで満足する・・・という仕事のことである。割り切ればパパっと並べて値札だけつけておけばいいのだが、職人魂はそうは行かない。まさに自己満足の世界。売場が出来ればあとはほったらかし。売れ残ったら捨てるだけ・・・という寂しい結末である。

最近の風潮、私のような職人は会社から疎外されつつある。会社は「結果」を求めるのだ。きれいな売場を作って後は管理しない職人を、会社は排除しようと進んでいる。いわば、きれいな売場でなくても売れればいい・・・というのが会社の結論である。

私はそんな風潮などクソ食らえなので、必死になって演出する。ツイ・ハークばりのワイヤー(テグス)アクションで布を張りめぐらせ、風船をプカプカ♪パッと見れば、そりゃ売れそうな勢いのある売場だ。小さい店軍団の中では圧倒的に綺麗に作ったはず。

それでも・・・おそらく部長さん来はったら・・・

「ここまでせんでも・・・無駄な時間ちゃう?売れたらええんや、結果やで。」

こう一蹴されておしまい、チーンである。

ま、オ○ニーやし、誰にも迷惑かけへんし、売れたらそれでラッキー♪やし。でも・・・自分のスタイルをやっぱり曲げられない。信念だから。「売場は気合い」が合言葉。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

ミサイル10分クッキング♪

25日朝。モソモソっと起きて、パスコの「スナックパン」をかじる。

本日(25日)も仕事は昼から。10時のギター解禁まで布団でモソモソ・・。しかし、スナックパンをかじってから空腹が切羽詰り、食材を探す。先日いっぱい買いだめした鶏肉があった。レンジでチンして解凍。ついでにご飯もチンする。レンジは必需品である・・・。

さてさて・・鶏肉を使ってどんぶりでも作ろうと張り切る。ただ焼くだけではうまくないので、つゆを作ることに。冷蔵庫を物色・・・オイスターソースとわさびとしょうゆ発見☆

オイスターソース:適量  わさび:3cm  しょうゆ:適量  シマヤだし:少々

これを少しのお湯でネリネリ・・・これを焼いている最中に鶏肉にかけるだけ。炎がゴワっと上がって少々焦ったものの、なんと香ばしい香りが♪

0125 わさびはもう少し後で入れたほうがいいかも。ピリっと感がやや欠けた。しかし、しょうゆの香ばしい香りが食欲をそそる・・・♪

2/3食べたところで、だしをかけて「茶漬け風」にしてもおいしいかも。けっこう鶏から油でるし、サッパリ食べられるかも知れない。

炊きたてご飯ならさらによかったかな??

今日はクレームで出陣した。私の担当の部門ではなかったが、電話を取ってしまったら責任もって処理しないと・・・。暗闇で道に迷い迷いたどり着いた。いつもそうであるが「どうか激怒されてないように。」と祈ってピンポン押すのだが・・・。今回は「は~い」と優しい声。

・・・♪

きれいな人だった。思わず「ありがとうございます。」って言ってしまった。。。「え?」って言われた。当たり前だ。モデルさんみたいな、きれいな人だった。1本でいいグレープフルーツジュースを2本も渡してしまった。「いえいえ、どうぞどうぞ。」悲しい男の性(さが)だ。激怒された時はけっこう景気よく渡す私だが、きれいな人にもよけまえ渡す自分を知った。

天罰が下ったのだろう、結局25日は深夜まで残業となり、久しぶりの午前様だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

FG溢れる伏見区のとある部屋で

0124 パンパカパ~ン☆異動ありませんでした。もうしばらく、京都で楽しい毎日を♪

学生時代から住むことに憧れていた、華の都「大京都」。賑やかな街に憧れた訳でなく、寺院仏閣の静かな環境に憧れた。10年後、2度目の市内居住になった。そこにはその環境はなかった。賑やかさだけの「京都」であった。

されどされど、便利な街だ。おかげでいろんなギターに知り合った。ここ数年で激増したギター達。というか・・・上洛してからが急増したギター達。これほど便利さの恩恵をうけた街もなかった。

されどされど、不便な街だ。おかげで滋賀のライブに行く機会が減った。ひょいっと行けた太子ホールやロッキー・・・遠くなった。高速で走っても1時間以上かかる。これほど距離がうらめしいこともなかった。

FGがテレビの音で震えている。せまくるしい部屋ではテレビの音まで拾う。乾燥した部屋だ。湿度は50%を切るか切らないかの所を彷徨っている。ここでまだまだいろんな歌が出来るのだろう。お隣さんの心配をしながらのギターは、思い切りのないしょぼい音だ。

この部屋で、私はいろんなことを考えるだろう。この部屋で、私はいろんな歌を作るのだろう。この部屋で、私は思い悩んで失意に堕ちるのだろう。この部屋で、私は笑いころげるのだろう。この部屋で、私は恋をするのだろう。この部屋で、私は失恋するのだろう。この部屋で、私は・・・

私は思い出を作るのだろう。1年が経った。八日市から出て、1年が経った。住み慣れた八日市を去って、1年が経った。

何も変わっていない私。変わりゆく環境。変化に対応できないでもがいているうちに、いろんな音に癒された。FGって、そんなギターだ。私の生活はFGを中心に廻っている。そのギターって無機質なものが、私にぬくもりを与えてくれる。多くの仲間をくれて、歌う場も与えてくれる。

ただの「音の出る木のハコ」にあらず。ギターって不思議だ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

金では買えないモノ

2004_0101990001 金権支配していた「ホリエモン」が逮捕された。「金があれば心も買える」と豪語していた結末がこれだ。「不倫は文化だ」と言い放った石田純一の方がまだいいと思った。六本木ヒルズに住み、芸能人と交際し、天下取ったような人も逮捕されてしまえば、ただの「容疑者」。結局泣くのはホリエモンに関わった人たち。ライブドアの社員、株主、その他付き合いのある人・・・。金で作ったつながりはそれほどまでに弱い。

ライス君(写真右)をトップとして成り立つ「PMC-J」。金で作られたユニットではない。ライスくんの詞に憧れる私。ヘタクソどうしの集まりではあるものの、それは「同じ釜(食堂)のメシを食った仲間」である。「ライスくん、1年契約10万な。」とかいうこともない。特にずっとユニット活動してるわけではないが、集まればその時がユニット活動である。

人脈作りにお金も必要であろう。メシ食べに行ったり遊びに行ったり。ただ、それは「必要」である。メシを食べてワイワイ話して、そして絆は深まる。それは「金」で作られるものではない。だからこそ、困った時は助け合うし、喜びも分かち合える。

金に群がるものは金の切れ目で去ってゆく。よくある話だ。ホリエモンに群がっていたものが、たとえば無一文になったホリエモンについていくだろうか?フジテレビは早速縁切りの「業務提携解除」。株主も「売り抜け」。損を回避するためなのだろうが、本当に親友ならばこんな時こそ「我々は株を持っておく、頑張ってくれ」と言うだろう。

親友に困ったことが起これば私は飛んでいくだろう。それが「真・友情パワー」である。近し遠しの距離感を保ちながらも、いざ鎌倉の心を常に持つ。キン肉マンソルジャー(キン肉アタル)氏の言葉に感銘を受けた2人が中心となって出来たのが「PMC」である。

99ライブ、ロッキーライブで知り合った仲間に支えられながら、私は生きている。いろんな店を渡り歩いて出来た仲間に支えられながら、私は働く。

金持ちではないが、幸せである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Kyoto Station

昨日・・・店の新年会。夜10時からのパーチィーだった。行けば店長はもう焼酎でイッてしまっているし、みんなゲラゲラ笑っている。女性もいるのに下ネタ大会で、そりゃ・・もう・・・。結局夜中の3時までゲラゲラ笑っていた。男だけになったその場はまさに「セクハラ天国」。とても内容は書けません。男はみんな野獣だ・・・。

夜中4時頃帰って今朝、労働組合の用事で一路京都に。メールで「雪が・・。」と書いてあったのでカーテン開けると、こちらも雪・・・。滋賀はかなり降っているらしい。昨晩風呂にも入らず寝てしまったので寒いシャワーを浴びて、電車に飛び乗る。

「来年給料増えるんかな。」「ボーナス増えるんかな。」と話を聞きながら、我慢しきれずに友人の嘆きを組合の方に直訴。安月給でお馴染みの平○堂。頑張っただけもらえるシステムに変われば、やりがいも上がる。えらいさんにはそれが分からない。

昼には帰宅。届け物があったので早退させてもらった。すっかり雪はやんでいた。京都タワーは青い空に包まれていた。京都駅で軽く立ち食いそばをすすって、ホーム内にある「マケネン」でワッフルを買う。

0123 ラムレーズンとメイプルとチョコを♪

昨晩はビールと串かつだったので、体が甘いものを欲しがっていたのだろう(言い訳)。思わず5つも買ってしまった。レジのお姉さんの態度が悪かったのだが、「こら、おまえ、それが接客態度かえ、しばくぞ。」と言ってしまってはクレーム客と同じなので、笑顔で「ありがと♪」と。

そうえいば、昨晩の宴の中で、店長が・・・

「濱野がミーティングでキレ始めると心配になる。」と・・。もっぱら当店の猛獣は肉屋と私。この両巨頭が暴れ始めると手がつけられない・・・らしい。しかし「ギャー言われても着いて行くおまえとこのパートさんは素晴らしいわ。」と。そうなのだ、オープン間なしの頃は、そりゃぁもう・・・

「こら、おんどれ、こんなもんいらんやろが、どあほ、返しに行ってこい、われ発注なめとんけ~、こんなことがいきくさって、何考えてとっとんねん、ぶちまっそ~」(姫路弁)

最近は「ごめん。どないかするわ~」とすっかり尻に敷かれてしまったミサイル主任。パートさんが育っているため、私に文句を言う人も出てきた。

「しゅに~ん、あほちゃう。こんなんいらんやん。どないかしてよ~、米まけて~。」怒るのはええけど、「米まけて~」はよく分からん??

その成長ぶりが嬉しい。この店で私がすることは終わった。後はこの人達が頑張れば、なんとかなる。よろしく頼むぞ、わが精鋭10人衆!!

本日、異動が発令されるらしい。さて、私は①カニのうまい北陸ツアー②ライブ頑張れ、滋賀に戻る③おっとびっくり、いきなり大阪冬の陣④フェイントで岐阜??⑤京都2年の刑⑥配置転換で違う仕事

・・・・・どれだろう。結果は明日のブログで!!つづ~く(BY LIFE CARD)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

「ドリムノート」が欲しい

0122 よく職場で「人の棚卸」ってことをする。その人が何が出来るのか出来ないのかを明確にするってことだ。

ワタクシ、ミサイル濱野・・・

朝起きる、通勤、仕事をする、王将でメシ食べる、帰る、ネット検索する、ギター弾く、寝る

これが仕事ある日の日常。

朝起きる、洗濯、ギター弾く、ご飯食べる、歌う、散策する、買出しする、テレビ見る

これが休日である。

一見無駄のないような生活だがけっこう無駄があるなぁ。ギターの練習っていっても教則本があるわけでなく、ただやみくもに自分の歌を弾いたりしているだけ。コード進行や音楽理論なんてチンプンカンプン・・・。

とあるギターの教則ページってのを見つけてアクセスしたら「これくらい分からないなら先に進むな」と書かれてある。ワタクシにはチンプンカンプン・・??それが分からないともう上達しないのか??文系出身ではあるがどうも文章読解力が欠如している私。

私はギターで食っていこうなんてまるで考えていないし(妄想は大好き)、仕事で「店長になるんじゃ」とかいう野望もない。現状の収入で、そこそこの暮らしをして、のんべんだらりと働いて、楽しく遊べたら・・・と考えている。さてさて、そこに夢はあるのかい?

すっかり夢を見失っている。私の夢は?今聞かれても答えられない。昔は「汲み取りやのおっちゃん」とか「電車の運転手」とか「ラリーアタッカー」とかいろいろ夢を持っていた。しかし、社会人になってのんべんだらり生きていて、現実しか見えなくなってしまっていた。夢なんて・・・という「なりたくなかった大人」になってしまっていた。

懐かしいアニメ「ウイングマン」に「ドリムノート」ってのがあって、書いたことが現実になるってノートなのだ。主人公の広野健太はそれに「ウイングマンになる」と書いてウイングマンになった。万一今、あおいさんが出てきて「ドリムノートあげる」って言われたら・・・

どないしよ・・・。

夢っていうか「こうなるんや!」って目標をしっかり定めないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ミサイル30分クッキング♪

最近ギターネタが多くなってきたこの「まいにちのうた」。99ライブでお世話になっている番頭さまの紹介で、より多くの方々に読んでいただけるようになった・・・感謝☆ただ、ギター集め(最近の肩書きはなんちゃってコレクター)を主としたテーマのページなもんで、ギターのネタを書かないといけないかと思い込み・・・。これでは幅が狭くなる・・・と思い・・・

久々「ミサイルクッキング」の時間。といっても単に独身貴族の野郎が晩メシ作るだけのコト。主婦のみなさまは「当たり前やんけ。」と思われるであろう。ご容赦を・・・

0121 材料(1人前・・・一般家庭なら3人前)

鶏ささみ 1パック(半額シール貼られたもの)

ピーマン 1パック(割引になったもの)

もやし     1パック(15円になったもの)

調理法:適当に切って、ひたすら炒める。味はシオコショーとオイスターソース。最後に日本のしょうゆをちょびっと♪

あーら簡単。おまけに栄養あるし鶏ササミやからカロリーも控えめ。腹から声が出ずに腹が出ている私にはピッタリでございます☆

今日は朝からお隣さんが外出。ハープまで装備して私はギターを抱えた。11時の解禁時間と同時に騒音開始「ピープー」とハープはなり響き、FG-580は咆哮をあげる。適当なコードを押さえたりして指をならして、「カルビー ポテトチップス」を品出しし過ぎたためにパックリ裂けた指先に液体絆創膏塗って、ひたすら騒ぐ(注:歌う、ではない)。

最近チューナーでチューニングするのと同時に「ハーモニクス」でチューニングするようにしている。ポーンポーンと鳴らしてちびりちびり合わせる。まだまだピッタリ賞にはならないが、だいたい合った!と思ったところからさらにペグ3/4回転させるとズバリになるってこともわかってきた。

99ライブでゆあささんや村田君が「ポーンポーン」ってチューニングしているのがカッコよく、私も1年後は・・・と思いながら挑戦しているのだ。しかし、現実はキビシイのだ。やはりチューナーに慣れてしもたので、ついつい最新兵器に甘えてしまうのだ。

もやし炒めを食べて、青汁飲んで、明治「飲むヨーグルト」飲んで、久しぶりの栄養補給は無事完了。おそるべき「8連勤」への備えは万全である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近くて遠い近江路

1120 20日・・・出勤前にふと部屋を見る。電気の消えた薄暗い部屋にたたずむギター達。今日は99ライブ「トクさんトリビュート」の日である。私は行けない、仕事だ。私が行けないって事は、同業のライス君も行けないだろう。

20日ってのは平○堂の締日。たいしてえらくもない主任って役職の人は休めない日。こればっかりは仕方ない。ほったらかしにして99ライブに行きたいくらいではあるが、迷惑の掛かり方が他の日とは違うので、泣く泣く・・・。

メールが来る「小野田さんが壊れた」・・・し、師匠。。

それだけ盛り上がったのだろう。なにせ我らが「トクさん」のトリビュート・ライブなのだから。99メンバーのアレンジしたトク・サウンドも聞きたかったし、本家トクさんのステージも見たかった。20日というカレンダーと、京都という地の利の悪さがうらめしい。

近江八幡で働いてた時、威風堂々と事務所に現れたトクさん。そんなトクさんにもいろいろお世話になっている。ロッキーのステージに立たせてもらったり、誘ってもらったり・・。何度仕事を理由に断りを入れただろうか・・。非常に申し訳なく思う。

トクさんだけでない。今回もそうだが、いろいろ誘ってもらっても、流通業の悲しさ・・・なかなか休みが噛みあわず、断ったことだろう。ましてや今は京都市民。ビューンと飛んでいくには近い近江路も、時と場合によってはアフリカ並に遠くなる。

転勤族なもんで仕方ないのだが、だんだんと滋賀と疎遠になっていく今の環境が少し悲しい。「今日はロッキー見に行こう」と決めた土曜に「娘が熱出したんで今日仕事休ませて・・・。」という言葉に泣く泣くロッキーを諦めたことも。仕事あってのライブなのでそれは構わない。だが、自分の中では遠く遠く離れていく「滋賀にいたあの頃」を感じる。

最近は、それがさらに加速度的に離れていく気がする。

そのうち北陸にでも飛ばされたら、私の存在は「八日市の霧」のように、徐々に消えてゆくのであろう。でも・・・

思い出は消えない。それだけで私は十分さ!ヘヘヘ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

アジャスタブルな人生(1・19)

0119 本部のえらいさんに怒られた。やることやってなかったので自業自得であるが、さすがにヘコんだ・・・。

ま、明日からリベンジ♪頑張ろう!!

・・・てな具合で独り者は自分で悩みも解決するのである。そんな私にはギターがある(サミシー・・)。今日(19日)も朝10時の解禁時間(お隣未承諾)からFGをジャリジャリ。今週はアジャスタブルサドルでおなじみの「FG-401W」である。歯切れのいい、軽めの音が朝に似合う。所有しているFGの中では、一番女性っぽい。

こいつはサドル弦高が調整出来る。低めにすれば弾きやすいし、高めにすればボリュームが出る。そないに調整はしないが、いろんな音に挑戦出来るのは嬉しいものだ。

私の人生も、このサドルのように調整出来れば・・・と思ったり。でも、現状に特に不満もないといえばないし・・・。調整したところで、きっと不満も出るだろうしね。でも、調整出来るとしたら・・・。

小学生や中学生に戻ると勉強せなあかんしいややなぁ。高校の時は全然モテなかったしいややなぁ。大学の時は失恋しまくったしいややなぁ。会社に入ってからもそないいい思い出ないなぁ。ぜんぜん平和にならない会社だし・・・。名前負け♪

結局、99ライブでギターに傾倒し、多くの仲間が増えた「30代」そう、今がいいや☆今まで生きてきた中で一番熱いかも知れないし。

感謝!!である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

FG-180分解

0118180 3連休最終日。さすがに勤労意欲が湧いてきた。というか、旅行でもないのに連休はやっぱり・・・。中日にプチ旅行があって救われたけどね♪

さて、せっかくの休日なのでギター弾いたりハーモニカ吹いたりの時間を過ごす。そして、かつてから挑戦しようと思っていた、ギターの白濁取りに挑戦!!

まずはFG-180を解体。といってもペグ外して、ロッドカバーを外すだけ。ドライバー1本で出来る。サクサク外して、アイロンを取り出し、高温に・・・。

ぬれタオルを被せて、気合い一発「ジューっ」とすべらせる。アイロンを止めないのがコツらしい。表と裏をスーット何度か滑らせる。これが正しいやり方なのかどうかは分からないが・・・。ネット検索したらこんな感じって書いてあった。

結果・・・そないに変わらなかった。この方法は成功率が低いらしく・・・ま、変にならなかったからいいか、と。ついでにポリッシュで磨いたりと日頃出来ない所の手入れをして、ペグを元に戻して終了。素人はあまり深入りしない方がいいってことを改めて・・・。

今週はこいつを乾燥当番に。弦を張って、しばらくカラッカラの環境で頑張ってもらおう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

日本人が失ったもの

0117-1 本日連休2日目。今日は久しぶりのお出かけ♪

99メンバーのyuriさんと共に、京都のお茶屋を取材(試食?)。陳列の参考という熱心さ☆

土産物屋さんを巡る。値札のチェックを欠かさず・・・私は輸入食品に夢中になってしまった。今度からお客さんに聞かれたらここに品揃えを見にこよう、と。

数店の土産物屋さんをハシゴして、河原町方面へとコマをすすめる。昼ごはんをサクサクっと食べて一路二条通り方面へ・・・。

本日のメインエベント「一保堂茶舗」へ。二条通り寺町を北へ上がった所・・・らしかったが不明なのでその辺のお姉さんに聞く。

0117-2 見るからに風格溢れる様子。歴史を感じられるなぁ・・・。中に入るとそれはそれは・・・まさに歴史の1ページ。お茶の老舗です!!って感の店内。店内の喫茶室に入る。

「玉露」を注文。新人っぽい店員さんにお茶の入れ方の説明を受ける。京華堂の和菓子も付いてきた♪まぁ小さい急須に「え?」ってくらい茶葉が入っている。けっこうぬるめに冷まされたお湯を注いで1分半・・・。コポコポと湯のみに注いで香りを。色こそ薄めであるそのお茶をソロソロと口に・・・。

なんじゃこりゃ!!う、うまい・・・というか

0117-4 お茶を含ませた口から「甘さ」が!!お茶やのに「甘さ」がぁああああ!!これには驚愕!?今までに飲んだことのない、それは砂糖で出せる甘さではなく、ほんのり舌の上に感じる「甘さ」である。yuriさん曰く、これがお茶の甘さだと。

正直、驚いた。今まで私はいいお茶は「香り」であると思っていた。いいお茶は確かに「香り」がいい。しかし、味にそんな違いはなかった。しか~し、この玉露は全く私のお茶へのイメージをぶち壊した。心底、お茶ってこんなにおいしいものかと思わなかった。「うめぇ」「甘さがある」「わ~」「なんと・・」といった感嘆詞しか出てこないワタクシ。

感動の光景を写メールに我々が撮ると、堰を切ったように周りの皆さんもカシャカシャと・・。フラッシュまでたかれてそれはもう、スタジオのような盛り上がり・・・。

0117-3 そしてお茶屋をはしごする。三条方面の喫茶店に。抹茶(おうす)と抹茶わらび餅を。

この抹茶にもかすかな甘みが。すっかり「お茶の甘さ」を探そうとする私は、yuriさんには滑稽に映ったカモシレナイ。すっかり「和」の心を堪能した2人。

毎日の仕事で、ペットボトルのお茶をたくさん並べている。すごい売れ方が示すように、お茶離れが進んでいる日本。「お茶はおいしい」というのは伊右衛門のペットをグビグビ飲んで言ってる日本。ティーバッグに入ったお茶を買い求めるおばあさん。まさに「ファーストフード」全盛である。

急須に入れるまでお湯を冷ますこと3分。急須にお湯を入れて待つことさらに1分半。5分以上かけて飲むという「スロー」な文化は、すっかり時代に取り残された感がある。しかし、それだけの「手間」と「時間」をかけたお茶は、ペットボトルのお茶とはまるで違う飲み物となっている。ペットボトルのお茶に感動はないが、スローなお茶には感動があった。

新しいものを生み出すと古いものが無くなる・・・文化とはそれほどもろいものなのか。

そんな文化を大切にする「京都」に住んでいることに改めて喜びを感じた。貴重な体験をくれたyuriさんに感謝!!今日がなければ、お茶というものを知らずに過ごしていたかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

親子対決!!

0116 今日はなんちゃって休み。朝からせっせと「伊右衛門」を積む。しかし、このパッケージは当たりやなぁ・・と。

1:サントリー 伊右衛門

2:伊藤園 おーいおちゃ緑茶

3:コカコーラ 爽健美茶

てな順で売れているかな(某店調べ)。でもやっぱり伊右衛門は美味しい。一番緑茶の味がする。頑張れ、アサヒ「若武者」もうすっかり「落武者」やぞ!

百万円単位の計画をして、売場の絵を描いて、チョコレートをつまみ食いしてタダ働きは終了♪あーしんど。

うちに帰って、ギターの練習をする。乾きの鈍いのを「強制乾燥」。暖房と除湿機のかかった部屋の湿度は30%にまで!!THE FGがキューキューいっているだろう。ポット君からお湯を出して、しばし加湿。私は「名糖のレモンティー」でセレブな午後ティー♪

朝から何も食べてなかったので、暴れん坊将軍を見ながら賞味期限半年以上経ったお茶漬けをサラサラ。正味、賞味期限切れて半年くらいは全然大丈夫なのよね~(某メーカー曰く)。良い子はマネしないでね。結局、練習時間は大幅にずれ込む。

昨日はバルタン君がブツブツ言っていたので、今日は赤君を引っ張り出す。33歳の私より年上の赤180君を。FG-180赤ラベル。乾いた部屋では最強だ。兄弟の胴まで振るわせるその音は、まさに「近所迷惑」。ワンパク坊主(33歳)にも困ったものだ。

親子を並べた。親は松崎しげるのようにかなり焼けている。息子も頑張ってもらいたいものだ。真っ白でひ弱さ満点。音もやっぱり親父の方が気合いが入っている。

しかし、湿度が低いと喉が痛い。結局、新曲は詞を全部バラした。やり直し~。夕方にお隣さんが帰ってきたので中止。京都駅にそばでも食べにいってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バルタン君の独り言

01152 私は73年生まれの32歳、FG-450です。今のご主人様よりひとつ年下・・というだけで君づけされています。「バルタン君」ってセンスのかけらもない名前付けられてます。

今のご主人様に渡る直前は私は見も心もズタボロで、死にかけのような状態でした。しかしご主人様に磨かれ、きれいにされ、すっかり生き返りました。感謝しております。頭の「音叉マーク」も輝きを取り戻しました。

感謝してる・・・ってことで思い出しましたが、ご主人様は最近いろいろ悩んでおられるご様子。なんでも、ご主人様の勤め先で、悲しいお客様がおられるそうで、レジさんの応対の「なんでもないこと」を揚げ足とって「辞めさせろ」とか「この人外して」とかいうお客様がおられる・・とのことです。

「ありがとう」の感謝の言葉の美しさ・・私も存じております。しかし、悲しいかなその方はそんな「ありがとう」って気持ちを出せないのでしょう。「ありがとう」こそ人の気持ちに響く言葉です。助けてくれたり、出会ったり、話したり・・・いろんな光景で「ありがとう」は使われます。そんな気持ちを持てずに、辞めろだなんだと言われるのが悲しい・・と。

ご主人様は私や仲間の赤君や黒君、Lちゃんを弾いた後、「ありがとう」と言いながらクロスでフキフキしてくれます。私もさらに「いい音出さなくちゃ!!」と頑張ってお腹を振るわせるものです。「こんな音しか出せへんのか?」と言われるとそりゃ、ブーとした音しか出しません。でも、やはり気持ちの問題。私も若くはありませんが、やはり褒められると張り切るものです。

ご主人様の座右の銘は「気は心」だそうです。ご主人様はレジで、吉野家で、どこでもお会計をしはった時に「ありがとう」と言っておられます。お互いがいい気持ちになることを知っているからです。

そんな気持ちを知っているだけに、心無い方の言葉が悔しいのでしょう。せめて私の歌声で癒してあげたいものです。        ・・・・・あ、あぁぁぁぁぁぁぁぁ~

ケースはまだ嫌ですよ。もう少し「虎バン」聴かせて~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰やねん、この子

0115 99ライブのリンクをカチャカチャ見ていると・・・何故かよく知っている人の日記がぁ。。。「ヘナチョコ日記」と書かれたそのリンクは・・・!!

さて・・・

仕事終わって帰り仕度をしていると、上司が「これ買わへん?」と1枚のLPみたいなものを。何だ?と思えば「榮倉奈々」って子のカレンダーだった。余り物らしい・・・100円だというのでとりあえず買う(買わされた)ことになった。

若い子には興味の無い私。裏にはいかにも「高校生」って感じの写真が。うぅ、さらに興味がなくなる。そして「こいつ一体誰やねん。」という結論に。

いまどきの女の子。みんな一歩間違えばアイドルになれそうな子ばっかり。というか、みんな同じ顔しているように見えるのは「おっさん意見」だろうか?うっとこのパートさんなんか、みんな個性のある顔してるよ。いろんな刺激と衝撃と生活で、落ち着いた顔になってしまったのだろうか?「女は30歳から」が私の自論。男は・・・!!私も33歳、そんなこと言っている場合ではないのだが。

強引に話をギターに持っていくけど・・・

「最近のギブソンは、どれも優等生。昔のギブソンは作りもええかげんやったけど、音にそれぞれ個性があって、面白かった。」と。

そういえば、最近のヤマハより昔のヤマハの方が、荒削りながら激しい音を出す。

いい大学でたエリート社員より、濱野の方が荒々しいながらいい仕事する・・って、どこかで上司に言われたっけ。

ギターはふにゃふにゃやけど、お菓子積ませたら男前ですよ、私♪じゃがりこ積載記録3m。はしご使わないと取れません。平○堂レコード保持者です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

期待とプレッシャー

27 休憩時間、テレビが流れていた。「トリノオリンピック」の応援番組だ。ミキティーや上村愛子の話題だった。

だいたい、オリンピック前になると「メダル確実」や「今度こそメダル」とかマスコミは騒ぎ立てる。

選手達はその番組を見て、もしくはそうやって騒ぐマスコミに対して、どう思っているのだろう・・・。

私は緊張し~である。練習ではそこそこいい演奏が出来るのだが、本番になるとどうも疑心暗鬼に陥る。観客の皆さんは「こいつ、どんな歌歌うんやろ?」てな思いで見ているのだろうか・・とか、「うぁ、さっぶ~。ヘタッピ~」と思っているのだろうか・・とか。たいがいのお客様はそない期待はしていないのだろうが、どうも自身の未熟なギターと歌と精神が疑心暗鬼にさせるのだ。

オリンピックに出るくらいの選手なら、そんな小さいこと思っていないと思う。でも、プレッシャーにならんのかなぁ、と。

私はライブでの拍手がどうも苦手だ。本当の、感動の拍手が起こるくらいの歌うたいに近づきたいものだ。泪さんや小野田さん、ゆあささんのライブでは、私は心から拍手する。それは、やっぱり「期待してたものをもらった」からである。

あーあ、ライブが怖いや。練習しよっと♪下積み生活も悪くない。

うんうん、下積み無くしてライブは無い。練習しよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全面開通

0113 今日も休み。だらけているな~とは思わないで下さい。年末年始休みなしで必死こいて働いていたツケですんで・・。

というわけで、今日もぶっ壊れたホームページの修復に。なにせあらゆる写真ファイルが消えたり、リンクが消えたり・・・こらまた一苦労。せっせとマニュアル片手に・・・マニュアルをパラパラっと見てガンダムを動かせるアムロは凄かったんや、と改めて。

ま、ジオングくらい(80%)以上は修復完成だと思います。結局、トップページからギターページまでなんやかんやで変わってしまった。おかげで昼からずっとパソコン大会。夕方には疲れてダウンしましたが・・・。休みで疲れるな!!

最近めっきり外出していません。うちでギター弾いているか、名糖のレモンティー飲んでいるか、テレビ見ているか、寝ているか・・・まさに日曜のパパ(注:独身)状態です。太ってきた自分に少々焦りを・・・。

来週には友と出かける約束があります。嬉しいな♪久しぶりに外出です。外出した時は思いっきり外出を楽しんで、部屋にこもっているときはギターを弾いてあげて・・。2006年はこれでいこうかと決めましたので。経費も削減出来ますがね(電気代は高くなった・・)。

明日から雨のようです。除湿機君に頑張ってもらわないと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

リニューアルとFG

2006fg2000 いや~、ページをいろいろいじくっていたら、せっかく作ったホームページが吹っ飛んで、悪戦苦闘をしておりました。1日だけですが、「おいおい、ページ見れへんで」とか「はまやん、また沈んでるんか?」とか思われたかも知れませんが、私は「元気です」←吉田拓郎。

トップページを、少しシックに。でも、あまりシックにし過ぎると私らしさが無くなるので、カラーの写真も入れたり。けど、あらゆるページが消滅したので、ギターインプレはもう少し工事を。このブログ内の「ギター屋はまやん」ってところをクリックすれば、私お気に入りのギターの所感がビッシリ♪ヤマハギターファンの方はこちらへ。

トップを飾るのは「FG-2000」である。部屋で壁が白いところを探して、出勤10分前までカシャカシャ写真を撮っていた。裏の「ハカランダ板目模様」があればそれをトップにしようと思ったのだが、私の2000は柾目。セピアにすると黒くて分からない。

しかし、この「ハカランダ」ってのはどうも湿度によって機嫌がコロコロ変わる。というか、ギター自身がこれほど湿度に対して敏感だとは・・・。ケースに入れてりゃ湿気て御機嫌斜めやし、出してしばらくするとバリバリ鳴ったり・・・。

オールドFG-180のマホガニーなんて、湿気ててもガリゴリ鳴るのだが・・・。ローズ系は湿気に敏感なのか?であるとローズウッド・ハカランダは女っぽい??

であるならばマホガニー系は男系??確かに音的に区分けするとそうかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

ギター弾きには「あるある♪」

0111 今日も重役出勤。朝、洗濯を済ませてギターを握る。今週の乾燥当番はTHE FGとFG-2000。FG-2000はネックにまでクラックが・・・。なかなか世話のかかる奴だ。

近所迷惑も顧みず、朝から轟音を撒き散らす。いつものピックが見つからないので、その辺に転がっていたピックを持つ。

私はピックまでヤマハの「ミディアムソフト」ってわりかし柔らかいのを使用している。硬いのを使っていたのだが、弾き方が荒いのか、弦をブチブチ切るので柔らかいので思いっきり弾くことにしている。

が、今日はやはり勝手が違う。いつもの柔らかさに慣れているため、どうも「ゴリゴリ」とした感触。そのため、ピックがよく手から飛んでいった。そして・・・

ギター弾きなら、何回・何十回と経験のある「サウンドホールにコロン♪」が起こった。ゆすったり逆さ向けたり・・・一発でコロンと出てくることもあれば、何回ゆすっても出てこないことも・・・。今回は後者。うまくブレイシングに引っかかって、これがなかなか・・・。

木くずやほこりとともに出てきた時のこの喜び・・・これもギター弾きなら何度と味わっているだろう。しかし・・・手間である。なんかうまい方法を皆様ご存知ないだろうか??

部屋の湿度が50%を切ってきた。除湿機+エアコンで部屋は乾燥地帯のようなパリパリ感。新参者のLL-26でさえ鳴りがいい。ギターにはいい季節も私の口はカラカラ。指はガサガサ、髪はサイヤ人のように爆発・・・。ギターの調整室で寝泊りしている自分が、なんか間借りしている居候のようにも思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーピング生活

1月10日。今日も昼から重役出勤。朝からギターケースの入れ替えを。

ヤマハ横ロゴの初期型ヤマハケースに「FG-180 500 2000」を入れる。特に所有の中の「ハカランダモデル」には特に注意を払って、クラック対策を施す。同じハカランダといっても、FG-500、2000、そしてL-15では柾目板目や色など、3本それぞれである。柾目の2000にピシッとクラックが。リペア以後、細心の注意を払っている。それにしても、FG-180の鳴りは異常なくらいである。朝からそりゃ、近所迷惑・・・。

さて、今日も朝からシチュー。昨日のブログでも書いたように、まだ先の見えない量のシチューを朝から煮込む。さすがに美味しくなってきているが、さすがに飽きた・・・。

しかし、最近野菜を食べていない。煮込んでいるので野菜を摂ったとは言えないであろう。カルシウム等も不足しているだろう。最近摂っている栄養素は「炭水化物」と「たんぱく質」である。糖分も鬼のように摂っている・・・。

これはいかん、死ぬ!!

そう思って、奮起した。

0110 パンパカパーン☆

これぞ「大麦若葉粉末入り飲むヨーグルト」と「ウコン」

野菜の栄養素、カルシウム、クルクミンパワーと、今までの栄養不足を解消するべく立ち上がった栄養素が私を癒してくれる(はずである)。

またドーピング生活が始まった・・・。

しかし、青汁もこうして飲むとグリーンティーみたいで美味しい。ウコン粉末は自分で空カプセルにせっせと詰めたので安上がりである。面倒くさかったけど・・・。

これで少しは「人間」らしさを・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

ミサイル2時間クッキング♪

0109-2 夕方までTHE FGをバンバン弾いていたが、食料の備蓄が無くなったので、悩んだ挙句に外出することに。暗くなり始めた頃、車を走らせて「アルプラザ醍醐」へ。

たしかうちにカレーのルーがあったことを思い出し、今夜はカレーにしようと張り切って買い物。お茶っ葉やヨーグルトを同時購入して、穴んこのあいた鍋の代わりに、さらの鍋を買うことにした。納豆も健康のために購入♪

さて、そそくさ帰宅して調理開始。たまねぎ2コ分をみじん切りにして飴色になるまで炒める。これに結構時間がかかる。美味しいカレー作りには必要な作業のため、他の野菜を切ったり、洗い物したりしながらたまねぎを炒める。山盛りのたまねぎが少しになったところで、本格調理開始。

肉やじゃがいも、にんじんを炒めてガシガシ混ぜて、煮込み開始。ローリエも投入。サンプルでもらった「マンゴーチャツネ」とやらも投入。「これ、どんな味するんかな?」と思いながら・・・。さて、煮込むこと30分、いよいよルー投入。

「グリコ ZEPPIN ビーフシチュー」って書いてある。これ高いだけにうまいんだよね~。メーカーさんにプレッシャーかけたらサンプルでもらったから、タダなんやけどね~・・・等、上機嫌で箱を開けたその時・・・

「え??シチュー???」

絶句。シチューだった。カレーじゃない!!!!!!!(涙)

0109-3

結局、ごはんにシチューかけて、美味しくいただきました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミスター・アウトドア 軟禁

0109 流通業界にいながら、日・月(祝)と連休。ナメナメである。仕事は山ほど溜まっているが、休日出勤がバレてえらい目にあうくらいなら、と一切職場には行っていない。

それどころか、ここ2日、外気に触れていない。休みの日は心斎橋・河原町・湖岸道路・石川・・・必ずどこかへ飛んでいくこの「ミサイル」と言われた私が、外気に触れていない。風邪をひいているわけではない。

「外に出たら金かかるやん♪」ってのが正直なところ。必要な金はバンバン使うのは昨日のブログの通り。いらん金をケチっていくことにした2006年。

写真の通り、ボサボサ頭・無精ひげ・メガネ・スエットという「休日のパパ」スタイルで(注:独身)2日過ごした。明日太陽を見ると、目がやられてしまうかも知れない・・・。

退屈なことはない。ギターを握っていればいいのだから。おかげさまでコッテリ弾いていました。といっても何を弾くでもなく、ジャラーンとかき鳴らしたり、歌を仕上げたり、小野田さんの真似したり、練習したり・・・30分弾いては10分くらいボケーっとする・・・。こんな生活が2日。ご飯は全てチンするご飯とサバ缶。ヒジョーに不健康極まりない。

しかし、健康であることに、時間があることに感謝。99ライブでおなじみの「中西さん」が病に侵され、闘病しておられる。中西さんはそんな中、病室にまでウクレレを持って入り、演奏しているそうな。恐るべし音楽魂(ミュージック・ソウル)。健康体の私は、のんべんだらり・・・であったので、昨日今日はギターを握った。中西さんの奮闘を願って。

お会いしたことはないが、画像で何度か拝見したことがある。ウクレレで奏でるそのメロディーはウクレレを越えている気がする。4本の弦で、あそこまで表現出来るのなら、6本のギターなら、可能性は無限に拡がる。せめて、無限とまでいかなくても四畳半くらいには拡げたいものだ。

コードブックとにらめっこしながら、約2日が過ぎてゆく・・・。   ん???

「く、食い物が底をつきている~!!!」

アルプラ醍醐にでも調達しに行こう。やっと軟禁から開放だ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

財形貯蓄と借金天国

fgtitle 給料明細や源泉徴収表を見た。着実に結果は出ている。「なんちゃってミュージシャン」であると同時に「なんちゃってサラリーマン」の私。決して高給取りとは言えないながらも、生活するに困らない程度。

その中から生活費と財形貯蓄をしょっぴーたのが、いわゆる「お小遣い」である。これぞ独身貴族の特権である。「もっと貯金せーよ。」というのは外野の声。しかし、いつ命を落とすか分からないこの世の中。後悔しながら絶命するのだけは御免だ!!との思いで、なるだけ使うものは使うようにしている。1/1000の確率で、もし結婚したなら、その時には緊縮財政を敷いて、嫁さんの尻に敷かれよう!!

さて、財形貯蓄をしながらも、私に迫り来る「借金返済」無論、ギター購入の資金である。分割払いや現金払い・・・あらゆる方法を駆使して、ギターを調達している。まぁ、満足するレベルのものが集まったので収集活動は終了したが、少しの借金は残った。といっても、ニュースに出てくる程のものでなく、月々払える程度のものだが・・・。

私は高校生の時からローンが大好きだ。ローンがあるおかげで必死になって働ける。目的があるからモチベーションが高まるのである。お小遣い程度で払えるローンである。当時購入したのは、当時は貴重であった「ゴアテックス」の合羽であった。高校生には高価な15000円。月々1000円の返済であった。その合羽を着て、山岳部として頑張った。

「ご利用は計画的に」ってCMする消費者金融。計画的に返済出来る人が消費者金・・・いや、サラ金屋に行くのだろうか??銀行で借りれないから、サラ金に頼るのでは??そこまでの買い物をしたり、会社を興す勇気もない。うっとーしいながらも楽しい職場。所得は低いがそこそこ満足。その中で「小さな幸せ」を見つける方法が、お小遣いである。

そこに欲しいものがある。少し背伸びすれば買える。ずっと前から欲しかったものである。しかし、それを購入するとその後の生活はキューキューである・・・。

①「この機会を逃せば!!」と後先考えずに手を伸ばす。

②「うーん、欲しいけど、生活がキューキューやし・・どうしよう・・」と結局我慢する。

③「誰も見てないや、パクっちゃえ」とゲット&アウェイ!!

③を除いてどちらも正解だと思う。でも、今つかめる幸せと後でもなんとかなる幸せもあるんじゃないかな??その見極めは「自己責任」であるのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

年賀状

友から年賀状が届く。

同じ人から2枚来たり、かつての上司から来たり、大学時代の友から来たり・・・。メールがあるのに、年賀状が来る。やはりメールより、アナログな年賀状は嬉しい。

とある友人から「春にママになります。」との文字が。結構なことだ♪子供と一緒の写真の友人も多い。また来年は増えるかな??

私は・・・芸のない年賀状であった。忙しかったせいにして、来年こそは凝った年賀状を。

もう7日。つい最近まで、年末商戦でバタバタしてたのがウソみたいだ。出勤は昼から。ゆっくりギターを弾く余裕も出てきた今日この頃♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

吉田拓郎とFG

0106 今日は会議。つまらない時間をむさぼるその会議は、まさに「軟禁」である。この時間をとっておきたい・・・。

さて、今日もコソコソっと作詞活動を。両隣りが知り合いだったので、なかなか堂々と書けない。今年のテーマは「昭和」。拓郎がガシガシ弾いていたあのころの歌を目指して。

吉田拓郎といえば「GIBSON J-45 1968」である。ガッシガッシ弾くあのギターはJ-45である。ライブCDなんか聴けばすぐにGIBSONだと分かるあのジャキジャキ感。

その吉田拓郎も使っていたといわれる「FG-500」ヤマハ赤ラベルの最高機種である。私が恋こがれた1本である。今週はこのFG-500をチューニングして、部屋に置いている。ブーンとなるこの音が大好きである。

この音に合った歌を・・・と思うものの、なかなかそういった「昭和」の音は出てこない。会議中もいろんな語彙を模索するが・・・。考えてもでてきないので、自分なりの「昭和」を思い出してみた。少年時代・高校時代・・・天皇陛下の健康状態を逐一放送していたあの頃までを思い出しながら・・・。

以前、このブログで書いた「京阪電車は午後6時」ってフレーズが気に入って、歌のタイトルに。夙川まで行っていろいろ話した内容や思いをサラサラっと書いてみた。結構いい感じの私らしい歌。

中学3年から高校2年の間、片思いしていた事を思い出した。懐かしいなぁ♪あの頃はまだ私も汚れていなかった。真っ白な画用紙であった。それが、いろんな社会の汚れが、私の画用紙を埋めていった。

まだ「真っ白」だったときの思いを歌にしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

今週のFG

0105-3 FG-500を引っ張りだした。久しぶりの出番である。ハカランダの模様がグルグル渦巻くサイド板のFG-500は、触っただけでも「ポーン」と音が出る。

さて、今回も曲調が「昭和」の新曲のため、FGを引っ張りだしたのである。音の似ている「LL-26」と比べてみる。やはり、LLの方が音の伸びはある。が、乾いたバリーンって勢いはLLはない。

FGは34歳。LLは0歳。やはり大人のFGは音に深みがある。ズーンって響きはFGに軍配。キラーンとした伸びはLL。甲乙つけ難い2機である。写真をご覧になっても分かるであろうが、トップの日焼けの具合も「松崎しげる」と「藤井隆」くらいの違いがある(?)。

今日の出勤は13時なので、京都へ帰ってから1時間くらいは弾く時間があった。お隣さんのフォースを感じたので、指弾きをメインにポロポロと♪

最近、サムピックの便利さに気がついた、33歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Uターンラッシュと逆走して・・・

0105-1 1月3日・4日と連休をとった。実家へ帰省することに。

乗りなれたJR藤森からの電車。こんなに電車に乗ることの多い住処も初めてだ。夕方前、空はどんよりながらも青い空も見え隠れ。ガタゴトと電車はやってくる。現実から私を自由の国へ運んでくれる電車は、やってくる。

京都駅まではあっという間である。鈍行なのでUターンラッシュとは無縁である。もっとも京都から姫路も、どっちかというとUターンラッシュとは逆走である。混むわけもないか・・・と思いながらも、抱えたでかいギターケースが迷惑になっているのは否めない。

今回はまたまた新曲を実家で思いっきり弾いて、少しでも形にしようという魂胆である。楽譜や着替え等、予想外の荷物とでかいギターケースが、旅情を満喫させてくれる(?)。

0105-2 鈍行で帰ればいいものを、どうしてもずぼらこいて新幹線に乗ってしまう。案の定、ガラガラである。新大阪を過ぎた「のぞみ」はますますガラガラに・・・。しかし、「のぞみ」が姫路に停まるようになって、本当に便利になった。

しかし、新幹線に乗っているお客さんはどうも「セレブ」な人が多い。そりゃ、高い金払ってるんやから当たり前だが、おしゃれした、綺麗な人が多い。それに引き換え、あたしの格好は・・・。

新幹線を使えば姫路まで1時間ちょい。早いものだ。3日の夜はうちでおねだりした刺身ととろろご飯で♪

4日の夜は超☆親友と温泉へ行ったり、くるくる寿司へ行ったり、カラオケしたり、ゲームしたり・・・。高校時代からの友人だが、こいつといると本当にいつまでも「学生気分」である。

深夜、電車に間に合わないため姫路で宿泊。翌日(5日)、姫路から出勤となった・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

初ギター2006

0103 やっと休みだ、長かった。昨晩は倒れるように布団にバタン☆電気もテレビも、風呂も歯磨きもせずに爆睡してしまった。なんやかんやで疲れてたんやなぁ・・・と。

今朝は素晴らしいくらいに回復。やっぱり人間睡眠だよね、なーんて思いながらおせち(冷凍)の残をつまむ。とある友人より「黒豆炊いてるよ」ってメールが届き、つい黒豆を買ってしまった。なんか正月気分満点な、3日の朝だ。

さて、やっとデカイ音でギターを弾ける「初ギター」の時間である。年末から部屋干ししていたFG-180と600である。轟音コンビとして手持ちのFGの中でもけっこうやんちゃくれな2機である。お隣がいないことを確認して・・・

「バリバリバリージャキジャクジャキー♪♪バーンバーン、ブーン♪♪」と部屋中に轟音が響く。床まで響くようなまさに「騒音」。特に180はバリバリ、600はヘヴィーゲージでボーン・・・あーうるさい。なぜか「スナフキンの歌」を弾いている自分がおかしいのだが、やっぱり音を出せるのは気持ちがいいものだ。

さて、今年の「PMC-J」であるが、しばし活動を休止してCD制作に取りかかろうと。夏ごろに・・・といってはや2年くらいになるのだが、ショーゴ君頼みのため、なかなか進まないのが現実。今年こそはと練習をしている。月1回くらいスタジオにて練習出来ればいいな、と。

個人的には、飛び込みライブに積極的に顔を出して武者修行しようかと。先日訪れたリペア屋さんとの話で見つけた「昭和」を大切にしていく歌を歌っていきたいな、と。そりゃ今の音楽シーンに合わないかも知れないが、若者には受け入れられんかも知れないが、自分の進むところはそこだと分かったので、なんとか頑張っていきたいと思っている。

そのうち、髪の毛伸ばしてバンダナ巻いて、警察の前で歌っているかも知れない。私は右でも左でも、反社会でも何でもないが、この世情への苛立ちを歌っていくのだろう。コキ使われてヘロヘロになって元旦から働いている我々の前を、えらい部長さんは笑いながら談笑して歩いてゆく・・・。そんな矛盾を歌にして・・・

アァ、やっぱり「反社会」だ。部長には新年の挨拶すら「ウィッス!!」で済ませたから、さらに「嫌われ度」はアップしただろう。異動は近いな。どこにでも飛ばしてくれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

元旦は一日遅れが素敵♪

2004_0101050067_3 2006 新年明けましておめでとうございます。

本年も「ミサイル濱野」ならびに「PMC-J」を、よろしくお願いいたします。

結局・・・元旦も仕事で遅くまで店の上司・先輩と3人で外食。男3人がワイワイと楽しい元旦をおくりました。

明日(2日)から、また普通の日々が始まります。元旦、って言葉が流通業の中からはなくなりつつあるような気がします。

溜まりに溜まったストレスと疲れが、毎日毎朝毎晩襲ってきます。体は正直です。気がめいっていたり疲れていたりすると、不思議とパワーも出ません。

年末商戦始まってからこっち、まともにギターも弾いていなく、イライラは募るばかり。でも、毎日何か一つでも楽しいことがあればそれでよい、と♪

このブログをご覧の皆様、ミサイルこと濱野景一は今年も

      「自由闊達」   「至誠一貫」をスローガンに、楽譜を見ずに演奏出来る

      そこそこミュージシャンへの足がかりを作りたい2006

この意思のまま、頑張って生きたいと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

マニフェスト2006

1231 猛烈に売れた2005大晦日。息つくヒマもなく、商品を出して出して・・・気がついたら深夜12時。男3人で新年を迎えることとなった。

明けましておめでとうございます、皆様。

昨年中はいろいろとご迷惑お世話をおかけしまして申し訳ございませんでした。また今年もぜひ、よろしくごひいきに。

さて・・・

私の2006年のマニフェストは(年度目標)

「楽譜見ずに歌いきる」

に決定しました。楽譜頼みの私・・・でも、やはり楽譜見るわ指先見るわでは非常に効率が悪い。だから、歌を自分のものにしてからライブに立ちたいと思っております。

しばしライブでの姿は見られないとは思いますが、地道に練習していきます。少し落ち着いたらまたライブでお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »