« おでんdeクリスマス☆ | トップページ | 京阪電車は午後6時 »

2005年12月27日 (火)

待てんのかっ!!

niramuhamayan 怒りのミシャハマである。今夜の気分は・・・(26日)。

あれだけタダ働きすんな、と言われていて、バカ正直に働いた時間をキッチリと管理していた私。けど、結局それを実行していたんは自分だけだ、という事実を知った私。アホらしくなってタダ働きしまくってやった。職人肌なもんで、仕方ない。融通の利かないサラリーマンである。もう、労基が入ってクビになろうが顛末書書けと言われようが、知ったこっちゃない。

ま、仕事は好きなだけ出来たので、そこは満足。ゴキゲンな午前様は毎度おなじみ「吉野家」で。しかし・・・

こちらがゴキゲンで食べてるのに、アホ客が持ち帰りの順序が少し前後しただけで「こら、わしが先やろが。もうええ、帰るわい。」といきがって帰ってしまった。子供を連れている父として、非常に恥ずかしい姿を子供に見せていた。というか、よく子供のいる前でそんな姿をさらすもんだ。

たった数分だけやのに。2人できりもりしている吉野家やから、たて続けに3人4人お持ち帰りがあれば、待つのは当たり前やのに・・・。本当に、心が狭い。「待てんのかっ!!」と思う気持ち。たった数分だけやのに・・・。

うちの店でもよくある話。レジが混んでいただけでお客様サービス室に苦情の電話。だいたい、そんな人は超安売りの店の超破格値の商品なら、1時間でも待って買えるのだ。「二度と来おへんわ、こんな待たせる店!!」と叫んで帰るおばちゃんが、しょうゆの超特売の日に、嬉しそうにレジに並んでいる姿を何度も見た。そんなもんだ。勝手なもんだ。

安いのを買うのはいいことだ。でも、自分の都合だけで気分だけで、クレームつけたり訴えたり・・・。吉野家も同じ。「あ、混んでるんやなぁ。店員さん大変やなぁ。お茶飲んで待ってよ。」と思えばいいだけやのに・・・。あの作った豚丼は廃棄への道だろう。

なんとも気分の悪い一日の終わりであった。人の心の狭さ=犯罪の多さなのだろうか?

|

« おでんdeクリスマス☆ | トップページ | 京阪電車は午後6時 »

コメント

店というものに関わると、必ずある話やなー。
けれど周りのお客様も「アホな客や」と思ってる事がほとんど。
そんな客は「周りにバカにされてかわいそう」と哀れみましょう。

僕も普段やったら「何チューこと言うねん!」と怒る側に回る立場やけど
虫の居所が悪いと、自分が心の狭い側に回りそうで怖いですね。
普段から心がけたいものです。

投稿: 番頭 | 2005年12月27日 (火) 10時04分

番頭さん>

いやはや、本当に「心の狭さ」を実感した瞬間でした。自分もいらついていたら、確かにそうなってしまうかも。人間誰しもいかなる環境で平静でいわれるか・・・難しいですね。

投稿: ミサハマ | 2005年12月27日 (火) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/7857298

この記事へのトラックバック一覧です: 待てんのかっ!!:

« おでんdeクリスマス☆ | トップページ | 京阪電車は午後6時 »