« 青春時代よ、再び!! | トップページ | うそっぱちの世の中 »

2005年12月21日 (水)

異常乾燥注意報

1220 ギターがたくさんある部屋で生活するのは、決して楽ではない。一番のネックは「部屋が狭くなる」ことであり、1畳分はギター置き場になっている。

そして、この季節最も大変なのは「乾燥」である。ギターの理想は40~50%の湿度。それは、人間にとっては「口が渇く」レベルの湿度である。肌もかゆくなるし、朝起きたら口がパリパリ・・・。

冬は本当にギターの音がでかい。バンバン鳴ってくれる。日本製のギターは、日本の多湿な気候に合わせて作られている(と思う)ので、冬は特に鳴るのかなぁ。夏場はそりゃ大変。毎日除湿機と冷房をかけて、細心の注意を払わなくては、すぐに弦はさびてしまう。

しかし、この環境作りはインフルエンザにも弱いし、電気代もバカにならない。けど、総計100万を越す財産(?)を守るべく、毎日除湿機「サントス号」には活躍いただいている。毎週、代わる代わるギターを部屋に出し、強制乾燥。今週は復刻版のFG-180。乾いた空気を喜ぶかのように、バリバリとした音を♪

暖房をかけると40%代に突入する我が部屋の湿度。これからの季節、インフルエンザに気をつけないと、ギターどころの話ではなくなっちまう。

|

« 青春時代よ、再び!! | トップページ | うそっぱちの世の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157086/7740883

この記事へのトラックバック一覧です: 異常乾燥注意報:

« 青春時代よ、再び!! | トップページ | うそっぱちの世の中 »